畜産環境に関する最近の研究論文


    8401. 尿中リン回収のためのMAP生成反応の平衡モデルによる予測
    8402. 膜分離活性汚泥法における膜の塩素洗浄による有機化合物の生成
    8403. 医薬品の除去に対する膜分離活性汚泥分離膜の付加効果
    8404. 国内外における紫外線消毒の上下水道への導入動向
    8405. 諸工業等における紫外線技術の導入動向
    8406. 紫外線技術の水中難分解性物質処理への適用
    8407. 鉄/白金系電極対を用いた養豚廃液の脱窒・脱リン処理
    8408. 霞ヶ浦、諏訪湖における底質長期変化と栄養塩収支
    8409. カラム実験を用いた硫酸第一鉄混合・加熱処理火山灰土壌による水中のリン除去
    8410. 傾斜土槽法による台所排水の有機性汚濁と栄養塩類の同時浄化
    8411. 集団茶園地帯における地下水水質と窒素・リン流出負荷量の推定
    8412. 新しいアッセイ用哺乳類細胞(CHOOSER)を用いた簡便、高感度で再現性の良いエストロゲン様活性測定方法の開発
    8413. 農薬の分子構造別の塩素分解性に関する研究
    8414. 嫌気性排水処理グラニュール汚泥のバルキングを引き起こす糸状性細菌群の解析
    8415. 食品系廃棄物の水素発酵条件に関する研究
    8416. 用水処理における膜ろ過技術の現状とファウリング対応技術
    8417. 土壌からのDNA抽出−分子生物学的手法による土壌微生物解析−
    8418. 環境分析における前処理技術
    8419. 試料別に見る分析前処理技術=大気編=
    8420. 試料別に見る分析前処理技術=水質編=
    8421. 試料別に見る分析前処理技術=土壌編=
    8422. 前処理も含めた環境分析における自動化
    8423. 汚濁負荷の削減に向けて−農業による負荷と対策
    8424. 改良された超臨界水酸化法−超臨界水多段階酸化法の原理と塩素を含む有機物の分解処理−
    8425. アンモニア研究の最新動向を第3回国際窒素会議に探る
    8426. 食品リサイクル法と生ごみコンポスト化技術および堆肥利用の普及
    8427. 最近の地球温暖化問題の状況
    8428. 地球温暖化対策をめぐるEUと米国の動向
    8429. 飲料製造工場におけるNF膜を用いた排水回収設備
    8430. 槽浸漬型平膜分離装置を利用した膜分離活性汚泥法処理水の再利用
    8431. 高選択性H-SRMモードによる食品残留農薬の一斉分析
    8432. GC/MSを用いた一斉分析用システム
    8433. 残留農薬分析におけるLC/MS/MSシステムの有用性
    8434. 食品分析に威力を発揮するGC/MS/MS分析
    8435. 農薬分析のための前処理
    8436. 生分解性プラスチックフィルムの土壌中での生分解性と生ごみ回収袋および農業用マルチフィルムの普及
    8437. 酸素法による油脂廃棄物からのバイオディーゼル燃料の生産
    8438. 住宅用ディスポーザ排水処理システムの性能とユーザー受容性
    8439. 固体高分子電解質膜電極を用いた硝酸含有合成排水の脱窒
    8440. 植栽基盤の深さがヨシ根の形態および窒素除去能力に及ぼす影響
    8441. 浄化槽法改正と浄化槽行政の最近の動向
    8442. 飼料中の銅・亜鉛濃度と豚の発育および豚ふんへの排せつ量の検討
    8443. 牛ふん炭化物の牛舎敷料利用と堆肥化
    8444. 農場有機性残さと家畜ふんの混合堆肥化と堆肥利用〈T〉鶏ふんとトマト茎葉残さの混合堆肥化および堆肥利用についての検討
    8445. 農場有機性残さと家畜ふんの混合堆肥化と堆肥利用〈U〉牛ふん堆肥とラッカセイ茎葉残さの混合堆肥化および堆肥利用についての検討
    8446. 植繊材を利用した牛ふん尿の堆肥化(短報)
    8447. 太陽光発電を利用した家畜ふん尿堆肥化技術の開発−昼間の8時間通気と牛ふん尿の堆肥化特性及びランニングコスト−
    8448. 食品残さの堆肥化促進に対する家畜ふん混合の効果
    8449. 鶏ふんから発生する悪臭物質のin vitro測定法の開発(第1報)−アンモニア測定法の標準化−
    8450. 耕種農家が求める家畜堆肥生産技術の確立(第1報)
    8451. 地域資源活用による乳牛の生涯生産向上に向けた飼養技術の確立;家畜排せつ物を活用した飼料イネの低コスト・多収栽培技術の確立−飼料イネとしての適応試験(第2報)−
