【表題】 浄水場発生土の有効利用に関する研究(第2報)浄水処理ケーキの利用によるトマト青枯病の発生防止とリン酸溶脱の軽減

【著者名】 吉田重方;松浦大介;鬼頭 誠
【所属】 名古屋大学農場
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 170(P10−30)
【要約】 浄水処理ケーキの農業利用については客土材料、水稲や野菜の育苗培土などが検討されてきたが、リン酸吸収係数が高いことが欠点の1つとされてきた。それらの特徴を活かし、本研究では浄水ケーキがトマト青枯病の発生防止資材として。また耕地や緑地からの溶脱リン酸の捕捉資材として利用できるか否かを検討した。ペントグラスの生育は園芸用川砂区に比べて汚砂区おいて著しく良好であり、汚砂が芝地の床土として有効と考えられた。さらに、下層に浄水ケーキを敷きつめた場合、排水中の溶脱リン酸の含量が顕著に低下した。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る