畜産環境に関する最近の研究論文


    8101. 環境を浄化する炭〜その機能性と未来を探る〜第3回:炭の脱臭作用
    8102. 酸性雨対策調査総合取りまとめ−過去20年の調査から明らかになったこと−
    8103. 環境保全活動・環境教育推進法の概要と今後の展開
    8104. 「動物の権利」と「土壌汚染」
    8105. 中空糸膜を用いた膜分離活性汚泥法(MBR)による排水処理技術
    8106. ミジンコの採餌阻害による短時間毒性試験
    8107. 流水式紫外線消毒装置の実用化へ向けての検討
    8108. 活性汚泥中での医薬品・女性ホルモン様物質の除去に影響を及ぼす因子
    8109. 下水処理過程における亜硝酸酸化細菌と硝化脱窒機構の関係
    8110. 水処理プラントのライフサイクルC02排出
    8111. 換気を中心にしたブロイラー舎の温熱環境管理(1)−その理論と実際−
    8112. 換気を中心にしたブロイラー舎の温熱環境管理(2)−その理論と実際−
    8113. ハーブの芳香を付加した牛ふん発酵堆肥の作製
    8114. バクト菌堆肥・麦飯石活性水基材による液肥化−機能性バクト菌液肥−
    8115. 総合的プログラムによる豚舎・豚房の消毒効果
    8116. 現場に役立つ畜産学を指向する−日本畜産環境学会第3回大会−
    8117. 微生物資材とコンポスト化過程の微生物群集
    8118. 良質たい肥の製造と環境保全的な農地利用
    8119. 食品安全基本法時代における畜産物リスク対策のあり方
    8120. 活性汚泥施設のトラブル診断システム
    8121. 無施肥シバ草地放牧の繁殖雌牛における放牧密度別の摂取養分過不足量の推定
    8122. ヨ−ロッパで使用されている下排水シミュレーター「SIMBA」
    8123. 活性汚泥モデルを活用した工場排水処理の改善検討
    8124. 酪農における超低コスト尿処理と液肥の利用
    8125. 食品残さの飼料化−資源循環型社会の推進へ−:最近の低・未利用飼料資源の開発と利用状況−肥育豚伸しよう事例も増加へ−
    8126. 畜産経営からみた食品残さ飼料化の意義と求められる社会的条件整備ー地域共有の資源として活用するマネジメント体制確立へー
    8127. 食品残さの飼料化に向けての施策ーシステム構築への対応が課題にー
    8128. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)ー今から間に合う対応とその後の課題ー:家畜排せつ物処理施設の整備計画達成に向けて最大限の努力ー平成16年度の畜産環境対策についてー
    8129. シートを利用したふん尿処理施設の特徴−その性能・経済性と管理の留意点−
    8130. 未利用木質資源を活用した家畜ふん堆肥化過程の悪臭低減
    8131. 地球温暖化と畜産環境論
    8132. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例@移動式攪拌機が畜産農家を巡回、簡易たい盤で処理−大野村畜産公社型、簡易たい肥シート処理方式−
    8133. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例A全農コンポストシートを活用した簡易型たい肥化施設の概要−不足するたい肥舎の補完施設や調整済み製品の保管にも−
    8134. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例B高水分のふん尿も適切にたい肥化処理−微多孔性積層体不織布シートの開発で実現−
    8135. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例C施設不要、低コストで完熟たい肥づくり−特殊素材の簡易バッグ「タヒロン」活用のたい肥化処理−
    8136. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例DNFGシートと酪楽シートの組み合わせでさまざまに活用−たい肥化、尿・スラリー貯留、手作り浄化槽にも対応−
    8137. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例E遮水シートとビニールハウスを利用した簡易処理施設−設置コストの低減と維持管理の容易さを追求−
    8138. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(上)事例F耐用性に富む遮水シート「エコエバー」活用のたい肥化施設−埼玉・酪農経営と宮城・肉用牛肥育経営の施工工程を紹介ー
    8139. チモシー草地におけるふん尿主体施肥設計法1.乳牛スラリーおよび尿の基準肥効率
    8140. ペレニアルライグラス放牧地における堆肥利用法
    8141. コンジョイント分析を利用した堆肥センターの運営手法
    8142. 低コスト堆肥化の実践事例
    8143. 家畜ふん尿を取り巻く状況と堆肥化の基本
    8144. 今秋に迫った家畜排せつ物法の完全施行への対策(下)−今から間に合う対応とその後の課題−:たい肥の需要拡大に向けての課題と対策−耕種農家にインセンティブを与える取り組み強化へ−
    8145. 畜産環境保全・進む多様な対応−「ゆたかな畜産の里の普及・啓発事業」の審査を踏まえて−
    8146. 耕畜連携事例・T:リサーチとコミュニケーションで耕畜連携をすすめよう−耕種農家を訪ねて聞いた、たい肥の需要拡大の可能性−
    8147. 耕畜連携事例・U:酪農家が率先して耕畜連携を確立−地域循環農業とアスパラガスの産地化を目指して−
    8148. 耕畜連携事例・W:地域が一体となった安全・安心な野菜産地の確立−「農」の価値観の共有が耕畜連携の基盤−
