畜産環境に関する最近の研究論文


    7801. 防水シートを用いた家畜ふんの簡易堆肥化方法(第2報)
    7802. 飼料イネ栽培における家畜尿液肥の利用
    7803. 環境に配慮した飼料作物栽培技術の開発:牛糞堆肥、尿素、鶏糞堆肥の施肥量の検討(U)
    7804. 堆肥化に伴う生ゴミ利用堆肥中の成分の変化
    7805. 家畜ふんの成型及び炭化技術試験(第2報)
    7806. フリーストール牛舎・ミルキングパーラーから排出される尿及び汚水処理に関する試験
    7807. フリーストール牛舎における戻し堆肥の
    7808. フリーストール牛舎・ミルキングパーラから排出される尿及び汚水処理に関する試験
    7809. 家畜ふんの成型及び炭化技術試験(第T報)
    7810. 未利用資源利用による良質堆肥化技術の開発試験(第2報)
    7811. 未利用資源利用による良質堆肥化技術の開発試験(第2報)
    7812. 活性汚泥処理水の高能力蒸散に関する研究
    7813. フリーストール牛舎の戻し堆肥応用試験(第1報)
    7814. 深型攪拌式堆肥発酵施設による乳牛ふんの堆肥化処理
    7815. 環境に配慮した飼料作物栽培技術の開発(化成肥料の施肥量が生育、収量に及ぼすえいきょうの検討(T)
    7816. 環境に配慮した飼料作物栽培技術の開発(堆肥散布量の検討V)
    7817. 牛ふん堆肥の成分調整およびエクストルーダによる成型化
    7818. 県内茶園における埋設型ECセンサーを利用した効率的施肥管理技術 第2報 埋設型ECセンサーを利用した窒素施用量及び窒素溶脱量の低減
    7819. エクストルーダによる家畜ふん堆肥の成型適性および成型能力
    7820. チャレンジ!ふん尿処理!家畜排せつ物の取り組み
    7821. 豚ぷんへの土着菌添加が堆肥に与える影響について
    7822. 酪農における低コスト臭気低減農家実証試験
    7823. 肉牛ふんの初期発酵促進技術の確立(第1報)
    7824. 堆肥リサイクル農家の現地調査
    7825. スラリーの水中ポンプによる粘性変化について
    7826. 15Nトレーサー法による家畜ふん堆肥由来窒素の動態解析
    7827. 飼料畑における豚ぷん尿の施用限界量
    7828. 家畜ふん堆肥の連用と気象変動が原料用甘しょの収量に及ぼす影響
    7829. 嫌気貯蔵日数の異なる豚ぷんの切り返し時消石灰添加堆肥化試験
    7830. 未利用有機物資源の堆肥利用技術(第1報)、未利用有機物資源の組み合わせによる堆肥化に関する研究
    7831. 未利用有機物資源の堆肥利用技術(第2報)堆肥の軽量化
    7832. 鶏ふん堆肥のアンモニア臭軽減に関する試験
    7833. 畜舎由来着色処理水の脱色試験
    7834. 悪臭物質の分解除去への光触媒の適用に関する研究(U)(ビニールハウス式堆肥舎の光触媒利用による消臭試験)
    7835. 脱臭槽に用いる脱臭資材の脱臭効果比較試験
    7836. 副資材としての生キノコ廃床の特性と乳牛ふんとの混合堆肥化
    7837. 堆きゅう肥品質迅速判定技術確立試験
    7838. 家畜ふん尿処理における新素材利用技術の開発(5)
    7839. 堆きゅう肥品質迅速判定技術確立試験一牛ふん堆肥の非窒素肥料成分と陽イオン交換容量(CEC)の迅速分析技術開発一
    7840. リサイクル堆肥の化学分析による品質評価
    7841. 環境保全型良質堆きゅう肥の低コストリサイクルシステムの開発(第1報)堆きゅう肥生産過程における成分および衛生検査成績
    7842. 堆きゅう肥品質迅速判定技術確立試験一豚ぷん堆肥・鶏ふん堆肥・混合ふん堆肥の迅速分析技術開発一
    7843. 堆きゅう肥品質迅速判定技術確立試験ー牛ふんたい肥・混合ふんたい肥の迅速分析技術開発ー
    7844. 堆きゅう肥品質迅速判定技術確立試験一4年間試験のまとめ一
    7845. 環境保全型良質たい肥の低コストリサイクルシステムの開発
    7846. 乳牛スラリーを原料としたバイオガスプラント消化液の成分調査
    7847. 環境と調和した飼料作物施肥技術の開発ー家畜ふんたい肥による化学肥料代替え試験ー
    7848. 茶給与が肉豚のと体形質及び糞便臭気に及ぼす影響(第2報)
    7849. 成分調整を行った高付加価値堆肥生産試験
    7850. 敷料量を異にするブロイラーふん発酵処理試験
    7851. 戻し堆肥による乳牛ふん堆肥の発酵促進
    7852. 有機成分変化から判断したロ一夕リーキルンの発酵促進効果
