【表題】 つくば市とその周辺における地下水の水質 −地下水位の変動との関係−

【著者名】 山口武則;岡本玲子;藤井國博
【所属】 農林水産省農業環境研究所
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 297(80)
【要約】 本報告ではつくば市小野川(深さ1.4m)、同市八幡台(深さ4.0m)、伊奈町小張(深さ5.2m)の井戸について、地下水位の変動と水質変動の関係を調査した。調査値の年間降水量は、1987年:1107mm、1988年:1390mm、1989年:1556mmと年々増加した。地下水位はほぼ降水量とパラレルに変動した。また、極く浅井戸の小野川では、この関係が明瞭であった。各井戸の成分濃度は、小野川:Ca>Mg≠Na>K>NO3-N>NH4-N、小張:Na>Ca>NO3-N>K>Mg>NH4-N、八幡台:Na>Mg>Ca>K>NO3-N>NH4-Nの順位を示したが、3者ともにNH4-N濃度は極く低い値を示した。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る