【表題】 家畜ふん堆肥の簡易腐熟度判定

【著者名】 山下滋貴;上田修二;田口清実;井上尊尋
【所属】 福岡県農業総合試験場
【発行年】 1987
【雑誌名】 福岡県農業総合試験場研究報告
【巻】 C−6
【頁】 45−50
【要約】 家畜ふん堆肥の腐熟度を、現場で簡易に判定するために、堆肥のろ過透視度による腐熟度判定と、各種腐熟指標との関係を検討した。供試材料は、処理期間の明確な肉牛及び豚ふん堆肥16点と、各種発酵処理施設から採取した堆肥68点を用いた。ろ過液透視度による腐熟度判定は、堆肥10gを水1ιに溶解、撹拌し、ジフェニールアミン反応、発芽指数、V.F.A等を調査した。その結果、堆肥のろ過液透視度は、処理期間が明確な堆肥では、V.F.A、処理期間との相関が高かったが、発芽指数では低かった。また、乳牛、肉牛、豚ふん堆肥では、透視度が10cm以上あれば、ジフェニールアミン反応は殆ど陽性となり、発芽指数も30以上であり、臭気も堆肥臭となり、堆肥のろ過液浸透度による腐熟度判定は、簡易な方法として活用できる。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る