【表題】 1 中小規模鶏むきの鶏ふん発酵処理方式

【著者名】 小滝正勝;森 峯雄;小林正樹
【所属】 埼玉県養鶏試験場
【発行年】 1984
【雑誌名】 埼玉県養鶏試験場研究報告
【巻】 18
【頁】 1−7
【要約】 中小規模養鶏むきの鶏ふん発酵処理法として、純農村的地域に適する「開放式層状堆積法」と、「脱臭装置付密閉式層状堆積法」を開発した。「開放式層状堆積法」により、水分40%前後、直径3cm以下の粒が全体の75%を占める、取り扱いに支障ない製品を得ることができた。製品生産経費は2.89円/Kgであった。「脱臭装置付密閉式層状堆積法」は、発酵処理施設の構造上、悪臭やハエが発生することはなかった。製品は、水分が30%前後、直径3cm以下の粒が全体の81%を占めた。製品生産経費は51.6円/Kgであった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る