畜産環境に関する最近の研究論文


    8201. 豚における尿中窒素排泄量および糞尿からのアンモニア発生量の低減技術
    8202. アミノ酸添加低可消化粗タンパク質飼料による肥育豚の窒素排泄量および糞尿由来アンモニアガス濃度の低減効果
    8203. 豚舎施設・管理機材、豚舎環境などに関する課題
    8204. 窒素、リン、カリの堆肥による供給量と化学肥料使用量の都道府県別試算
    8205. 乾燥ミカンジュース粕配合低蛋白質飼料の豚の発育と窒素排せつ量への影響
    8206. 北海道における牧草・飼料作物への乳牛ふん尿の肥効評価
    8207. 豚用食品残渣飼料の特性
    8208. 畜舎環境の評価のためのアンモニアなどの環境負荷ガス濃度調査
    8209. 低コスト堆肥脱臭装置の開発および実証試験
    8210. 食品残渣物の飼料添加が豚肉脂質性状に及ぼす影響
    8211. 乳酸利用の増強によるルーメンアシドーシスおよびメタン生成の抑制
    8212. 環境勘定による農業の多面的機能の評価
    8213. 耕作放牧地に牛を放牧して獣害対策
    8214. 飼料調製・給餌作業および堆肥調製作業を軽労化する自動システムの開発・普及
    8215. 生ゴミを活用した地域循環型農業の展開方向
    8216. 施肥・灌水の精密制御による環境に優しい溶液土耕
    8217. 伐開・抜根材、下水汚泥コンポストを有効活用した法面緑化
    8218. 消費者と共に歩む環境共生型農園の取り組み
    8219. 豚ぷん堆肥中の銅、亜鉛含量の低減に向けた飼養管理技術
    8220. 食品リサイクルシステム−良質生ゴミ堆肥生産をめざして−
    8221. 硝酸性窒素による地下水汚染と肥培管理
    8222. 水田の水質浄化機能−窒素除去−
    8223. 環境保全型水田農業の新しい動き
    8224. 環境保全型農業を巡る行政動向
    8225. 堆肥等の有機物による土づくりを基本とした売れる米づくり−島根県西いわみヘルシー元氣米の取組−
    8226. 収益性の高い草地酪農を目指して〜北海道標茶町〜−適正施肥支援システムの構築−
    8227. 耕畜連携体制確立による堆厩肥を利用したトマト生産(岩手県東磐井地方)
    8228. 環境保全型茶業への取り組みとその成果
    8229. 土壌窒素肥沃度、家畜ふん堆肥の窒素肥効を加味した施肥法−愛知県の現場へ−
    8230. 環境にも経営にも優しい施肥体系確立を目指して(滋賀県)
    8231. 耕畜連携による産地づくり−都城市下川原地区の取り組み−
    8232. 沖縄県南大東村の地域循環型農業
    8233. 植物−濾材系(バイオジオフィルター)水路による溶液栽培排液の浄化及び再利用
    8234. 家畜排せつ物たい肥の利用に関する意識・意向調査結果
    8235. 家畜排せつ物法の施行状況調査結果について
    8236. 人と自然にやさしい農業をめざして−地域資源循環による里山と農地再生への取り組み−
    8237. 土壌診断等を生かした環境保全型農業の実践
    8238. 農と食の専門学校で取り組む環境保全・循環型農業の実証研究−4年制農業・生活専門学校鯉渕学園−
    8239. わが国農耕地土壌の実態と肥培管理の土壌特性・土壌環境に対する影響
    8240. 草地生産管理における土壌診断と施肥各論
    8241. 果樹園の堆肥適正利用−特徴と課題−
    8242. 茶園における環境問題と施肥の適正化
    8243. 「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」の策定について
    8244. 各種特定酵素基質培地による環境水からの大腸菌の検出
    8245. 中空糸膜バイオフィルムリアクターを活用した硝酸・過塩素酸同時還元除去とPCR-DGGE法による生物膜の最近叢解析
    8246. アルミニウムイオンおよびカルシウムイオン併用凝集沈殿法によるセレン、ヒ素、六価クロム除去
    8247. 黄河河口部における富栄養化原水のろ過吸着および接触酸化による浄水処理
    8248. 食の安全をどう考えるか−食のグローバル化がもたらす現代の食事情
    8249. 簡単迅速なカドミウム測定用イムノクロマトキットの開発
    8250. 複合微生物系集積木質炭化素材を用いた農薬汚染の原位置バイオレメディエ−ション
    8251. バイオガスからグリーン石油と水素を作る触媒技術の展開
    8252. 未・低利用有機物資源主体による肉牛肥育に関する研究−F1雌牛肥育における食品製造副産物主体サイレージの給与と血中ビタミンA濃度および肉質について−
    8253. 「家畜排せつ物法」いよいよ全面適用:基準クリア前提に施設整備を促進
    8254. お金をかけずに取り組める:畜舎環境整備ワンポイント・アドバイス(その9)米国クーリングパッド視察旅行
    8255. お金をかけずに取り組める:畜舎環境整備ワンポイント・アドバイス(その10)トンネルクールシステム
    8256. お金をかけずに取り組める:畜舎環境整備ワンポイント・アドバイス(その11)ウインドレスとセミウインドレス畜舎について
    8257. お金をかけずに取り組める:畜舎環境整備ワンポイント・アドバイス(その12)空気は壁伝いに動く(応用編)
    8258. 多様な食品残さを原材料とした発酵リキッド飼料
    8259. 食品残渣さの飼料化の実際
    8260. 資源循環型社会に貢献する「愛知県養豚協会食品残さ利用部会」
    8261. 豚の舎内環境温度とその調節
    8262. 特集−畜鶏舎衛生のポイント:消毒・害虫駆除を知りつくす!
