【表題】 大型水生植物が代謝した生理活性物質を用いた植物プランクトンの増殖抑制

【著者名】 中井智司;井上裕之;細見正明;岡田光正;村上昭彦
【所属】 東京農工大学工学部;広島大学工学部
【発行年】 1995
【雑誌名】 水環境学会誌
【巻】 18−12
【頁】 1012−1019
【要約】 大型水生植物が代謝した生理活性物質を用いた植物プランクトンの増殖抑制方法の基礎的検討として、大型水生植物からの生理活性物質の分離を試みた。さらに、増殖抑制を起こす生理活性物質の分子量および生分解性も検討した。大型水生植物はオオカナダモ、ハゴロモモ、ホザキノフサモを用い、植物プランクトンは緑藻類、藍藻類を使用した。大型水生植物の抽出物を極性および分子量に基づいて分画した結果、各大型水生植物の分子量1,000以下である最も極性の高いフラクションが植物プランクトンに対する増殖抑制効果を示した。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る