戻る:資源循環システム
資源循環工学研究領域資源循環システム

 

 

研究成果 (雑誌・口頭発表等)

(注)研究成果には、(独)農業工学研究所資源循環研究室に在籍した研究者が平成17年度までに実施した研究の成果、農村工学研究所資源循環システム研究チームに在籍した研究者が平成22年度までに実施した研究の成果を含めています。

 

研究論文・報文 / 成果情報 / 雑誌・口頭発表等 : <バイオマス利活用> <農業集落排水・汚泥> <その他>

 

 

<バイオマス利活用>

1) 柚山義人・稲葉陸太(国立環境研究所)・栗島英明(芝浦工業大学):ソーシャルシフトにのったバイオマス利活用の取組推進,2013年度農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,pp.14-15,東京大学弥生講堂,2013年4月
2) 稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・柚山義人・岡本誠一郎(土木研究所)・内田 勉(土木研究所)・伊藤幸男(岩手大学)・栗島英明(芝浦工業大学):地域活性化をめざしたバイオマス利用技術戦略の立案手法の構築,平成24年度環境研究総合推進費補助金研究事業総合研究報告書,pp.1-49,2013年3月
3) 柚山義人:バイオマスタウンの構築と運営(手引き書)改訂版,2013年3月
4) 中村真人:メタン発酵消化液の液肥としての利用,農業技術大系「土壌施肥編」,社団法人農山漁村文化協会,7-1,292の8-292の15,2013年3月
5) 栗島英明(芝浦工業大学)・稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・柚山義人・内田 勉(土木研究所)・伊藤幸男(岩手大学):バイオマス利活用による地域の社会的活性化に関する研究(その2):バイオマス利活用,ソーシャル・キャピタル,地域活性化の関連分析,第8回日本LCA学会研究発表会,立命館大学びわこ・くさつキャンパス,2013年3月
6) 折立文子・中村真人・山岡 賢・柚山義人・Nguyen Phuoc Dan(ホーチミン市工科大学)・Dang Vu Bich Hanh(ホーチミン市工科大学)・Nguyen Lam Quang Thoai(ホーチミン市工科大学)・迫田 章義(東京大学生産技術研究所):ベトナムの水田におけるメタン発酵消化液の液肥利用可能性の検討,第47回日本水環境学会年会講演集,p.363,2013年3月
7) 中村真人・相原秀基(農事組合法人和郷園)・藤川智紀(東京農大)・柚山義人・阿部邦夫(農事組合法人和郷園)・山岡 賢・折立文子:消化液濃縮改質畑利用マニュアル 第1章消化液の野菜栽培利用,畜産環境整備機構,pp.5-25,2013年2月
8) 中村真人・折立文子・柚山義人・山岡 賢・Dan N. P.(Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology)・Hanh D. V. B.(Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology): Ammonia volatilization from Vietnamese paddy soil treated with digested slurry from biogas digester, The 3st Symposium on JICA-JST Biomass Project in Vietnam, 2013年1月
9) 柚山義人:バイオマス産業都市を目指しましょう!,農工研メールマガジン,2013年1月
10) 柚山義人:TKBIT(つくばバイオマス・イノベーションタウン)の創造,第6回つくば3Eフォーラム会議,pp.1-3,スライド54枚,つくば国際会議場,2012年12月
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~eeeforum/6th3EF/
11) 柚山義人:バイオマスと再生可能エネルギーの利用による地域活力創造,ふくしま復興再生可能エネルギー産業フェア2012,スライド58枚,郡山市,2012年11月
12) 柚山義人:バイオマス利用とPlus価値創造農業を体験する(茨城県つくば市),慶応大学福澤諭吉記念文明塾テキスト,41p.,2012年11月
13) 柚山義人:自治体におけるバイオマス利用の取組について,小水力発電・バイオマス導入促進セミナー,茨城県科学技術振興課,水戸市,2012年11月
14) 柚山義人:ライフサイクルでの経済性・エネルギー生産性の高いバイオマス産業都市の構築を!,農工研ニュース,82,p.2,2012年11月
15) 柚山義人:藻類バイオマス利用の現地実証をみんなの力で進める,つくば藻類バイオマス利用ワークショップ2012,つくば市役所,つくば3Eフォーラム委員会・バイオマスタスクフォース,スライド36枚,2012年11月
16) 柚山義人:ビデオ「つくば藻類バイオマス利用ワークショップ2012」,つくば3Eフォーラム委員会・バイオマスタスクフォース,2012年11月
http://www.youtube.com/watch?v=uizC0o8Ef5I&feature=youtu.be
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~eeeforum/baio.html
17) 柚山義人:地域振興のためのバイオマス事業,平成24年度家畜ふん尿処理利用研究会「メタン発酵処理を取り巻く現状と課題」,畜産草地研究所,pp.85-114,2012年11月
18) NAKAMURA M., ORITATE F., YUYAMA Y. and YAMAOKA M.:Utilization of Digested Slurry from Biogas Digester as a Fertilizer in Vietnam to Minimize Environmental Pollution -Ammonia Volatilization from Paddy Field Soil, Japan-Vietnam Joint Workshop on Environmental Management of River Basin and Solis Wastes, 2012-3.2012.11, pp.165-176