    8263. 豚ぷん堆肥から発生する「におい」のリサイクル
    8264. 家畜ふん堆肥の現状と問題点、そして解決策は?
    8265. 液状コンポストの現状とその普及に向けた今後の課題
    8266. 堆肥品質評価システム「エコドクター」と指標「CQI」
    8267. 中規模養豚農家向けの尿処理対策
    8268. 現場から見た堆肥の利用促進のための技術と問題
    8269. 現在流通している家畜ふん堆肥の品質の実態
    8270. 養豚場の衛生対策−豚舎消毒の重要性−
    8271. 衛生害虫、ハエ対策の基礎知識
    8272. 畜産現場の病気対策と効果的な消毒薬の使い方
    8273. 冷却の基本は畜舎の対流の把握から
    8274. 暑熱対策の基本は豚の生理の理解から
    8275. 「ふん尿消滅型」発酵床豚舎の床の成分(その1)消えたふん尿と床資材
    8276. 開発された簡易低コスト家畜排せつ物処理施設報告書(簡易低コスト家畜排せつ物処理施設開発普及促進事業)
    8277. (第9巻)農業と環境−戦後日本の食料・農業・農村
    8278. 環境システム工学(循環型社会のためのライフサイクルアセスメント)
    8279. ゼロエミッション型産業をめざして−産業における廃棄物再資源化の動向−
    8280. ゴミゼロ社会への挑戦−環境の世紀の知と技術2004−
    8281. 「ふん尿消滅型」発酵床−豚舎の床の成分(その2)発酵床は何年続けられるのか?
    8282. 活性汚泥液を活用した豚ぷん堆肥舎の脱臭法
    8283. 子豚に優しい環境をつくる−細菌、寄生虫などによる損耗を防ぐためには−
    8284. 基本を土台に、「大」きく「伸」びる−おいしい豚肉づくりの秘訣は豚舎の環境コントロールにあり−(有)大伸産業・大崎伸行さん
    8285. 離乳子豚のふん中銅排せつ量の低減
    8286. オゾンを利用した汚水処理水脱色技術
    8287. 豚の習性を利用した環境改善と省力化
    8288. ふん尿は農地に返すもの−耕種農家と協力してふん尿処理問題をクリアし、資源循環型農業に取り組む−(結城市:(有)クロスファーム)
    8289. 有効な微生物資材のあり方と課題
    8290. 残さを利用して、おいしい豚づくりに挑戦〜飼料工場、直売所など、精力的に活動中〜(滋賀県日野町:藏尾ポーク)
    8291. 第11回−ようこそ!豚づくり一年生〜ふん尿処理編〜
    8292. なぜ家畜排せつ物法が制定されたのか
    8293. 見せる「ふん尿処理」を実践−地元に理解される養豚を目指して−(愛知県幡豆郡(有)オインク)
    8294. 生産者に聞くふん尿処理対策の現状
    8295. メーカーからみたふん尿処理の現状
    8296. 「日本のふん尿処理」進行チェック
    8297. 耕種農家の堆肥利用の現状
    8298. 第12回−農場の衛生管理を考える−
    8299. 「消費者」を向いたたい肥生産が評判−自ら果樹、野菜づくりで良質たい肥をアピール−(山形県東根市・(有)光陽ピッグファーム)
    8300. 新天地で、新しい豚づくりをスタート−豚と人のストレス軽減を目標にした豚舎建設−(北海道伊達市・(有)オオヤミート牧場)


トップページ に戻る