【表題】 下水汚泥堆肥の畑地還元に関する研究 露地野菜に対する施用効果

【著者名】 伊藤秀文;江口 洋
【所属】 農林水産省中国農業試験場;鹿児島農業試験場
【発行年】 1990
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 36
【頁】 181(5)
【要約】 鹿児島県の温暖多雨の気象と同県内に広く分布する腐植質火山灰土壌の条件で下水汚泥堆肥(以下汚泥)の露地野菜等に対する施用効果と土壌への影響を検討した。鹿児島市産の汚泥は窒素が約25%で有機質肥料的肥効を示すが、カリウムはほとんど含んでいない。また、カルシウムは約20%で石灰資材としての性質がある。一方、重金属は亜鉛が約50ppm、銅100ppm程度でかなり高い。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る