【表題】 酸化チタン光触媒を利用した家畜尿処理水の脱色

【著者名】 田原鈴子;白石 誠;小澤清一郎
【所属】 岡山県総合畜産センター;岡山県家畜病性鑑定所
【発行年】 1998
【雑誌名】 第94回日本畜産学会大会講演要旨
【巻】 未入力
【頁】 261
【要約】 汚濁感の強い茶褐色の最終処理水に着目し、酸化チタンを用いた脱色を基礎的レベルで検討した。酸化チタン(粉末)はアナタース型を用い、原水に対して0.05、0.1、0.5、1%量添加し、500rpmで撹拌しながら一般型1灯用、400Wのブラックライト水銀ランプを72時間照射した。酸化チタンの添加量が増加するに従い脱色率も向上し、24時間後には、0.05%添加では76.7%、0.1%量添加では89.4%、0.5%量添加では94.6%、1%量添加では97.6%となり、外観も対照区の蒸留水とほとんど差がなかった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る