【表題】 全国湖沼データの解析による藍藻類の優占化と環境因子との関係

【著者名】 藤本尚志;福島武彦;稲森悠平;須藤隆一
【所属】 東北大学工学部;国立環境研究所
【発行年】 1995
【雑誌名】 水環境学会誌
【巻】 18−11
【頁】 901−908
【要約】 藍藻類の優占化と環境因子との関係について全国211湖沼のデータをもとに検討を行った。藍藻類は緑藻類や珪藻類が優先する窒素、リン濃度よりも高い濃度で優占することが明らかとなった。また、藍藻類は富栄養化した湖沼を対象として解析した場合、N/P比が高まるにつれ優占率が高まる傾向がみられた。藍藻類は水温が高まるにつれ優占率が高まった。また、深度が深くなるにつれてその優占率は低下する傾向であった。藍藻類は混合度が高い条件、つまり夏に成層しない条件で優占率が高まることがわかった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る