【表題】 西印旛沼における浮葉植物、オニビシ群落内外の水質の比較

【著者名】 立本英機;栗原真理;小泉利明;相川正美;生嶋 功
【所属】 千葉大学工学部;千葉大学薬学部;千葉大学理学部;木更津工業高等専門学校
【発行年】 1995
【雑誌名】 水環境学会誌
【巻】 18−10
【頁】 803−807
【要約】 浮葉植物、オニビシ群落内外の水質の季節的変動を明らかにするために、西印旛沼において1990年4月から1993年4月まで、DOCおよび総チッ素を調査した。調査期間中、群落内DOCは年間を通じて変動せず、おおよそ8mg・L-1程度であった。群落内DOCは調査期間中、6〜10月に他の月より高く9.5mg・L-1前後の濃度を示した。また群落外DOCは11〜5月の間にもわずかではあるが、群落内DOCより高い濃度を示した。総チッ素は群落内外ともに変動は小さいが、10〜1月をピークとする同様な変動を示した。ピーク時の濃度は群落内の方が高く3.2mg・L-1前後であったが、他の月は群落外の方がやや高く、2.5mg・L-1程度であった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る