    8149. 耕畜連携事例・V:大型酪農経営農家とみかん栽培農家との連携−うまくいく秘訣は利用者ニーズに合ったたい肥生産と信頼関係−
    8150. 耕畜連携事例・X:高知県土佐町における家畜排せつ物処理の取り組み−相互に役割を果たすことが成功の鍵−
    8151. 脱脂粉乳の新しい用途開発に成功−脱脂粉乳を利用したニュータイプの機能性みその開発−
    8152. 優良養豚経営で地域振興を実践−環境対策と開かれた経営で地域交流を図る(株)林牧場−
    8153. 地域と共存し地域と支えあう農業を目指す−事業多角化の一方で、幅広い消費者交流を展開する(有)鹿野ファーム−
    8154. 身近な資源再生が語る酪農の地域共生−たい肥生産で資源循環型農業を実践する(有)ビッグフィールド−
    8155. 飼料生産を基本にたい肥処理、TMR供給など受託内容拡大へ−コントラクターの現状と育成対策の概要−
    8156. 見直される牛の放牧−増産、低コスト、環境など多方面から関心高まる−:環境整備進み、広がる放牧畜産−放牧利用の状況と推進のための対策−
    8157. 最優秀賞・経営部門:土地基盤に立脚した持続型循環酪農を実践−土地を生かし、草を生かし、牛が無理せず、ゆとりの経営−
    8158. バクト菌堆肥・麦飯石活性水基材による液肥化−機能性バクト菌液肥−
    8159. 総合的プログラムによる豚舎・豚房の消毒効果
    8160. 現場に役立つ畜産学を指向する−日本畜産環境学会第3回大会−
    8161. 微生物資材とコンポスト化過程の微生物群集
    8162. 良質たい肥の製造と環境保全的な農地利用
    8163. 未利用木質資源を活用した家畜ふんたい肥化過程の悪臭低減
    8164. 耕畜連携の推進による農地利用の向上を目指して
    8165. 換気を中心にしたブロイラー舎の温熱環境管理(1)−その理論と実際−
    8166. 換気を中心にしたブロイラー舎の温熱環境管理(2)−その理論と実際−
    8167. 低炭素社会への根拠−温暖化の危険なレベル−
    8168. バイオマス資源・廃棄物の賦存量分布と水素利用システム
    8169. EU排出枠取引指令−欧州共同体内における温室効果ガスの排出枠取引スキームを設置し欧州理事会指令96/61/ECを改正する2003年10月13日の欧州議会および欧州理事会指令2003/87/EC
    8170. EU排出枠取引導入におけるドイツの経験−自主的取組みから排出枠取引へ−
    8171. 農林水産省における環境保全活動・環境教育推進法関連施策について
    8172. アジアにおける資源循環−循環資源の輸出由来、廃プラスチック、E-Waste
    8173. 3Rを推進するためのバーゼル条約の役割
    8174. 第1章:日本における情報公開法・環境情報の公開
    8175. 第2章:ドイツ環境情報制度の概要
    8176. 第3章:アメリカ(連邦法)における環境情報の公開
    8177. 第4章:環境情報へのアクセス、環境に関する政策決定への市民参加、及び、司法へのアクセスに関する条約(オーフス条約)
    8178. 3R推進の指標開発−物質フロー分析の国際共同研究の経験−:Indicators Development to Promote Reduce, Reuse and Recycle : Experiences from international Collaboration in Material Flow Analysis
    8179. 家畜ふん尿製品の利用拡大を目指して
    8180. 堆肥の簡易・迅速品質評価プログラムの紹介と利用例
    8181. 水管理と施肥管理による水田からのメタンと亜酸化窒素の発生制御
    8182. 浄水場から排出する水処理廃棄物の再資源化[1]−浄水ケーキの農業資材としての利用−
    8183. たい肥施用コーディネーター養成研修シリーズ(1):環境保全型農業の発展と有機物循環(1)
    8184. たい肥施用コーディネーター養成研修シリーズ(2):環境保全型農業の発展と有機物循環(2)
    8185. たい肥施用コーディネーター養成研修シリーズ(3):環境保全型農業の発展と有機物循環(3)
    8186. たい肥施用コーディネーター養成研修シリーズ(4):新たい肥コーディネーター養成研修
    8187. 施肥計算プログラムの紹介と利用例
    8188. 浄水場から排出する水処理廃棄物の再資源化[2]−浄水ケーキの水質浄化資材としての利用−
    8189. ルーメンにおける硝酸・亜硝酸還元の増強によるメタン生成の制御のためのWolinella succinogenes の活用
    8190. 粗灰分量を指標として堆肥化過程における乾物および有機物の分解率を推定する簡便な方法
    8191. アリカリ性電解水の飲水がメンヨウの水分吸収動態、反芻胃内性状、微生物合成量および窒素出納成績に及ぼす影響
    8192. 嫌気性貯蔵豚糞の堆肥化と消石灰の添加効果
    8193. 第一胃刺激用具の投与およびビール粕サイレージの給与が濃厚飼料多給条件下の去勢牛から発生するメタンに及ぼす影響
    8194. ウシにおける緑茶飲料水製造残渣サイレージの栄養価ならびに窒素出納に及ぼすポリエチレングルコール添加の影響
    8195. 乾草またはグラスサイレージを摂取したウマにおける咀嚼活動、排泄糞の粒度分布および消化管内容物の平均滞留時間
    8196. 豚糞モミガラ堆肥への消石灰添加がもたらす有機物分解促進効果とデタージェント分析による効果の検証
    8197. 家禽の排泄物中の窒素およびリン低減に関する技術の開発
    8198. 北海道における乳中尿素窒素濃度(MUN)に及ぼす環境要因効果の推定
    8199. 食品循環資源の利用による高品質肉豚肥育
    8200. 食品残さを成分表に基づき配合した養豚用リサイクル飼料の組成および栄養価の設計値と実測値の比較


トップページ に戻る