【表題】 ポックリ病が発生していた農場の子牛群における寄生虫調査

【著者名】 井手口秀夫;松田道幸;平 詔亨;西立野 誉;西 慎二郎
【所属】 宮城県都城家畜保健衛生所;農林水産省家畜衛生試験場;宮崎県西諸県農業共済組合家畜診療所
【発行年】 1992
【雑誌名】 日獣会誌
【巻】 45
【頁】 747−751
【要約】 宮崎県下において原因不明の突然死(ポックリ病)が発生したY農場において、1986年6〜11月まで2週間隔で寄生虫の調査を行った。調査牛は同年3〜6月に導入された新生子牛で導入時期が異なる4群計20頭であった。乳頭糞線虫(SPL)卵は20/20例(感染率100%)から検出された。この虫卵は群単位で飼育開始後2週より検出され、その後約4〜6週にEPG値のピークを認めた。全体としてみるとSPLの濃厚感染時期は例年の当農場におけるポックリ病の発生時期とほぼ一致したことから、乳頭糞線虫濃厚感染と牛の死亡との関連が示唆された。今回、ポックリ病発生農場における経時的な寄生虫学的調査結果により、オガクズ牛舎における乳用雄子牛飼育群の寄生虫の感染状況を初めて明らかにした。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る