【表題】 水田の水管理がメタン発生に及ぼす影響

【著者名】 八木一行;陽 捷行
【所属】 農林水産省農業環境技術研究所
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 179(11−18)
【要約】 水田の水管理がメタン発生にどのような影響を与えるかを明らかにし、対策のための基礎資料を得ようとした。ライシメータ水田からのメタン発生量は浸透速度によって大きく異なることが明らかになった。積算して求めた1989年の栽培期間を通したメタンの総発生量は、常時湛水田、湿田及び乾田でそれぞれ9.25、4.79および0.34mg/m2であった。処理区間におけるメタン発生量の違いは、土壌の酸化還元電位(Eh)の低下の傾向と密接に関係していた。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る