【表題】 促成堆肥の調整に関する試験 ALC−Pによる家畜ふん尿の堆肥化(第]T報)

【著者名】 福光健二
【所属】 群馬県畜産試験場
【発行年】 1984
【雑誌名】 群馬農業研究報告
【巻】 C−1
【頁】 125−130
【要約】 ALCパウダー(以下、Pという)は、建築資材の軽量気泡コンクリートとまったく同じもので、ケイ酸と石灰を原料としてつくられた気泡を含む白色粉粒体で、絶乾比重がおよそ0.5ときわめて軽く、ふん尿と混合後の圧密化の心配がない。また、アンモニアの吸着能力がすぐれ、大規模に堆肥化処理する場合など、臭気による環境悪化を軽減することができる。吸水性も、自重の約2倍で、しかも吸水後の硬化はまったくみられず、混合均一がはやい。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る