【表題】 放牧草地の生態系におけるフン虫の機能とその利用

【著者名】 早川博文;山下伸夫
【所属】 東北農業試験場
【発行年】 1989
【雑誌名】 畜産の研究
【巻】 43
【頁】 706−712
【要約】 放牧草地の生態系におけるフン虫の利用価値については、オーストラリアのBornemissza(1960)によって最初に提唱された。フン虫による上述したような排泄糞の物理的処理によって、糞を発生源とするハエ類の発生抑圧、不食過繁地の形成防止、土壌の肥沃化と土壌物理性の改善、糞と一緒に排泄される家畜内部寄生虫類の防除などの効果が期待される。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る