【表題】 火山灰牧草地における人工降雨スラリー成分の流出試験

【著者名】 小林信也;斉藤万之助;宍戸信貞;高宮信章
【所属】 北海道開発局開発土木研究所
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 132(8−38)
【要約】 スラリーの散布された火山灰牧草地において、牧草繁茂時と刈り取り後に、人工降雨によってスラリー成分の流出特性を検討した。土壌調査の結果、3年間のスラリー散布では土壌の肥沃化は認められないが、ごく表層に限られた。スラリー散布直後の9月の試験では牧草が刈り取り後で十分生育してないこととあいまって、同一傾斜の無散布地に比べ散布地では16〜66倍と極めて多量の流出量であった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る