19) Yoshito Yuyama, Fumiko Oritate, Masato Nakamura, Masaru Yamaoka, N.P. Dan(Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology), D.V.B. Hanh(Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology), N.L.Q. Thoai(Faculty of Environment, Hochiminh City University of Technology), Akiyoshi Sakoda(Institute of Industrial Science, The University of Tokyo), Kazuhiro Mochidzuki(Institute of Industrial Science, The University of Tokyo): Energy Balance in Rice Cultivation at C point (Experimental paddy field), Project Meeting , JST/JICA-SATREPS, "Sustainable Integration of Local Agriculture and Biomass Industries", スライド43枚,HCMUT, 18 October 2012
20) 柚山義人:農業・農村に革命をもたらすソーラーシェアリングの推進,いばらき自然エネルギーネットワーク主催第5回セミナー「一次産業としての農と発電の共存」,スライド10枚,茨城大学(水戸),2012年10月
21) 中村真人:家畜排せつ物から肥料とエネルギーを作る!!,第7回神戸大学ホームカミングデイ,スライド57枚,2012年10月
22) 柚山義人:地域が潤うエネルギー生産型農業・農村の構築,「未来農林事業開発研究会」主催2012年9月度JTTAS(日本工業技術振興協会)一般公開定期講演会,スライド102枚,秋葉原,2012年9月
23) 柚山義人・稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・栗島英明(芝浦工業大学)中村真人・清水夏樹(京都大学):バイオマス利用による地域活性化戦略,平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,北海道大学,pp.140-141,2012年9月
24) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:農業水利施設に設置された小水力発電施設の経済性,平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,北海道大学,pp.134-135,2012年9月
25) 中村真人・岡庭良安(JARUS)・岡原弘明(JARUS)・柚山義人・清水夏樹・山岡 賢・折立文子:生ごみを原料とするメタン発酵システムの温室効果ガス排出量,平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,北海道大学,pp.150-151,2012年9月
26) 折立文子・中村真人・北川 巌・山岡 賢・柚山義人:メタン発酵消化液を施用したベトナム水田土壌中の窒素形態変化,平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,北海道大学,pp.154-155,2012年9月
27) 清水夏樹(京都大学)・柚山義人・中村真人・山岡 賢:バイオマス活用によるエネルギーの地域自給率の向上効果,平成24年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,北海道大学,pp.142-143,2012年9月
28) 中村真人・折立文子・柚山義人・山岡 賢:メタン発酵消化液の施用がベトナムの水田土壌からのアンモニア揮散に与える影響,土壌肥料学会講演要旨集,鳥取大学,58,p.15,2012年9月
29) 折立文子・中村真人・山岡 賢・柚山義人・Nguyen Phuoc Dan(ホーチミン市工科大学)・Dang Vu Bich Hanh(ホーチミン市工科大学)・Nguyen Lam Quang Thoai(ホーチミン市工科大学): Applicability of methane fermentation digested slurry at paddy field in Vietnam (ベトナムの水田におけるメタン発酵消化液の適用可能性の検討),環境科学会2012年会,p.135,2012年9月
30) Thoai N.L.Q(Ho Chi Minh City University of Technology), Hanh D,V.B(Ho Chi Minh City University of Technology) , Dan N.P. (Ho Chi Minh City University of Technology), Tuan P.D. (Ho Chi Minh City University of Technology) , Oritate F., Yuyama Y., Nakumura M.,Yamaoka M., Mochizuki K. (University of Tokyo) and Sakoda A. (University of Tokyo): Balances of Water, Nitrogen and Phosphorus for rice crop at a paddy field in Southern Vietnam(ベトナム南部の水田における水,窒素,リンの収支),環境科学会2012年会,pp.136-137,2012年9月
31) 柚山義人:再生可能エネルギーの利用による農村振興,平成24年度茨城県農村振興技術連盟研修会,スライド102枚,水戸市,2012年7月
32) 柚山義人・中村真人:廃棄物処理試験実施報告書(試験期間 平成19年4月〜平成24年3月)千葉県廃棄物指導課,2012年7月
33) Yoshito Yuyama: Toward Biomass Town Tsukuba, Tsukuba University, 2012年7月
34) 柚山義人:つくばの宝を科学とコラボで磨く,最先端科学技術講座,つくば市総合教育研究所,2012年7月
35) 柚山義人:農村地域におけるバイオマス利活用システム,平成24年度農村工学中堅技術研修(農村振興係長A),スライド138枚,2012年7月
36) 柚山義人:バイオマス利用技術の展開方向,平成24年度農業土木技術研修会,新潟市,土地改良測量設計技術協会,2012年6月
37) 柚山義人:バイオマス利活用による6次産業化について,第9回つくばバイオマスもみがら研究会,スライド40枚,2012年6月
38) 柚山義人・清水夏樹:バイオマス利活用の取組効果の検証方法,農村計画学会2012年度春期大会学術研究発表会要旨集,東京大学弥生講堂,pp.4-5,2012年4月
39) 柚山義人:千葉県香取市での農業系バイオマス利用による地域活性化戦略,地域活性化をめざしたバイオマス利用技術戦略の立案手法の構築(K2370),平成23年度環境研究総合推進費補助金研究事業研究報告書,pp.26-42,2012年4月
