戻る:資源循環システム
資源循環工学研究領域資源循環システム

 

研究成果 (研究論文・報文)

(注)研究成果には、(独)農業工学研究所資源循環研究室に在籍した研究者が平成17年度までに実施した研究の成果、農村工学研究所資源循環システム研究チームに在籍した研究者が平成22年度までに実施した研究の成果を含めています。

 

研究論文・報文 : <バイオマス利活用> <農業集落排水・汚泥> <その他> / 成果情報 / 雑誌・口頭発表等

 

 

<バイオマス利活用>

1) ORITATE Fumiko, YUYAMA Yoshito, NAKAMURA Masato, YAMAOKA Masaru, Nguyen Phuoc Dan (Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology), Dang Vu Bich Hanh (Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology), SAKODA Akiyoshi (Institute of Industrial Science, The University of Tokyo) and MOCHIDZUKI Kazuhiro (Institute of Industrial Science, The University of Tokyo):Regional Diagnosis of Biomass Use in Thai My Village, Vietnam, 農工研技報,214,pp.135-162,2013年3月
2) 岡原弘明(地域環境資源センター)・岡庭良安(地域環境資源センター)・李玉友(東北大学)・中村真人・入江満美(東京農業大学):メタン発酵消化液の液肥利用に関する経済的,技術的な側面からの調査検討結果について,季刊JARUS,109,pp.21-30,2012年12月
3) 清水夏樹(京都大学)・柚山義人・中村真人・山岡 賢:バイオマス活用における担い手別の経済性と地産地消効果,農村計画学会論文集,31,pp.207-212,2012年11月
4) 中村真人・柚山義人・山岡 賢・折立文子・藤川智紀(東京農業大学):環境保全のための適正な消化液の液肥利用技術,農業農村工学会資源循環研究部会論文集,8,pp.11-30,2012年10月
5) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・折立文子:メタン発酵消化液の輸送・散布計画における中間貯留槽の位置決定法の検討,農業農村工学会資源循環研究部会論文集,8,pp.31-44,2012年10月
6) 柚山義人・稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・栗島英明(芝浦工業大学)・中村真人:豚ぷん尿を原料とするメタン発酵システム導入による地域活性化戦略,農業農村工学会資源循環研究部会論文集,8,pp.45-54,2012年10月
7) 柚山義人:市町村バイオマス活用推進計画の策定と運営の方法,ARIC情報,107,pp.19-26,2012年10月
8) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・折立文子:メタン発酵消化液の輸送・散布計画支援モデルの機能拡張― 消化液輸送車の複数台運用と中間貯留槽の導入に対応 ―,農業農村工学会論文集(研究報文),280,pp.53-61,2012年8月
9) 柚山義人:バイオマス利活用のための地域診断,技術総合誌OHM,株式会社オーム社,pp.28-33,2012年5月
10) Yoshito YUYAMA: Tsukuba Biomass Town Initiative ,Procedia Environmental Science on line ジャーナル,15,pp.126-133,ELSEVIRE, 2012年5月
http://www.sciencedirect.com/science/journal/18780296/15
11) 中村真人・藤川智紀(東京農業大学)・柚山義人・山岡 賢・折立文子:メタン発酵消化液の施用方法がアンモニア揮散および亜酸化窒素の発生に及ぼす影響,日本土壌肥料学雑誌,83(2),pp.139-146,2012年4月