    7853. 密閉縦型発酵装置の性能調査試験
    7854. 回分式活性汚泥汚水処理施設の性能調査試験
    7855. ブロワー通気による堆積牛ふんの負荷抵抗試験(農家で利用できる簡易静圧測定器の開発)
    7856. NIRSによる鶏ふん堆肥の成分分析法開発試験
    7857. ブロワー通気による堆積牛ふんの負荷抵抗試験(水分含量と静圧値の比較)
    7858. ブロイラー鶏ふんへの微生物資材(K3菌)利用による脱臭効果及び堆肥化への効果
    7859. ステビア絞り粕利用によるブロイラー敷料の堆積発酵試験
    7860. ハウス乾燥施設での送風による乾燥促進効果
    7861. ペレット化による堆肥の高付加価値化試験
    7862. バイオマスの利活用をいかに評価するか
    7863. 粉末茶給与が肉豚のと体形質及び糞便に及ぼす影響(第1報)
    7864. 家畜糞尿の有効利用及び高度処理に関する研究(2)畜舎排水の脱色に関する研究
    7865. 5.簡易ふん尿処理技術の確立
    7866. 6.環境保全型尿処理技術の確立
    7867. 6.環境保全型尿処理技術の確立
    7868. 5.簡易ふん尿処理技術の確立
    7869. 4.簡易ふん尿処理技術の確立
    7870. 5.簡易ふん尿処理技術の確立
    7871. 6.回分式活性汚泥法による低コスト尿処理と高次汚水処理技術の確立
    7872. 3.簡易ふん尿処理技術の確立
    7873. 5.回分式活性汚泥法による低コスト尿処理と高次汚水処理技術の確立
    7874. 2.回分式活性汚泥法による低コスト尿処理と高次汚水処理技術の確立
    7875. 5.ハウス乾燥施設と自力施工低コスト施設の組み合わせによる良質堆肥周年生産の実証1)L型コンクリート擁壁を利用した低コスト堆肥舎の自力施工
    7876. 3)強制通気による堆肥化促進と品質の検討
    7877. 2)低コスト堆肥舎を利用した堆肥生産の実証
    7878. カスケード型水路による汚水処理(2)カスケード型水路の汚水処理能力
    7879. 電解を利用した活性汚泥処理水の脱色とリンの同時除去(第1報)
    7880. 光触媒を利用した畜産汚水の脱色(第1報)
    7881. 植物接触水路による畜産汚水の3次処理
    7882. 土着菌を活用したバイオレメディエーションによる豚舎内臭気軽減対策
    7883. 豚ふん中の銅・亜鉛の低減と良質堆肥の生産・利用技術(3)成分調整堆肥を利用した地域特産物生産の実証展示(第2報)
    7884. 植物接触水路による3次処理
    7885. カスケード型水路による汚水処理(1)カスケード型水路の曝気能力の検討
    7886. 豚ふん中の銅・亜鉛の低減と良質堆肥の生産・利用技術(1)ビタミンE添加による豚ふん中の銅と亜鉛の低減(第2報)
    7887. 酵素・アミノ酸利用による豚ふん中の環境負荷物質の低減一酵素・アミノ酸の添加を組合わせた飼料の給与による排泄ふん量、ふん中のリン・銅・亜鉛及び窒素量の総合的低減技術の検討(第2報)一
    7888.
    7889. 豚ふん中の銅・亜鉛の低減と良質堆肥の生産・利用技術(3)成分調整堆肥を利用した地域特産物生産の実証展示(第1報)
    7890. 豚ふん中の銅・亜鉛の低減と良質堆肥の生産・利用技術(第1報)(1)ビタミンE添加による豚ふん中の銅と亜鉛の低減
    7891. 豚ふん中の銅・亜鉛の低減と良質堆肥の生産・利用技術一銅添加量削減と大麦・ふすまのフィターゼの利用による豚ふん中の銅・亜鉛の低減一
    7892. 豚ふん中の銅・亜鉛の低減と良質堆肥の生産・利用技術(3)飲水制限による家畜ふん尿量の低減(第1報)
    7893. 酵素・アミノ酸利用による豚ふん中の環境負荷物質の低減:ー複合酵素剤とフィターゼの飼料及び銅添加量削減による排泄ふん量及びリン・銅・亜鉛量の同時低減ー
    7894. 搾乳・牛乳処理施設からの汚水の処理方法の検討(1)パイロットプラントによる汚水処理
    7895. 牛ふん堆肥の近赤外分析法による簡易成分測定法の確立
    7896. 糸状藻類による下水処理水のリン酸態リンの除去
    7897. 活性炭注入および凝集沈殿による有機物除去とトリハロメタン制御
    7898. 高度リン回収および余剰汚泥減容化を志向した排水処理プロセスの開発および評価
    7899. 異なるMLSSの条件下でDOの違いに対する活性汚泥の処理特性
    7900. 液中膜を利用した膜分離活性汚泥法の開発と課題


トップページ に戻る