40) 柚山義人:地域バイオマス利活用システムの実証と評価,農研機構主催・農林水産省委託プロジェクト研究「地域活性化のためのバイオマス利用技術の開発」研究成果発表会,ヤクルトホール,2012年3月
41) 中村真人:消化液を液肥利用するメタン発酵システムの温室効果ガス削減効果に関する検討,メタン発酵消化液の液肥利用に関する調査検討成果報告会,日本大学,13p.,2012年3月
42) 柚山義人:液肥利用を進める戦略,メタン発酵消化液の液肥利用に関する調査検討成果報告会,地域環境資源センター主催,日本大学,21p.,2012年3月
43) 清水夏樹・柚山義人・山岡 賢・中村真人:市町村のためのバイオマス活用計画の評価ガイド,152p.,農村工学研究所,2012年3月
44) 中村真人:メタン発酵消化液の畑地における液肥利用―肥料効果と環境への影響―,農村工学研究所,2012年3月
45) 中村真人:メタン発酵消化液(バイオ消化液肥)とは?―肥料効果と環境への影響―,農村工学研究所,2012年3月
46) 栗島英明(芝浦工業大学)・稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・柚山義人・岡本誠一郎(土木研究所)・伊藤幸男(岩手大学):バイオマス利活用による地域の社会的活性化に関する研究:社会的ネットワーク論の手法を用いて,日本LCA学会講演会,2p.,2012年3月
47) 柚山義人:地域バイオマス利活用のための社会システムの構築,NTSセミナー,スライド40枚,2012年1月
48) 柚山義人・清水夏樹・山岡 賢・中村真人:バイオマスタウンの構築と運営(手引き書),67p.,農村工学研究所,2011年12月
49) 柚山義人:パワーを生み出す農業・農村の構築,農村振興,744,pp.4-5,2011年12月
50) 中村真人:効果的な液肥利用を考える,液肥利用推進シンポジウム(京丹後市),2011年12月
51) 柚山義人:話題43:「バイオマスタウンの構築と運営」,Seneca21,2011年12月
http://seneca21st.eco.coocan.jp/index.html
52) ORITATE Fumiko, NAKAMURA Masato, YAMAOKA Masaru, KITAGAWA Iwao and YUYAMA Yoshito: Property of nitrogen mineralization derived from methane fermentation digested slurry in Vietnamese paddy field's soil for applying Methane Fermentation Digested Slurry to Paddy Field, JST/JICA (SATREPS) 7th Project Meeting ,スライド11枚,2011年12月
53) Yoshito YUYAMA: Lessons from Design, Manufacture, Operation and Maintenance of Small Scale Biogas Digester System in Japan, JST-JICA Project Sympojium" Sustainable Integration of Local Agriculture and Biomass Industries",ホーチミン市,2011年12月
54) YUYAMA Yoshito:Biomass Use in Rural Areas of Japan,Japan-China International Forum of Advanced Research on Biotechnology,スライド64枚,東京海洋大学,2011年11月
55) 中村真人:メタン発酵消化液の液肥利用研究の現状と今後の方向性,平成23年度農業農村工学会大会講演会企画セッション総括,農業農村工学会誌,79(11),p.78,2011年11月
56) 稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・柚山義人・岡本誠一郎(土木研究所)・伊藤幸男(岩手大学)・栗島英明(芝浦工業大学):バイオマス利用事例における地域活性化要因の抽出と因果関係の図式化,平成23年度廃棄物資源循環学会研究発表会講演集,pp.79-80,東洋大学,2011年11月
57) N. T. Thang, B. T. M. Phuong, D .V. B. Hanh, N. P. Dan, L. T. K. Phung, P. D. Tuan, Y. Yuyama, F. Oritate, K. Mochidzuki and A. Sakoda: Evaluation of the material flows of utilization of husbandry wastes to produce biogas in Thai My Village- Cu Chi District,ポスター発表, 8th Biomass-Asia Workshop, 2011年11月
58) 柚山義人:バイオマス利活用が牽引する農村振興,セッションB17「農村振興策と農業バイオマス」,バイオマスエキスポ2011,スライド35枚,2011年10月
59) ORITATE Fumiko, NAKAMURA Masato, YAMAOKA Masaru, KITAGAWA Iwao and YUYAMA Yoshito: Clarifying property of Vietnamese paddy field's soil for applying Methane Fermentation Digested Slurry to Paddy Field, JST/JICA (SATREPS) 6th Project Meeting ,スライド14枚,2011年10月
60) 柚山義人:バイオマス利活用システムと地域活性化を体験する(千葉県香取市),慶応義塾大学福澤諭吉記念文明塾「環境教育プログラム2011」,36p.,2011年10月
61) 柚山義人・清水夏樹・中村真人・山岡 賢・和田邦彦(ヤンマーエネルギーシステム株式会社):自立型メタン発酵システム導入の提案,農村計画学会復興支援シンポジウム(ポスター),仙台市,2011年10月
62) 清水夏樹・渡辺真季(栃木県庁):震災復興計画における再生可能エネルギー,農村計画学会復興支援シンポジウム(ポスター),仙台市,2011年10月
63) 藤川智紀・中村真人・中村貴彦・駒村正治:室内カラム試験によるメタン発酵消化液の環境影響の評価,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,九州大学,pp.14-15,2011年9月