12) 前田守弘(岡山大学)・河野憲治(広島大学)・谷山一郎(農業環境技術研究所)・上薗一郎(鹿児島県農業開発総合センター大隅支場)・脇門英美(鹿児島県農業開発総合センター大隅支場)・加藤邦彦(北海道農業研究センター)・井上 京(北海道大学)・中村真人・板橋 直(農業環境技術研究所)・矢部光保(九州大学):家畜排せつ物の利活用と水質問題から考える有機物管理の次世代パラダイム,日本土壌肥料学雑誌,83(2),pp. 201-209,2012年4月
13) 清水夏樹・柚山義人・中村真人・山岡 賢:バイオマス利活用システムのライフサイクルを対象とした経済性の評価,農工研技報,212,pp.53-96,2012年3月
14) 清水夏樹・柚山義人・中村真人・山岡 賢:バイオマス利活用システムのライフサイクルを対象としたエネルギー収支の評価,農工研技報,212,pp.97-126,2012年3月
15) 中村真人・柚山義人・山岡 賢・清水夏樹:メタン発酵消化液の液肥利用過程におけるエネルギー消費量および温室効果ガス排出量,バイオマス科学会議発表論文集,7,pp.212-213, 2012年1月
16) 柚山義人・清水夏樹・山岡 賢・中村真人:外部経済効果の積極的評価によるバイオマス利活用の推進,資源循環研究部会論文集,7,pp.67-79,2011年10月
17) 折立文子・藤川陽子(京都大学)・福井正美(京都大学)・梅田幹雄(京都大学)・濱崎竜英(大阪産業大学)・菅原正孝(大阪産業大学):家畜排泄物のメタン発酵消化液中エストロゲンの分解性の検討,環境技術(論文),40(10),pp.44-51,2011年10月
18) R. INABA(国立環境研究所), K. MATSUHASHI(国立環境研究所), Y. YUYAMA, S. OKAMOTO(土木研究所), S. Ito(岩手大学), H. KURISHIMA(芝浦工業大学):BIOMASS UTILIZATION STRATEGY AIMED AT REGIONAL ACTIVATION,Sardinia 2011, Thirteenth International Waste Management and Landfill Symposium,CD-ROM,8p.,2011年10月
19) 清水夏樹:エネルギー農作物の栽培から収穫に要するエネルギーの実態と展望,環境技術,40(6),pp.25-30,2011年6月
20) 山岡 賢・中村真人・相原秀基(農事組合法人和郷園)・清水夏樹・柚山義人:メタン発酵消化液の輸送・散布計画支援モデルの開発,農業農村工学会論文集(研究報文),273,pp.89-96,2011年6月
21) 中村真人:メタン発酵消化液の液肥利用とその環境影響に関する研究,農村工学研究所報告,50,pp.1-57,2011年2月
22) 柚山義人:バイオマスエネルギーの適正利用,JACEM(農業土木機械化協会誌),51,pp.3-9,2010年11月
23) 柚山義人:メタン発酵を組み込んだバイオマス利活用,バイオガス事業推進協議会会報,第8号,pp.1-21,2010年11月
24) 柚山義人:バイオマス利用技術の展開方向,土地改良の測量と設計(SDERD),(社)土地改良測量設計技術協会,72,pp.6-11,2010年10月
25) 中村真人・阿部邦夫(農事組合法人和郷園)・相原秀基(農事組合法人和郷園)・柚山義人・山岡 賢:メタン発酵プラントで発生するトラブルの時期的傾向と対策,農業農村工学会誌,78(10),pp.25-29,2010年10月
26) 中村真人:地域バイオマス資源の循環を成立させる消化液の利活用,畜産コンサルタント,中央畜産会,46(5),pp.36-41,2010年5月
27) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・折立文子:小規模メタン発酵施設の運転管理における安全衛生保持,農業農村工学会論文誌(研究報文),267,pp.87-92,2010.6
28) 藤川智紀(東京農業大学)・中村真人:乳牛ふん由来のメタン発酵消化液の施用方法がコマツナの収量と亜酸化窒素発生量に与える影響,日本土壌肥料学雑誌,81(3),pp.240-247,2010.6
29) 柚山義人・土井和之・中村真人・清水夏樹:地域バイオマス利活用診断ツールの開発,農業農村工学会論文集(研究報文),266,pp.57-62,2010.4
