【表題】 流動床バイオリアクタ及び定状態生物膜動力学モデルにおける3,4-ジクロロアニリンの生物分解

【著者名】 Livingston A G
【所属】 未入力
【発行年】 1992(1991)
【雑誌名】 PPM(Biotechnology and Bioergineering)
【巻】 23−4(38)
【頁】 44(260−272)
【要約】 3,4-ジクロロアニリン(34DCA)は、除草剤(ジウロン、リニュロンなど)の合成の中間体として使われるハロゲン化芳香族アミンである。34DCAは工業的には、3,4-ジクロロニトロベンゼンの触媒ハロゲン化で製造されるが、このハロゲン化反応は、水相で行われ、その結果34DCAを含む廃水が排出される。実験室的なバイオリアクタ培養により、産業廃水中の34DCAの生物分解は確かめられた。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る