【表題】 麦類のアミノ酸有効率−リジンを中心に

【著者名】 鎌田八郎;山崎昌良;土黒定信
【所属】 農林水産省畜産試験場
【発行年】 1987
【雑誌名】 日本家禽産学会試
【巻】 23−3
【頁】 140−145
【要約】 6種類の麦類およびフスマのリジン有効率を生物的測定法(真の代謝エネルギー測定法を応用した方法)と化学的測定法(フルオロジニトロベンゼンを用いる方法)により測定するとともに、リジン以外のアミノ酸についてもその有効性を明らかにした。両者の関係を明らかにするため、強制給餌後の飼料に由来する排泄物のリジンのDNP化によりその化学形態を検討した。非有効性リジンは消化により排泄物中に濃縮されるが一部は吸収されること、また排泄物中のリジンの大部分は化学的測定法では有効性リジンとみなされるものであることが示された。これらの結果から麦類のリジンの有効率の測定には化学的測定法は適当ではないことが示唆された。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る