64) 柚山義人・山岡 賢・中村真人・清水夏樹:メタン発酵プラントの経済性評価,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,九州大学,pp.638-639,2011年9月
65) 山岡 賢・中村真人・折立文子・柚山義人:メタン発酵消化液ろ液から抽出・固形化したアンモニアの木炭への添着,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,九州大学,pp.652-653,2011年9月
66) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・山岡 賢・清水夏樹・折立文子:メタン発酵消化液の長期連用が畑地土壌の窒素収支と土壌炭素蓄積に及ぼす影響,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,九州大学,pp.646-647,2011年9月
67) 折立文子・中村真人・山岡 賢・柚山義人:メタン発酵消化液の長期的な連用が土壌微生物に与える影響,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,九州大学,pp.650-651,2011年9月
68) 清水夏樹・柚山義人:バイオマス利活用システムのライフサイクル評価における枠組み,九州大学,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.634-635,2011年9月
69) 柚山義人:農村地域における健全なバイオマス利活用の推進中央環境審議会「循環型社会計画部会」,スライド54枚(27頁),環境省,2011年9月
70) 清水夏樹:バイオマス活用推進計画策定に係る調査フロー及びバイオマス賦存量の算定方法,社団法人日本有機資源協会平成23年度バイオマス活用アドバイザー養成研修テキスト,43p.,2011年9月
71) 柚山義人:農業とバイオマス,平成23年度農業者大学校テキスト,46p.,2011年9月
72) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・山岡 賢・清水夏樹・阿部邦夫・相原秀基:メタン発酵消化液の畑地における液肥利用とその環境影響,九州大学,平成23年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.12-13,2011年9月
73) 柚山義人:農村地域におけるバイオマス利活用システム,平成23年度農村工学中堅技術研修(農村振興係長A)テキスト,18p.,2011年8月
74) Fumiko Oritate, Masato Nakamura, Yoshito Yuyama, Masaru Yamaoka, Nguyen Phuoc Dan, Dang Vu Bich Hanh, Vo Le Phu :Survey Report in June 2011 and Study Plan at Demonstration Field "C point" for use of Methane Fermentation Digested Slurry ,JST/JICA (SATREPS) 5th Project Meeting ,2011年8月
75) 中村真人:メタン発酵消化液の利用と問題点,平成23年度日本土壌肥料学会講演要旨集,p.57,つくば,2011年8月
76) 柚山義人:バイオマスパワーを活かす,千葉県バイオマス利用推進交流会資料,pp.1-8,きぼーる(千葉市),2011年8月
77) 中村真人:香取市におけるメタン発酵の地域実証研究〜乳牛ふん尿,野菜残さからエネルギーと肥料を作る!!〜,千葉県バイオマス利用推進交流会資料,きぼーる(千葉市),pp.32-33,2011年8月
78) 山岡 賢:バイオマス利活用技術,平成23年度農村工学中堅技術研修(第1回),2分冊の2,55p.,2011年7月
79) YUYAMA Yoshito, NAKAMURA Masato: Technologies for the Development of Rural-type Biomass Town and Project Cycle Management, ASEAN+3 Biomass Energy Forum, スライド93枚,2011年7月
80) 柚山義人:バイオマス利活用で築く絆つながる夢ふるさと,関東農政局平成23年度第3回地域リーダー・有識者との意見交換会資料,スライド64枚,2011年7月
81) 柚山義人:話題37:「農業・農村における創エネと節エネ」,Seneca21,2011年5月
http://seneca21st.eco.coocan.jp/index.html
82) 柚山義人・清水夏樹:バイオマス利活用による地域活性化方策の発掘,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,東京大学弥生講堂,pp.14-15,2011年4月
83) 清水夏樹・柚山義人:バイオマスタウン構想の実現に向けた収益性・エネルギー収支のライフサイクル的評価,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,東京大学弥生講堂,pp.16-17,2011年4月
84) 柚山義人:農業系バイオマスの利用と地域活性化要因,地域活性化をめざしたバイオマス利用技術戦略の立案手法の構築(K22022),平成22年度循環型社会形成推進科学研究費補助金研究報告書,pp.4-13,2011年4月
85) 柚山義人:バイオマス多段階利用の都市近郊農畜産業型モデル,農研機構発−農業新技術シリーズ第3巻 農業・農村環境の保全と持続的農業を支える新技術 独立行政法人 農業食品産業技術総合研究機構編,農林統計出版,pp.176-179,2011年3月
86) 柚山義人:計画策定に役立つ地域バイオマス利活用診断ツール,農研機構発−農業新技術シリーズ第3巻 農業・農村環境の保全と持続的農業を支える新技術 独立行政法人 農業食品産業技術総合研究機構編,農林統計出版,pp.180-183,2011年3月
87) 柚山義人:バイオマス活用研究の新展開,平成22年度農村工学研究所研究会,8p.(スライド16枚),2011年3月
88) 中村真人:メタン発酵消化液の液肥利用の環境影響評価,農研機構発−農業新技術シリーズ第3巻 農業・農村環境の保全と持続的農業を支える新技術 独立行政法人 農業食品産業技術総合研究機構編,農林統計出版,pp.184-187,2011年3月
89) 中村真人:私のビジョン「メタン発酵消化液の液肥利用を根付かせるために」,農業農村工学会誌,79(3),pp.58-60,2011年3月
90) 中村真人:メタン発酵消化液の液肥利用を根付かせるために,私のビジョン,農業農村工学会学会誌,79(3),pp.58-60,2011年3月
