【表題】 ばっ気式ラグーンによる家畜ふん尿処理に関する研究

【著者名】 柿市徳英;鎌田信一;内田和夫;今井壮一;柿市徳英;鎌田信一;小林 茂;内田和夫
【所属】 日本獣医畜産大学
【発行年】 1981
【雑誌名】 日本獣医畜産大学研究報告
【巻】 30
【頁】 130−135
【要約】 ばっ気式ラグーン法による豚ぷんの家処理実験を行い、その生物相(原生動物と後生動物)について調査した。実験条件は5日間滞留、水温20±1℃の回分式とし、負荷を0.1〜0.2(Kg/m3・日)で運転し、約6ケ月の成績を検討した。ばっ気式グーンにおける優占生物は、輪虫を主体に、自由遊泳型繊毛虫および有殻アメーバであろうと思われる。
【要約者】 林 孝

[ 2002/01/28 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る