【表題】 麦わら施用が水稲の生育と土壌中の化学変化におよぼす影響(2)有機物施用歴が、麦わら施用にともなう有機酸の生成・分解におよぼす影響

【著者名】 長野間 宏;諸遊英行
【所属】 農林水産省農業研究センター
【発行年】 1985
【雑誌名】 農業研究センター研究報告
【巻】
【頁】 39−53
【要約】 有機物施用および施肥来歴の異なる土壌を供試してインキュベーション実験を行い、麦わら施用時の有機酸の生成および分解の違いについて検討した。検討にあたり、土壌中の揮発性有機酸およびガス発生パターンの簡易測定方法を考案した。有機質肥料連用土壌、無機質肥料連用土壌、無肥料土壌に麦わら粉末を添加し、水稲の稚苗を移植した結果、いずれの土壌でも無添加区に比べて生育が抑制された。麦わら粉末を添加した区の稚苗の生育は、有機質肥料連用土壌が少し優った。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る