91) 稲葉陸太(国立環境研究所)・松橋啓介(国立環境研究所)・柚山義人・岡本誠一郎(土木研究所)・伊藤幸男(岩手大学)・栗島英明(芝浦工業大学):地域活性化をめざしたバイオマス利用戦略の検討,第6回日本LCA学会研究発表会,東北大学,2011年3月
92) 清水夏樹:構想策定手法−5.1構想策定に係る調査フロー,5.2バイオマス賦存量の算定方法(演習),農林水産省平成22年度国産バイオ燃料普及促進事業バイオマスタウンアドバイザー養成研修テキスト,日本有機資源協会,20p.,2011年3月
93) Oritate Fumiko, Yuyama Yoshito, Yamaoka Masaru, Nakamura Masato, Shimizu Natsuki:
Regional demonstrational study on biomass use focusing methane fermentation, 第5回日韓農業農村振興実務者ワークショップ,ソウル,4p.,スライド30枚,2011年2月
94) Ken'ichi Nakagami(Ritsumeikan University), Kazuyuki Doi(NAIGAI Engineering CO.,LTD), Yoshito Yuyama(National Institute for Rural Engineering, National Agriculture and Food Research Organization) and Hidetsugu Morimoto(Kyoto University): 4-1 Biomass town development and opportunities for integrated biomass utilisation, 4.Regional initiative of self sustaining models, "Sustainability Science IV - Designing Our Future :Perspectives on Bioproduction, Ecosystem and Humanity ", pp.148-162 ,2011年1月
95) Fumiko Oritate: Actual proof of a methane fermentation system contributing to local production for local consumption of resources, Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development "Sustainable Integration of Local Agriculture and Biomass Industries",3rd Project Meeting, ポスター発表,2011年1月
96) Masato NAKAMURA, Yoshito YUYAMA, Fumiko ORITARE and Masaru YAMAOKA:Utilization of methane fermentation digested slurry as a liquid fertilizer: A case study in Japan, The 1st Symposium on JICA-JST Biomass Project in Vietnam, Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development "Sustainable Integration of Local Agriculture and Biomass Industries",スライド31枚,2011年1月
97) 柚山義人:バイオマス資源循環社会の実現に向けて,財団法人エンジニアリング振興協会「循環型社会システム研究会」,20p.,スライド178枚,2010年12月
98) 柚山義人:つくば市におけるバイオマス利活用のロードマップ,第4回つくば3Eフォーラム会議,pp.4-6,スライド72枚,筑波大学,2010年12月
99) 柚山義人・清水夏樹:つくば3Eフォーラム・バイオマスタスクフォースの取り組み(ポスター),第4回つくば3Eフォーラム会議,筑波大学,2010年12月
100) 柚山義人:資源の地産地消に資するメタン発酵システムの実証(ポスター),第4回つくば3Eフォーラム会議,筑波大学,2010年12月
101) Yoshito YUYAMA:Tsukuba Biomass Town Initiative-Activity and Future plan, The lst Asia-Oceania Algae Innovation Summit, p.13,スライド32枚,筑波大学,2010年12月
102) 柚山義人:バイオマスタスクフォース中間活動記録,96p.,つくば3Eフォーラム委員会バイオマスタスクフォース,2010年11月
103) 柚山義人:Go Go Biomass 2010 in Yatabe JHS,次世代環境教育カリキュラム,12p.,つくば市立谷田部中学校,2010年11月
104) 柚山義人:水田農業と持続的社会,「イネイネ・日本」プロジェクト第9回シンポジウム「イネと水田とバイオマスタウン」,9p.,スライド105枚,2010年11月
105) 柚山義人:「沢田賞」農業集落排水から地域バイオマスの利活用システムへの展開,農業農村工学会誌,78(11),pp.68,2010年11月
106) Masayuki Maeda, Takashi Saito, Fumiko Oritate, Nobuyuki Kijima: Survival of E.Coli O157:H7 in growing Tomato plants(ポスター発表),第26回日本微生物生態学会大会Program & Abstracts,筑波大学,p.171,2010年11月
107) 柚山義人・土井 和之(内外エンジニアリング株式会社):「地域バイオマス利活用診断ツール」利用マニュアルVer.1.0,第150回農林交流センターワークショップ「バイオマスタウン設計・評価支援ツールの開発」,筑波農林交流センター・農研機構農村工学研究所,2010年10月
108) 柚山義人:農村地域におけるバイオマスエネルギー利用に関するロードマップ,化学工学会エネルギー部会「骨太のエネルギーロードマップ第2版制作委員会」編集「実装可能なエネルギー技術で築く未来―骨太のエネルギーロードマップ2―」,(株)化学工業社,pp.78-85,2010年10月
109) 柚山義人:バイオマス利活用概論,バイオマス利活用に関わる施策と制度,バイオマス多段階利用システム化技術,地域でのバイオマス利活用推進戦略,農業者大学校講義テキスト「農業とバイオマス」,44p.,2010年9月
110) 柚山義人:つくば3Eフォーラム・バイオマスタスクフォースのチャレンジに夢をのせて 〜人と技術と制度と資金がつくる社会実験〜,夢追いサロンつくば,39p.,2010年9月
