【表題】 紫外線・光触媒および酸化剤併用による畜舎処理水の脱色試験

【著者名】 生駒エレナ;山尾和也;樋渡 隆;上原俊彦;河野広中
【所属】 鹿児島県畜試;(株)アイ・アクアテック
【発行年】 1998
【雑誌名】 第94回日本畜産学会大会講演要旨
【巻】 未入力
【頁】 260
【要約】 光触媒の造粒体およびその応用製品の装置が開発されたのを期に、紫外線、光触媒および酸化剤併用の試験装置を製作し、家畜排水二次処理水の脱色試験を試みた。酸化チタン造粒品の円筒(660cm)に保護管付の紫外線ランプ(UV8.4W)を内蔵した反応層(3リットル)に畜舎排水二次処理水を一定量連続注水し、オゾン富化空気を送気して撹拌混合した。紫外線と光触媒:色度200〜400度のものが約20時間で30度以下まで脱色した。紫外線、光触媒と過酸化水素:色度200〜400度のものが過酸化水素約200mg/リットル以上で約1時間で30度以下まで脱色した。・OHが生成する量に比例して脱色反応速度が決定され、また光触媒の存在がその・OH量に大きく影響することがわかった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る