【表題】 紫外線・光触媒による脱臭装置の性能

【著者名】 樋渡 隆;武田幸雄;生駒エレナ;上原俊彦;河野広中
【所属】 鹿児島県畜試;岩崎電気(株)
【発行年】 1998
【雑誌名】 第94回日本畜産学会大会講演要旨
【巻】 未入力
【頁】 259
【要約】 乾式による脱臭装置が開発し、その脱臭装置の性能について検討した。アンモニアについては、吸入口濃度が100ppm以上であったものが、排出口においては7ppm以下となった。硫黄化合物については、硫化メチル、二硫化メチルについては排出口の濃度は検出限界値以下に減少し、硫化水素については排出口では検出されなかった。アミン類については、吸入口の濃度が100ppm以上であったが、排出口については20ppm以下となった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る