111) 柚山義人:バイオマスのフル活用〜地域活性化のためのバイオマス利活用方策のデザイン〜,AGRI-COCOON平成22年度バイオマス利用研究ゼミナールテキスト,農村工学研究所,36p.,2010年9月
112) 中村真人・阿部邦夫・相原秀基・柚山義人・山岡 賢・清水夏樹・折立文子・藤川智紀:メタン発酵プラントのトラブル対策からの教訓,平成22年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,神戸大学,pp.718-719,2010年9月
113) 中村真人・柚山義人・山岡 賢:消化液を液肥利用するメタン発酵システムの評価,環境科学会2010年会講演要旨集,東洋大学,pp.114-115,2010年9月
114) ORITATE Fumiko, YUYAMA Yoshito, YAMAOKA Masaru and NAKAMURA Masato: Progress of activity for impact analysis of proposed biomass use on agriculture and environment, JST/JICA Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development (SATREPS) Sustainable Integration of Local Agriculture and Biomass Industries, 2nd Project Meeting, 19p., HCMUT, 2010年8月
115) 柚山義人:基本的な考え方(地域エネルギー・資源循環利用計画),改訂第7版農業農村工学ハンドブック本編,農業農村工学会,pp.239-241,2010年8月
116) 山岡 賢:硝化・脱窒,改訂第7版農業農村工学ハンドブック基礎編,農業農村工学会,pp.394-396,2010年8月
117) 柚山義人・中村真人・清水夏樹・山岡 賢・折立文子:メタン発酵消化液の新たな観点での価値評価,平成22年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,神戸大学,pp.704-705,2010年8月
118) 清水夏樹・柚山義人:飼料米栽培事例に基づくバイオ燃料原料米栽培のエネルギー収支,平成22年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,神戸大学,pp.708-709,2010年8月
119) 折立文子・柚山義人・中村真人・山岡 賢:ベトナム南部におけるバイオマス利活用が環境へ及ぼす影響の予測,平成22年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,神戸大学,pp.710-711,2010年8月
120) 山岡 賢・中村真人・折立文子・柚山義人:メタン発酵消化液から抽出・固形化したアンモニアの回収方法の検討,平成22年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,神戸大学,pp.714-715,2010年8月
121) 柚山義人:農業集落排水から地域バイオマスの利活用システムへの展開,平成22年度農業農村工学会大会講演会概要集,神戸大学,pp.98-99,2010年8月
122) 荻野暁史(畜草研,正)・池口厚男(畜草研,正)・中村真人(農工研)・阿部邦夫(和郷園)・相原秀基(和郷園)・横山 浩(畜草研)・山下恭広(畜草研)・田中康男(畜草研):乳牛ふん尿を主原料とするメタン発酵消化液貯留槽からの環境負荷ガス発生量の測定, 2010年度農業施設学会大会講演要旨,新潟大学,pp.63-64,2010年8月
123) 柚山義人:ミッション発動! つくばのバイオマス利活用,つくばバイオマスワークショップ2010,つくば市役所,50p.,2010年8月
124) 柚山義人:農村地域におけるバイオマス利活用システム,農村振興係長A研修テキスト,23p.,2010年7月
125) 柚山義人・山岡 賢・中村真人・折立文子・清水夏樹:バイオマスの力〜輝くまちづくり,そして地球を守る〜,サマーサイエンスキャンプ2010テキスト,43p.,農村工学研究所,2010年7月
126) 柚山義人:資源の地産地消に貢献するメタン発酵システムの実証,農工研ニュース,68,p.2,2010年7月
127) Nakamura Masato, Yuyama Yoshito, Oritate Fumiko and Yamaoka Masaru:Impacts of Application of Methane Fermentation Digested Slurry on Nitrogen Leaching and Nitrous Oxide Emissions from Upland field, JST-JICA Project "Sustainable Integration of Local Agriculture and Biomass Industries" Project Meeting 講演要旨集,pp.30-38,2010年3月
128) 柚山義人:バイオマス利活用技術の展開方向,平成22年度農業土木技術研修会,35p.,2010.6, 2010.7
129 中村真人:地域バイオマス資源の循環を成立させる消化液の利活用,畜産コンサルタント,46(5),pp.36-41,2010.5
130) 柚山義人・清水夏樹:地域バイオマス利活用施策の外部経済発掘の提案,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,pp.23-24, 2010.4
131) 清水夏樹・柚山義人:耕畜連携を目指したバイオマス利活用シナリオの効果と影響〜千葉県K市を対象とした養豚農家と耕作農家の連携シナリオ〜,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,pp.21-22,2010.4
132) 柚山義人:本格的なバイオマスタウン構築へのアプローチ,第7回CEE シンポジウム「温暖化問題を解決するバイオマス利用のありかた」講演要旨集,pp.59-78,2010.4
133) 柚山義人:バイオマスタウン構想策定に係る調査と試験の方法,バイオマスタウンアドバイザー育成テキスト,農林水産省平成21年度環境バイオマス総合対策推進事業(全国普及・啓発事業),JORA(日本有機資源協会),pp.374-414,2010.3
134) 柚山義人:地域バイオマス資源の循環を成立させる堆肥と消化液の利用,畜産環境整備機構主催「モデル普及シンポジウム」,日本教育会館(千代田区神田神保町),PPTスライド135枚,2010.3
135) 柚山義人:自然と共生して豊かに暮らせる快適なまちづくりのためのバイオマス利活用, 第1回市原市バイオマス利活用推進協議会資料,PPTスライド16枚,2010.2