    8452. 地域資源活用による乳牛の生涯生産向上に向けた飼養技術の確立;家畜排せつ物を活用した飼料イネの低コスト・多収栽培技術の確立−牛糞堆肥の連年施用が飼料イネの生育、収量及び栄養成分に及ぼす影響(第2報)−
    8453. アミノ酸添加低タンパク質飼料への乾燥ミカンジュース粕の配合が豚の発育、背脂肪厚、肉色、窒素排せつ量におよび糞の臭気物質に及ぼす影響
    8454. 蒸気乾燥トウフ粕の給与割合が乳用種去勢肥育牛の産肉性および枝肉性状に及ぼす影響
    8455. 肉用牛に対する食品残さの飼料化試験・食品残さ飼料の交雑種肉用牛給与試験
    8456. 都市型畜産環境保全に関する研究1.家畜飼養環境の改善による生産性の向上と臭気発生防除に関する試験・省エネダクト送風による鶏舎内臭気の軽減
    8457. 飼養環境改善による畜舎発生臭気の軽減技術の検討(2)低蛋白質飼料・高繊維質飼料利用による豚舎臭気の軽減
    8458. 酸化チタンフィルム利用による畜産臭気の軽減(2)酸化チタンフィルムと微生物脱臭または低蛋白質飼料との組み合わせによる畜産臭気の軽減
    8459. 家畜用浄化槽処理水中の環境汚染物質実態調査
    8460. 家畜ふん堆肥化過程で発生する滲出液の環境負荷
    8461. 神奈川県内の酪農家における牛ふん堆肥化施設での塩類と重金属の動態
    8462. 鶏ふん活性炭・灰化品の給与が採卵鶏の生産性に及ぼす影響(第2報)
    8463. 鶏ふん活性炭・炭化品の給与が肥育豚の生産性に及ぼす影響(第2報)
    8464. 鶏ふん活性炭・炭化品の給与が鶏ふんおよび豚ふんに及ぼす影響(第2報)
    8465. 豚における窒素・リン排せつ量同時低減技術の実証試験;第4報
    8466. 肉牛ふんの初期発酵促進技術の開発(第2報)
    8467. 環境に配慮した飼料作物栽培技術の開発(第4報)肥効調節型肥料施肥量の検討
    8468. 環境に配慮した飼料作物栽培技術の開発(第5報)基肥に用いる肥料の検討
    8469. 畜産事業所における臭気発生実態と臭気軽減手法について
    8470. 家畜ふん尿と生ごみの混合堆肥化施設での臭気対策と硫酸スクラバー装置から排出される脱臭廃液の評価
    8471. 堆肥作りと施用における工程管理手法を取り入れた新たな提案
    8472. 堆肥からの肥料成分を計算するソフトの開発
    8473. 当場の牛排せつ物の動態と生産した堆肥の性状
    8474. 土壌を利用した低コスト浄化処理施設の農家実証
    8475. 肥育豚への乾燥豆腐粕給与が発育と肉質に及ぼす影響
    8476. 植物及びろ材を利用した乳用牛尿汚水の処理
    8477. コーヒーチャフの堆肥副資材適性試験
    8478. 深型攪拌式堆肥発酵施設による乳牛ふんの堆肥化処理
    8479. 近赤外分析法による堆肥の成分分析
    8480. 湖沼池の底部の一部被膜による藻類(アオコ等)の制御
    8481. 下水道への膜分離活性汚泥法(MBR)の適用
    8482. 膜分離活性汚泥法を用いた小型合併処理浄化槽の維持管理の評価と望ましい改善事項
    8483. 液中膜TMを利用した海外下水処理施設の運転状況
    8484. PVDF中空膜を用いた膜分離活性汚泥法(MBR)による排水処理
    8485. 槽外設置型チューブラー膜の排水処理への適用
    8486. 浸漬平膜および回転平膜モジュールの排水処理への適用
    8487. オゾン耐性を有する中空糸型精密ろ過膜モジュールを用いた下水処理水の高度処理
    8488. 低ファウリングRO膜の大規模下排水処理への適用
    8489. タイにおける膜分離技術を活用した産業排水再利用への研究協力
    8490. リン酸イオンを吸着した硫酸第一鉄混合・加熱火山灰土壌のリン再生及び使用済リン吸着材の再利用
    8491. 付着生物膜ろ過モデルを用いた三次処理用生物膜ろ過反応器の処理特性と設計・操作因子に関する研究
    8492. MRP土壌洗浄プロセスにおける汚染物質の分離
    8493. ダイオキシン類測定法におけるJIS改正
    8494. 微生物によるバイオレメディエーション利用指針制定とその活用に期待
    8495. バイオレメディエーションによる土壌浄化の現状と課題−ダイオキシン類、クロロエチレン類を中心に−
    8496. リスクベースに側った土壌汚染対策(リスクベース浄化法)の選択
    8497. トリクロロエチレン分解微生物の安全評価とその活用
    8498. 嫌気性微生物を活用するクロロエチレン類汚染土壌の浄化
    8499. 微生物による油汚染土壌の浄化
    8500. ファイトレメディエーションによる重金属汚染土壌の浄化


トップページ に戻る