【表題】 ゼオライト下水汚泥コンポストの農業利用に関する研究(第1報)−コンポストの特徴と窒素の無機化−

【著者名】 田村明長;山根忠昭
【所属】 島根県農業試験場;セントラル硝子
【発行年】 1990
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 36
【頁】 180(4)
【要約】 下水汚泥脱水ケーキに水分調整剤として、天然ゼオライトを添加して製造したコンポスト(ゼオライト下水汚泥コンポスト)の農業利用を図るため、製品の特徴と窒素の無機化特性について検討した。全窒素含量は乾物当たり5〜6%(現物で4%)で、脱水ケーキとほぼ同程度であり、コンポスト化による含量の低下はほとんどなかった。コンポスト中の有機態窒素の無機化率(25℃)は、15日後6%、60日後8%、50日後11%、160日後15%であった。対象とした尿汚泥は、それぞれ17%、23%、23%、27%であり、コンポストはし尿汚泥の1/2〜1/3の無機化率であった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る