30) 柚山義人・山岡 賢・中村真人・清水夏樹:ライフサイクル的にみたバイオマス利活用評価の論点,農業農村工学会論文集(研究展望),266,pp.71-76,2010.4
31) 中村真人・柚山義人・山岡賢・折立文子・清水夏樹・阿部邦夫・相原秀基・藤川智紀:メタン発酵プラントのトラブル記録と長期運転データの解析―山田バイオマスプラントを事例として―,農工研技報,210,pp.11-36,2010.3
32) 清水夏樹・柚山義人:エネルギー収支・経済性・環境負荷からみたバイオマス利活用シナリオの評価,農村計画学会誌,28巻論文特集号, pp.243-248,2010.2
33) Yoshito YUYAMA, Masato NAKAMURA and Masaru YAMAOKA: Development of a Pilot-scale Biomass Refinery System for Suburban Agricultural and Livestock Industrial Areas, JARQ,44(1),pp.93-100, 2010.1
34) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:地域バイオマスによる土壌炭素貯留に向けた技術開発の展望,農業農村工学会誌,78(1),pp.39-42,2010.1
35) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・前田守弘(岡山大学)・山岡 賢:メタン発酵消化液の施用が畑地土壌からの温室効果ガス発生と窒素溶脱に及ぼす影響,農業農村工学会論文集,264,pp.17-26,2009.12
36) 中村真人・阿部邦夫(農事組合法人和郷園)・相原秀基(農事組合法人和郷園)・柚山義人・山岡 賢・清水夏樹・折立文子:メタン発酵消化液の液肥利用に伴う温室効果ガス排出量−山田バイオマスプラントを事例として−,農業農村工学会資源循環研究部会,論文集,5,pp.1-14,2009.12
37) 阿部邦夫・松岡隆雄・相原秀基・中村真人・柚山義人:山田バイオマスプラントの運転とバイオマス利活用,農業農村工学会資源循環研究部会,論文集,5,pp.31-40,2009.12
38) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・清水夏樹・折立文子:メタン発酵消化液の輸送・散布の計画支援モデルの構築とモデルケースの試算,農業農村工学会資源循環研究部会論文集,5,pp.41-55,2009.12
39) 柚山義人・中村真人・清水夏樹:地域バイオマスの持続的利活用システム,環境情報科学,38(3),pp.38-42,2009.10
40) 清水夏樹・柚山義人・中村真人:バイオ燃料生産のための資源作物生産特性の評価,小特集「地域バイオマスの利活用」,農業農村工学会誌,77(8),pp.11-14,2009.8
41) 森本英嗣(京都大学)・土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・柚山 義人・仲上 健一(立命館大学)・星野 敏(京都大学):バイオマス総合利活用評価モデルの開発,小特集「地域バイオマスの利活用」,農業農村工学会誌,77(8),pp.15-18,2009.8
42) 柚山義人:未来を拓くバイオマス利活用,私のビジョン,農業農村工学会誌,77(8),pp.52-54,2009.8
43) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:農地還元に向けてのミル破砕適用によるメタン発酵消化液の改質,農業農村工学会論文集,262,pp.27-34,2009.8
44) 柚山義人・土井和之:バイオマス利活用による温室効果ガス排出量の削減可能性,農業農村工学会誌,77(5),pp.35-38,2009.5
45) 清水夏樹・柚山義人・中村真人:資源作物生産特性データベースの整備,農工研技報,209,pp.29-56,2009.3
46) 中村真人:バイオマス変換物質の農地利用における動態,水環境学会誌,32(2),pp.11-14,2009.2
47) 森本英嗣(京都大学)・土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・柚山義人・星野 敏(京都大学):バイオマス資源利活用総合評価モデルの開発とその適用,農村計画学会誌,27,pp.317-322,2009.2
