畜産環境に関する最近の研究論文


    6601. 管状イオン交換膜を用いた豚舎排水の高度処理
    6602. 家畜尿汚水の高次処理に適応でごる植物浄化システム
    6603. 結晶化反応を用いた豚舎汚水中のリンの除去技術
    6604. WEB上で利用できる畜産環境研究技術情報データベース
    6605. 土着菌を利用した高床式醗酵床豚舎
    6606. 食品残渣のリサイクル飼料に向けた技術開発
    6607. 悪臭は手軽に元から絶ちましょう〜新規分野の環境対策資材〜−自然堂(株)・JAあさひな堆肥センター
    6608. 精密栄養管理による家畜からの環境負荷物質の低減(牛)
    6609. 畜産環境管理の新しい視点−畜舎環境・排せつ物管理と一般環境への病原体の伝播−
    6610. 畜舎環境と疾病の予防
    6611. 「飼養環境」ではなく「子豚にとっての生活環境」を考える
    6612. 畜産環境問題の現状と対策
    6613. 豚舎排水処理の現状と対策
    6614. 臭気対策の現状と課題
    6615. 日本における豚ふん堆肥の製造・利用の実態
    6616. EU、特にスウェ−デン、デンマ−クおよびオランダにおける畜産環境問題の現状
    6617. 悪臭の防止対策
    6618. 汚水処理と堆肥化対策
    6619. 豚ふん尿汚水の簡易浄化装置開発に関する研究T.フローティング・エアレータによる回分式簡易浄化装置(曝気槽の実容積10立方)開発の予備試験
    6620. 豚ふん尿汚水の簡易浄化装置開発に関する研究U.フローティング・エアレータによる回分式簡易浄化装置(35立方)開発
    6621. デミリンによるハエ発生防除試験
    6622. 豚糞尿の液状醗酵処理に関する研究
    6623. 野菜類における有機農産物認証の有無とそれらの品質およびδ15N値との関係
    6624. 香川県における養豚のふん尿処理の現状について
    6625. オゾンランプを使用した脱臭技術について
    6626. 養豚のふん尿処理利用技術について
    6627. 飼育技術からの畜産環境対策
    6628. 畜産と環境−世界の動向
    6629. 糞尿処理技術の進歩と近未来
    6630. 豚糞の堆肥化発酵処理と利用
    6631. 豚および肉牛堆肥の地域利用(東藻琴村農協種豚増殖センターの事例)
    6632. 豚舎粉塵の理化学的性状について
    6633. 豚舎構造と糞尿分離について
    6634. 豚舎汚水の処理について
    6635. 鹿児島県における養豚の糞尿処理について
    6636. 設備機器と(養豚)糞尿処理物の利用について
    6637. 豚のふん尿処理に関する研究V.豚ふんの堆肥化試験:基本的条件の検討
    6638. 豚のふん尿処理に関する研究W.豚ふんの堆肥化試験:堆肥の醗酵条件と理化学成分の変化
    6639. 豚尿汚水の液肥化試験
    6640. 簡易臭気測定器の検討について
    6641. 豚のふん尿処理に関する研究T.豚のふん尿量と豚舎内におけるふん尿分離
    6642. 豚のふん尿処理に関する研究U.豚舎外におけるふんの乾燥
    6643. 豚舎汚水の微細粒子を分離した効率的浄化処理システム
    6644. 豚のふん尿処理に関する研究:X豚ふんの堆肥化試験−とくに堆肥の熟度について
    6645. 簡易ふん尿堆積場の造成法
    6646. 堅密土壌に対する軽石流堆積物・バーク堆肥を充填資材に用いたプラウ式有材心土改良耕の効果
    6647. 欧米ならびにわが国におけるサルモネラ対策
    6648. 堆肥の流通促進のための調製技術とその利用
    6649. 貝殻活用による畜産系排水処理技術の開発
    6650. 活性汚泥処理における余剰汚泥減量化の生物学的原理とその応用
    6651. 好熱性細菌を利用した汚泥減量化プロセス
    6652. ミル破砕技術による余剰汚泥減容化プロセス
    6653. 水熱・生物法によるエネルギー・資源生産型有機性廃棄物処理システム
    6654. 超音波照射による低エネルギー型余剰汚泥削減化システム
    6655. 超臨界水酸化法による下水汚泥の処理
    6656. 生ごみ・汚泥等の高効率メタン発酵処理システム
    6657. 家畜ふん尿を主体とした複合廃棄物資源回収技術
    6658. 汚泥消化ガスを用いた燃料電池発電システム
    6659. Comparing intensive, extensified and organic grassland farming in southern Germany by process life cycle assessment
