【表題】 鉱質畑土壌に及ぼす影響からみた各種有機物資材の特性(第T報)有機物資材の特性をあらわす項目と区分の検討

【著者名】 橋本和司;河合伸二
【所属】 愛知県農業試験場
【発行年】 1982
【雑誌名】 愛知県農業試験場研究報告
【巻】 14
【頁】 461−469
【要約】 施用有機物資材の特性を明らかにするのに必要な分析項目と、その区分基準について検討するため、72種類の有機物を供試して、無機成分組成、pH、EC及び水溶性成分を分析測定した。無機成分のうち、Kを除いた各成分相互間にはかなりの相関が認められた。分解特性を判定するのに、従来から用いられているC/Nとともに初期の分解と相関が高い水溶性C含量をとりあげ、1g中20mg以下、20〜50mg、50mg以上の3段階に区分するのが適当だと考えられた。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る