48) 柚山義人・中村真人・山岡 賢・清水夏樹・阿部邦夫(農事組合法人和郷園):都市近郊農畜産業型のバイオマス利活用実証研究の成果と展望,農業農村工学会資源循環部会論文集,4,pp.131-147,2008.12
49) 中村真人・藤川智紀(東京農業大学)・柚山義人・山岡 賢:メタン発酵消化液を施用した畑地からの温室効果ガスの発生,農業農村工学会資源循環部会論文集,4,pp.71-79,2008.12
50) 中村真人・柚山義人・山岡 賢・藤川智紀・清水夏樹:消化液を液肥利用するメタン発酵システムによる温室効果ガス削減効果,農業農村工学会学会誌,76(11),pp.13-16,2008.11
51) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・人見忠良:消化液脱水ろ液の蒸留液中のアンモニアの固定化,農業農村工学会論文集(研究ノート),256,pp.63-64,2008.8
52) 柚山義人:バイオマス多段階利用の実証研究からの教訓,生物工学会誌,86(5),pp.234-237,2008.5
53) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・上田達己:メタン発酵消化液ろ液の蒸留処理技術の開発展望,農業農村工学会誌,76(5),pp.25-28,2008.5
54) 藤川智紀・中村真人・柚山義人:メタン発酵消化液の施用による土壌から大気への温室効果ガス発生量の変化,農業農村工学会論文集,254,pp.85-95,2008.4
55) 清水夏樹・柚山義人:環境に配慮した農法のエネルギー消費分析と経営実態−千葉県北東部における栽培事例より−,農村計画学会誌論文特集号,vol.26,pp.365-370,2007.12
56) 藤川智紀・高松利恵子(北里大学)・中村真人・宮崎 毅(東京大学):農地土壌から大気への二酸化炭素ガス発生量の時間的・空間的変動性とその評価,土壌肥料学雑誌,78(5),pp.487-495,2007.10
57) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:減圧蒸留によるメタン発酵消化液ろ液からのアンモニアの分離とろ液の濃縮,農業農村工学会論文集,250,pp.47-55,2007.8
58) 柚山義人:農畜産業系バイオマスの持続的利活用システム,水環境学会誌,30(7),pp.22-26,2007.7.
59) 中村真人・柚山義人・山岡 賢・藤川智紀:メタン発酵プラントにおける物質収支と消化液及び消化液脱水ろ液の肥料特性,農業土木学会論文集(研究報文),249,pp.107-113,2007.6.
60) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:メタン発酵消化液ろ液への減圧蒸留処理の適用,農業土木学会資源循環研究部会論文集,2,pp.33-44,2007.3.
61) 清水夏樹・柚山義人:バイオマス利活用における資源作物生産の評価視点,農業土木学会資源循環研究部会論文集,2,pp.103-113,2007.3.
62) 藤川智紀・柚山義人・中村真人・清水夏樹・山岡 賢:農地の持続性評価基準に関する検討,農業土木学会資源循環研究部会論文集,2,pp.1-10,2007.3.
63) 小島浩司(三菱総研)・柚山義人:バイオマス利活用システムの経済・環境面での統合的な評価手法の開発,農業土木学会資源循環研究部会論文集,2,pp.11-21,2007.3.
64) 山下茂樹(JARUS)・山岡 賢・市原 昭(株式会社荏原製作所)・安村宜之(住友重機械工業株式会社)・森川則三(株式会社西原環境テクノロジー)・藤井正博(ユニチカ株式会社):メタン発酵消化液を対象とする窒素・リン制御技術の実証,農業土木学会資源循環研究部会論文集,2,pp.45-57,2007.3.
65) 柚山義人・中村真人・山岡 賢:メタン発酵消化液の利活用技術,農業土木学会論文集(研究展望),247,pp.119-129,2007.2.
66) 中村真人・柚山義人:成分調整コンポスト製造のための各種バイオマスの分類と適用性の検討,農業土木学会論文集,246,pp.73-82,2006.12.