    6660. Ammonia volatilization during aerobic and anaerobic manure decomposition
    6661. Ruminant nutrition from an environmental perspective: factors affecting whole-farm nutrient balance
    6662. Microbial characterization during composting of municipal solid waste
    6663. Microbial succession during a composting process as evaluated by denaturing gradient gel electrophoresis analysis
    6664. Concentration and crystallization of phosphate, ammonium and minerals in the effluents of bio-gas digesters in the Mekong Delta, Vietnam
    6665. Life cycle assessment of wastewater systems: influence of system boundaries and scale on calculated environmental loads
    6666. 好気性ろ床を用いた循環式硝化脱窒法とその問題点の改善
    6667. 大孔径膜による浄水処理
    6668. 硫黄酸化細菌を応用した回転円板法による硫化物含有廃水の処理(第1報)
    6669. 高温嫌気性廃水処理汚泥から分離したブロピオン酸酸化共生細菌の生理学的特徴とクラニュール汚泥内空間分布
    6670. 糖導入型ポリアリルアミンのホウ素吸着特性
    6671. ハイドロタルサイト様化合物による染色排水中有機物の吸着および吸着性に及ぼす共存物質の影響
    6672. 茶園小流域からの窒素,リン,CODの排出負荷量の推定
    6673. トリクロロエチレンを吸着した粒状活性炭の酢酸水溶液を用いた再生
    6674. 環境教育としての学校ビオトープ
    6675. 企業内ビオトープの普及とその問題点
    6676. 市民によるビオトープ池づくり
    6677. 陰電荷膜を用いた酸洗浄・アルカリ誘出によるウイルス濃縮法の開発
    6678. カゼインと数種類の界面活性剤を用いた場合における凝集・泡沫分離法の処理性比較
    6679. 単細胞緑藻ドナリエラの鞭毛再生による沿岸域海水のバイオアッセイの可能性
    6680. ピコプランクトンの琵琶湖・淀川水系における出現状況と浄水処理プロセスで濁度に与える影響
    6681. ピコプランクトンによる浄水処理障害とその対策
    6682. 酵素基質培地を用いた大腸菌・大腸菌群の検出一第2報:井戸水のふん便汚染の検討一
    6683. 糸状性細菌(Type021N)増殖汚泥のグラニュール化
    6684. 浸透槽汚泥の性状および収集・処理の実態
    6685. 外熱式ロータリーキルン型炭化炉による有機性汚泥の炭化処理
    6686. 気候変動による皮膚がん増加の可能性
    6687. 日本の環境測定・分析はこれでよいのか?−環境測定・分析の現状、そして今後を探る−
    6688. 環境測定・分析ビジネスの最近の動向と今後の行方
    6689. 水生植物による内分泌撹乱化学物質のファイトレメデーション
    6690. しょうゆ粕の再資源化に関する研究−コンポスト化利用について−
    6691. 環境関連条約をめぐる国際交渉の実情
    6692. 建設汚泥を用いた水質浄化用高性能吸着材の合成技術と浄化能力
    6693. 土壌汚染対策法の概要
    6694. 食品ごみからポリ乳酸をつくる
    6695. 「サスティナビリティ」を基盤としたポリ乳酸事業
    6696. 生分解性素材として天然素材と共存するシナリオ
    6697. シンプルな5つの環境効率指標を設定し、2001年度分を初めて公表
    6698. NEC「環境経営指標」導入で環境負荷と付加価値の関係を明確に
    6699. 松下電器産業:グループ会社の全製品を対象にエネルギー・資源利用指標を導入
    6700. 富士ゼロックス:「環境効率」指標でグループ全社の数値目標を設定


トップページ に戻る