【表題】 完全混合飼料給与におけるホルスタイン種泌乳牛の乾物摂取量と養分要求量に関する研究

【著者名】 早坂貴代史
【所属】 北海道農業試験場(現草地試験場)
【発行年】 1997
【雑誌名】 北海道農業試験場研究報告
【巻】 165
【頁】 1−68
【要約】 高泌乳牛に対応した飼料N摂取量の利用・損失や産乳当たりのCP要求量などについて検討するために、日乳量15〜52Kgの泌乳牛19頭を用い53例のN出納試験(7日間)を行った結果、泌乳期を通しての1日平均摂取N量は488gであり、53例中52例が正のバランスを示した。摂取N量に対する糞尿への損失N率は55%、同じく乳・体蓄積への利用N率は45%であった。可消化N量から可消化維持N量を引いた値に対する乳N量の平均利用効率は65%、摂取N量から維持N量を引いた値に対しては41%であった。摂取N量/Kg0.75の増加に伴い、摂取N量当たりの糞N率は低下傾向、同尿N率は増加傾向、同糞尿総N率は低下傾向、体畜積率N率は増加傾向、乳・体蓄積総N率は増加傾向を示した。摂取N量当たりの乳N率が最大となる摂取N量は3.64g/Kg0.75、飼料CP含量は14.5%と推定した。乳N量の増加に伴う乳N量当たりの糞N、尿N、糞尿総Nの各排泄量の場合は低下する傾向を示した。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る