67) 中村真人・森 淳・柚山義人:コマツナに施用した農業集落排水汚泥モミガラコンポストの肥効特性と施用後の窒素の動態,農業土木学会論文集,246,pp.161-167,2006.12.
68) 小林 久(茨城大学)・柚山義人:輸入飼料の供給地域別ライフサイクル・エネルギー消費量およびGHG排出量の推計,環境情報科学,35(3),pp.45-53,2006.11.
69) 藤川智紀・中村真人・柚山義人・前田守弘(中央農研)・太田 健(中央農研):チャンバ付ライシメーターによる施肥窒素の動態観測,農業土木学会誌,74(11),pp.11-14,2006.11.
70) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:メタン発酵消化液の脱水ろ液の減圧蒸留による減量,農業土木学会論文集(研究ノート),245,pp.125-126,2006.10.
71) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:凍結融解によるメタン発酵消化液の固液分離,農業土木学会論文集(研究ノート),242,pp.125-126,2006.4.
72) 柚山義人・生村隆司(JORA)・小原章彦(JORA)・小林 久(茨城大学)・中村真人:バイオマス再資源化技術の性能・コスト評価,農業工学研究所技報,204,pp.61-103,2006.3.
73) 小林 久(茨城大学)・柚山義人:LCA手法を適用したバイオマス資源循環の評価ー肉用牛・耕種複合経営の物質フローとリサイクルプロセスの事例的分析ー,農業土木学会論文集,241,pp.13-23,2006.2.
74) 柚山義人・中村真人・生村隆司(JORA):有機性資源の利活用と水質環境保全,農業土木学会誌,74(2),pp.21-26,2006.2.
75) 迫田章義(東京大学)・望月和博(東京大学)・柚山義人:バイオマス利活用の展望,講座「バイオマス利活用」(その8),農業土木学会誌,74(1),pp.53-58,2006.1.
76) 柚山義人・日下部正徳(千葉県山田町)・阿部邦夫(農事組合法人和郷園)・中澤幸介(新建新聞社):バイオマスタウン構築に向けてのプロローグ,農業土木学会誌,74(1),pp.7-10,2006.1.
77) 山下茂樹(JARUS)・柚山義人・市原 昭(株式会社荏原製作所)・安村宜之(住友重機械工業株式会社)・森川則三(株式会社西原環境テクノロジー)・藤井正博(ユニチカ株式会社):メタン発酵消化液を対象とする窒素・リン制御技術のコスト比較,農業土木学会資源循環研究部会論文集,第1号,pp.95-113,2005.12.
78) 柚山義人・中村真人:バイオマス利活用に係わる諸手続の実施事例,農業土木学会資源循環研究部会論文集,第1号,pp.37-51,2005.12.
79) 中村真人・柚山義人:各種バイオマスの全炭素含有率の推定法,農業土木学会資源循環研究部会論文集,第1号,pp.1-8,2005.12.
80) 柚山義人,森 淳,中村真人,清水夏樹:輸送問題からみたバイオマス利活用,農業土木学会誌,73(12),pp.29-33,2005.12.
81) 小林 久(茨城大学)・島田和宏(畜草研)・小島浩司(三菱総研)・柚山義人:バイオマス利活用の評価手法,講座「バイオマス利活用」(その7),農業土木学会誌,73(12),pp.59-64,2005.12.
82) 中村真人・岩渕和則(宇都宮大学)・柚山義人:堆肥化技術,講座「バイオマス利活用」(その2),農業土木学会誌,73(7),pp.55-60,2005.7.
83) 柚山義人:バイオマス利活用のための地域診断,講座「バイオマス利活用」(その1),農業土木学会誌,73(6),pp.37-42,2005.6.
84) 中村真人・柚山義人:各種バイオマス成分のデータベース整備,農業工学研究所技報,203,2005.3.
85) 清水夏樹:有機性資源の利活用を促進するための支援策,農業工学研究所技報203,2005.3.
86) 柚山義人:バイオマス資源循環利用診断モデルの開発戦略,農業土木学会誌,72(12),pp.25-28,2004.12.
87) 柚山義人・森 淳・中村真人・清水夏樹:有機性資源の利活用推進方策,農業土木学会誌,72(8),pp.13-18,2004.
88) 柚山義人・端 憲二・長利 洋:有機性資源活用機能の経済的評価方法,農業土木学会誌,71(12),pp.27-30,2003.

