【表題】 堆肥連用圃場における土壌消毒が各種土壌の孔隙特性に及ぼす影響

【著者名】 荒尾知人;井上隆弘;堀 兼明;剣持謙二;松口龍彦
【所属】 農林水産省農業研究センター;農林水産省九州農業試験場
【発行年】 1991
【雑誌名】 日本土壌肥料学会講演要旨集
【巻】 37
【頁】 283(51)
【要約】 堆肥連用ホウレンソウ連作圃場(年2作、5作跡地)においてクロルピクリンによる土壌消毒が各種土壌の孔隙特性に及ぼす影響を調べた。土壌消毒が全孔隙におよぼす影響は土壌によって異なった。火山灰土壌では、腐植含量が高いHAでは消毒により全孔隙が減少するが、腐植含量の低いLAでは変化が見られなかった。ホウレンソウの初期生育量はいずれの土壌でも無消毒区>CP→堆区→>堆→CP区であった。これは赤色土を除き、粗孔隙と易有効水孔隙の順と対応していた。
【要約者】 林 孝

[ 00/10/01 掲載 ]


[ 新規掲載リスト ] のページ に戻る