【表題】 各種汚泥の元素組成(その3)−化学工場、食品工場、し尿処理場、下水処理場汚泥のレアメタル類組成の比較

【著者名】 川崎 晃;羽賀清典;新井重光
【所属】 農林水産省農業環境技術研究所
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 173(11−6)
【要約】 演者らは、Be、V、Ga、Sb、La、Biの6元素を中心に、誘導結合プラズマ、質量分析計(ICP-MS)による汚泥や堆肥中のレアメタルの定量法について検討してきた。下水汚泥はBi、Sbを比較的多く含み、Be、Laも他の汚泥よりも平均で2倍以上含む傾向が認められた。観音台表土と比べてBiは約7〜30倍、Sbは1〜4倍、他は平均で7〜40%であった。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る