 

▲ このページのTOPへ戻る

 

<農業集落排水・汚泥>

1) 小西美智孝(JARUS)・泉本和義(JARUS)・佐藤 進(JARUS)・泉 忠行(ダイキン)・高橋 亘(ダイキン)・山岡 賢:小規模で高度処理型のFRP製農業集落排水処理施設の開発−中空糸膜分離装置を用いたJARUS−FM型の開発−,農業農村工学会資源循環部会論文集,3,pp. 25-36,2007.10
2) 山岡 賢・上田達己・凌 祥之・廣瀬裕一:汚泥層からの大腸菌群及び有機物の流出防止対策の考察−汚泥層による硝酸性窒素汚濁水の浄化技術の確立にむけて−,農業農村工学会資源循環部会論文集,3,pp.1-12,2007.10
3) 三木秀一(JARUS)・佐藤 進(JARUS)・中嶋昭博(JARUS)・山岡 賢:農業集落排水処理施設向けFRP製膜分離活性汚泥方式の低供用率時における施設立ち上げ手法の検証,農業土木学会資源循環研究部会論文集,2,pp.23-32,2007.3.
4) 山岡 賢・凌 祥之・上田達己:汚泥層の透水性及び窒素除去能力,農業土木学会論文集,243,pp.85-93,2006.6.
5) 三木秀一・持田悦夫・佐藤 進・秋田倫成・宮本涼一・泉 忠行・和田之孝・大沼正也・余合俊彦・松村博志・柚山義人:低コストで小規模なFRP製農業集落排水処理施設の開発,農業土木学会資源循環研究部会論文集,第1号,pp.69-80,2005.12.
6) 中村真人・柚山義人:農業集落排水汚泥の天日乾燥技術の改良,農業土木学会資源循環部会平成16年度研究発表会発表要旨集,pp.11-20,2004.11.
7) 中村真人・柚山義人:農業集落排水汚泥の天日乾燥技術,農業工学研究所技報,202,pp.71-80,2004.
8) 本間新哉・端 憲二・柚山義人:ORPを用いた自動制御システムの回分式活性汚泥法への適用,農業土木学会論文集,227,pp.1-8,2003.

 

▲ このページのTOPへ戻る

 

