【表題】 つくば市とその周辺における地下水の水質 −形態別窒素とリンの調査結果−

【著者名】 岡本玲子;山口武則;藤井國博
【所属】 農林水産省農業環境研究所
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 298(81)
【要約】 つくば市とその周辺において、主として台地上に存在する使用頻度の高い浅井戸及び深い土の水質調査を実施した。これらの井戸の形態別窒素度及び全りん濃度の調査結果(1987年〜1989年)について報告する。無機態窒素の形態は、井戸の深さによって異なり、井戸の深さが20m以内の場合、主な形態はNO3-Nであり、20mを越えるとNH4-Nが主体であることが明らかになった。調査した地域では、NO3-Nは基準値以下であった。NH4-Nについては、20m以上で若干高い値を示したが、これらが農業活動に由来するのかどうかについて更に検討する必要がある。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る