【表題】 家畜ふん尿の機械処理利用技術の開発改良に関する研究 W.家畜ふんの物理的性状

【著者名】 荒井澄男;玉城 敬;今泉七郎
【所属】 草地試験場施設機械部;沖縄県畜産試験場
【発行年】 1981
【雑誌名】 草地試験場研究報告
【巻】 19
【頁】 66−75
【要約】 家畜ふん尿の機械処理利用上の基礎資料を得るため、乳牛ふん・豚ふん・鶏ふんを用い、粘性・組成・真比重・コンシステンシー及び単位容積重量を測定した。組成:乳牛ふん・豚ふんは粒子が比較的小さい状態で分布している。乳牛ふんでは繊維状粒子が混在している。真比重:乳牛ふん・豚ふん・鶏ふんの真比重は、約1.4-1.6であった。コンシステンシー:液性限界からみると、豚ふんは乳牛ふんよりも流動化しての取り扱いに有利であると推定される。塑性限界からみると、豚ふんは乳牛ふんよりも固状化しての取り扱いに有利である。塑性指数からみると、豚ふんは乳牛ふんよりも固状化しての取り扱いに有利である。塑性指数からみると、乳牛ふん・豚ふん・鶏ふんのすべてが、固状化または液状化しての取り扱いが困難なものといえる。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る