<その他>

1) 柚山義人:農村の地域資源,環境情報科学,37(4),pp.17-21,2008.12
2) 山岡 賢・凌 祥之・廣瀬裕一・陳  嫣:雑木チップの簡易炭化とチップ炭の土壌改良効果,農業農村工学会資源循環部会論文集,4,pp.81-97,2008.12
3) 清水夏樹・唐崎卓也・栗原伸治(日本大学)・斎尾直子(筑波大学)・島 武男・清水 庸(東京大学):農村計画研究における「範域」の捉え方,農村計画学会誌,24(1),24-35,2005.6.
4) 大串和紀・姫野靖彦・柚山義人・中野芳輔:白石平野クリーク水質変化要因の解析,農業土木学会論文集,244,pp.187-195,2006.8.
5) 森 淳・水谷正一(宇都宮大学)・中村真人:ヨモギの無機態窒素吸収に伴う同位体分別,農業土木学会論文集,242,pp.107-114,2006.4.
6) 森 淳・柚山義人:水田生態系における食物網構造と物質循環,農業工学研究所技報,204,pp.105-114,2006.3.
7) 森 淳:いさわ南部地区原川排水路における付着物の炭素・窒素安定同位体比特性,農業土木学会誌,74(2),pp.31-36,2006.2.
8) 森 淳・水谷正一(宇都宮大学)・松澤真一(宇都宮大学):生態系保全水路の設計に向けた底質の予備実験,農業土木学会論文集(研究ノート),240,pp.141-142,2005.12.
9) 森 淳・柚山義人:安定同位体比法による食物網解析の水田水域生態系における展開,農業土木学会論文集(研究展望),240,pp.131-140,2005.12.
10) 川本 健・小松登志子・Per Moldrup・吉川省子・藤川智紀:土壌ガス拡散係数予測モデルの提案と国内土壌への適用,土壌の物理性,101,pp.37-50,2005.11.
11) Fujikawa T and Miyazaki T:Effects of Bulk Density and Soil Type on the Gas Diffusion Coefficient in Repacked and Undisturbed Soils,Soil Science,170(11),pp.892-901,2005.11.
12) 藤川智紀・宮崎 毅・古川原 琢:廃材ガラスカレットを用いた土壌の透水性改良技術に関する研究,第6回環境地盤工学シンポジウム発表論文集,pp.193-198,2005.5.
13) 森 淳:農業用排水路と溜池における生物を媒介とした物質循環,農村計画学会誌,23(3),pp.203-210,2004.12.
14) 端 憲二・柚山義人・白谷栄作・山口康晴・吉永育生:富栄養化した湖沼水の肥料代替性について,農業および園芸,79(9),pp.954-960,2004.9.
15) 森 淳・柚山義人・中村真人:安定同位体比測定による水田生態系の食物連鎖解析,農業土木学会論文集,229,pp.117-118,2004.
16) 中石克也・栗原陽雄・大井節男:希薄な粘土コロイド分散系の粘度に及ぼす粘土鉱物種の影響,農業土木学会論文集,229,pp.23-28,2004.
17) 森 淳:リスクマネジメントとしての生態系保全,農業土木学会誌,71(11),pp.47-50,2003.11.
18) 大久保 博・前川勝明・石川良太・森 淳・渡辺一哉:最上川下流域の幹線用水路系における魚類採捕調査,農業土木学会誌,71(9),pp.21-269,2003.
19) Yuyama Yoshito・ArulvijitskulPongsak・Shioda Katsuro・Onimaru Tatsuji・Nakazawa Noboru and Fujisaki Takashi:Improvement of Water Allocation Planning and Practical Operation in the Upper East Bank of the ChaoPhao Phraya Delta,農業工学研究所技報,pp.93-124,201,2003.
20) 宮原和己・大井節男・中石克也・足立泰久:凝集系モンモリロナイト懸濁液の粘度に対する毛細管径の効果,農業土木学会論文集,223,pp.63-69,2003.
21) YUYAMA Yoshito・PongsakArulvijitskul・PhonchaiKinkhachorn・ChatchomChompradit・AthapornPunyachom and SHIODA Katsuro:Strategy to Improve Water Management in the Chao Phraya Delta,Rural and Environmental Engineering,44,pp.42-59,2003.
22) 柚山義人・奥島里美・安養寺久男:誰がために水を育むか,農業土木学会誌,71(7),pp.44-47,2003.
23) Yuyama Yoshito and Shioda Katsur:Developing a Decision Support System for Practical Water Management,,REE, 43, pp.31-39, 2002.
24) 端 憲二・多田 敦・冨永隆志:湧水地帯における陸封型イトヨの潜在的な生息可能区域,用水と廃水,44(2),pp.46-48,2002.
25) 端 憲二・竹村武士・本間新哉・佐藤政良:流れにおけるメダカの遊泳行動に関する実験的考察,農業土木学会誌,69(9),pp.987-992,2001.
26) 大井節男・足立・原口・Koopal:吸着現象の物理的基礎,農業土木学会誌,68(4),pp.351-361,2000.
27) 大井節男・足立・原口・Koopal:吸着理論の発展,農業土木学会誌,68(5),pp.479-486,2000.

 

▲ このページのTOPへ戻る