【表題】 メタンガス発生装置の構造

【著者名】 司馬 顕
【所属】 未入力
【発行年】 1999
【雑誌名】 養豚の友
【巻】 361
【頁】 59−63
【要約】 プロパンガスを使う一般標準家庭(大人2人、子供2〜3人)における、1カ月のガス消費量は、だいたい30〜40立方と推定できる。そこで、これだけのガスを発生させるにはどれぐらいの装置をつくる必要があるかである。これは、縦、横、深さそれぞれ2mの発生槽をつくれば十分間に合う。鶏糞を利用してテストしてみたところによれば、だいたい350ないし400羽分の鶏糞を適宜投入すれば事足りるということが分かった。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る