136) 柚山義人:都市・農村交流型カーボンオフセットファーミングの意義と評価法,NPO法人えがおつなげて,「低炭素社会を実現するための都市と農村の交流型カーボンオフセットファーミング実践及び普及事業」(郵便事業株式会社による平成21年度カーボンオフセット年賀寄附金配分事業)第3回カーボンオフセットファーミング専門委員会,PPTスライド39枚,2010.2
137) Yuyama Yuyama, Kazuhiro Mochidzuki(東京大学), Kuniio Abe(農事組合法人和郷園) and Yoshifumi Nakamura(元・農工研): Circulative Farming System Using Bio-liquid Fertilizer Produced by Methane Fermentation, Proceedings of 14th World Fertilizer Congress of the International Scientific Centre of Fertilizers (ISBN 978-973-1888-22-4), pp.533-538, CIEC/LDD/FAL, printed in Romania, 2009
138) 柚山義人・野田高弘(北海道農業研究センター)・小綿寿志(東北農業研究センター)・陣川雅樹(森林総合研究所)・渡辺輝夫(九州沖縄農業研究センター)・凌 祥之・林 清忠(中央農業総合研究センター):「バイオマス利用モデルの構築・実証・評価」の概要,農林水産省委託プロジェクト研究「地域活性化のためのバイオマスの利用技術の開発」中間成果発表会講演要旨,pp.20-21,農研機構,2009.12
139) 柚山義人:バイオマス利用モデルの構築・実証・評価(ポスター), 農林水産省委託プロジェクト研究「地域活性化のためのバイオマスの利用技術の開発」中間成果発表会講演要旨,V-1,農研機構, 2009.12
140) 清水夏樹・柚山義人:ライフサイクル的にみたバイオマス利活用システムの評価事例(ポスター), 農林水産省委託プロジェクト研究「地域活性化のためのバイオマスの利用技術の開発」中間成果発表会講演要旨,V-4,農研機構,2009.12
141) Natsuki Shimizu and Yoshito Yuyama: Lessons from evaluation trials of biomass utilization in suburban agricultural and livestock industrial areas, International Workshop on Life Cycle Assessment for Biofuel Production and Biomass Utilization, pp.83-88,2009.12 (国際ワークショップ「バイオ燃料生産・バイオマス利活用のLCAとその政策利用−日米欧における実践報告−」)
142) Nakamura Masato, Yuyama Yoshito and Yamaoka Masaru:Impacts of Application of Methane Fermentation Digested Liquid to an Upland Field on Nitrogen Leaching,The second Korea & Japan Collaborative Symposium”Current Studies of Biomass”, pp.21-31, 2009.12
143) Yuyama Yoshito, Yamaoka Masaru, Nakamura Masato, Shimizu Natsuki and Oritate Fumiko:Evaluation Methodology of Biomass Use System,The second Korea & Japan Collaborative Symposium”Current Studies of Biomass”, pp.51-65, 2009.12
144) Yoshito YUYAMA, Akiyoshi SAKODA(東京大学), Kazuhiro MOCHIDZUKI(東京大学), Fumiko ORITATE, Shigeo OGAWA, Yoji KUNIMITSU, Masaru YAMAOKA and Masato NAKAMURA: Estimation methodology of impact for the rural community and environment by the newly proposed biomass use system in southern Vietnam ,JIRCAS国際セミナー「メコンデルタにおける地球温暖化対策と農村開発」,PPTスライド和文・英文各36枚,2009.11
145) 柚山義人:地域発のバイオマス利用と環境保全 ,平成21年度 茨城県エコ・カレッジ基礎コース ,PPTスライド115枚,茨城県霞ケ浦環境科学センター,2009.10
146) 土井和之(内外エンジニアリング(株))・森本英嗣(京都大学)・仲上健一(立命館大学)・柚山義人:バイオマスを総合的に利活用する地域システムの評価手法開発,第9回環境技術学会研究発表大会(予稿集),pp.145-146,2009.9
147) 清水夏樹・柚山義人:エネルギー収支・経済性・環境負荷からみたバイオマス利活用シナリオの評価,2009年度農村計画学会秋期大会学術研究発表会要旨集,p.6,2009.9
148) 中村真人・藤川智紀(東京農業大学)・柚山義人・山岡 賢・清水夏樹:メタン発酵消化液施用直後の降雨が土壌中の窒素動態に与える影響,2009年度日本土壌肥料学会年次大会講演要旨集,p.7,2009.9
149) 望月和博(東京大学生産技術研究所)・阿部邦夫(農事組合法人和郷園)・柚山義人(農研機構農村工学研究所)・迫田章義(東京大学生産技術研究所):千葉県香取市の農畜産地域バイオマス利用実証プラントにおけるマテリアルフロー,環境科学会2009年会一般公演・シンポジウム・ポスターセッションプログラム,pp.56-57(講演番号1B-1100),2009.9
150) 望月和博(東京大学生産技術研究所)・近藤弘章(いであ株式会社)・柚山義人・迫田章義(東京大学生産技術研究所):地域バイオマス利活用システム設計支援ツールの構築,化学工学会第41回秋季大会要旨集(CD-ROM版),講演番号X216,2009.9
151) 柚山義人:バイオマス利活用政策評価の論点,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.206-207,2009.8
152) 柚山義人・野田高弘・西尾 隆・今冨裕樹・薬師堂謙一・凌 祥之・林 清忠:地域バイオマス利活用の研究成果を活かす方策,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.130-131,2009.8
153) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:メタン発酵消化液からのアンモニアの新たな抽出方法の検討,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.824-825,2009.8
154) 中村真人・藤川智紀(東京農業大学)・柚山義人・山岡 賢:メタン発酵消化液を施用した黒ボク畑からの窒素の溶脱特性,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集, pp.828-829,2009.8
155) 清水夏樹・柚山義人・中村真人:バイオ燃料原料としての多収米栽培におけるエネルギー収支と経済性,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.208-209,2009.8
156) 折立文子・藤川陽子(京都大学)・福井正美(京都大学):メタン発酵消化液中のエストロゲンの分解性の検討,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.830-831,2009.8
157) 土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・仲上健一(立命館大学)・森本英嗣(京都大学)・柚山義人:バイオマス総合利活用地域構想についての環境・経済評価のシステム化,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.176-177,2009.8
158) 森本英嗣(京都大学)・土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・星野 敏(京都大学)・柚山 義人・九鬼 康彰(京都大学):地域へ与えるバイオマス利活用効果に関するシナリオ評価−千葉県K市を事例として−,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.178-179,2009.8
159) 藤川智紀(東京農業大学)・中村真人・中村貴彦(東京農業大学)・駒村正治(東京農業大学):土壌カラム実験によるメタン発酵消化液由来窒素の動態解明,平成21年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,pp.826-827,2009.8
160) 柚山義人:始動!つくば3Eフォーラム・バイオマスタスクフォース,ワークショップ「ゴーゴー バイオマス2009 in Tsukuba」(平成21年度農業農村工学会大会併設行事),筑波研究学園都市交流協議会「つくば3Eフォーラム」委員会,スライド12枚,2009.8
161) 柚山義人:つくば市バイオマスタウン構想をつくろう,ワークショップ「ゴーゴー バイオマス2009 in Tsukuba」(平成21年度農業農村工学会大会併設行事),筑波研究学園都市交流協議会「つくば3Eフォーラム」委員会,スライド12枚,2009.8
162) 柚山義人:山田バイオマスプラントでの実証研究,ワークショップ「ゴーゴー バイオマス2009 in Tsukuba」(平成21年度農業農村工学会大会併設行事),筑波研究学園都市交流協議会「つくば3Eフォーラム」委員会,スライド3枚,2009.8
163) 柚山義人:協働によるバイオマス利活用の社会実証実験へ向けて,第3回つくば3Eフォーラム会合,筑波研究学園都市交流協議会「つくば3Eフォーラム」委員会,スライド30枚,2009.8
164) 中村真人:メタン発酵消化液を液肥として施用した場合の畑地における窒素肥料効果と温室効果ガスの発生特性,畑地農業,607,pp.14-20,2009.6
165) 柚山義人・清水夏樹:エネルギー生産型農業システムの探求,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,pp.23-24,2009.4
166) 清水夏樹・柚山義人:エネルギー・経済・環境の観点からみたバイオマス利活用計画評価の試み,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,pp.7-8,2009.4
167) 土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・森本英嗣(京都大学)・柚山義人・仲上健一(立命館大学):地域におけるバイオマス総合利活用シナリオの評価手法,環境技術学会誌,38(3),pp.45-50,2009.3
168) 山岡 賢:環境保全I,秋田学会セッション座長総括,農業農村工学会誌,77(2),p.54,2009.2
169) 柚山義人:バイオマス利活用による輝くマチづくり〜人と技術と制度をつなげて〜,バイオマスタウンセミナー,エポカル,8p.,2009.2
170) 柚山義人:未来を拓くバイオマスの利用〜力を合わせるマチづくり〜,藤心夢工房「夢をもって生きよう,仲間とともに」,柏市藤心近隣センター,8p.,2009.1
171) 柚山義人:山田バイオマスプラントの見学者が5,000人を突破,農工研ニュース59号,p.3,2009.1
172) 柚山義人:わがマチを輝くバイオマスタウンに,「東北バイオマス研修会in宮城」基調講演,仙台市,10p.,PPT138枚,2008.11
173) 柚山義人:バイオマス! 使ってどうするTsukubaのマチ,「つくば科学フェスティバル2008」特別講演,PPT70枚,つくばカピオホール,2008.11
174) Yoshito YUYAMA,Masato NAKAMURA and Masaru YAMAOKA:Demonstration of a Pilot-scale Biomass Cascade Use System,Report for Japan & Korea Collaborative Symposium “Research of Optimal Biomass Use”,pp.3-5,37-73,2009.1
175) Yoshito Yuyama: Challenge to Develop a Community-basis Biomass Use System,AIST-IEA Bioenergy Task29 WorkShop”Socio-Economic Drivers in Implementing Bioenergy Projects”,PPT82枚,2008.10
176) 柚山義人:「なぜ今,バイオマスか」,「バイオマス利活用の技術」,Seneca21,2008.10(http://seneca21st.eco.coocan.jp/index.html
177) 柚山義人:バイオマスタウン構想策定に係る調査と試験の方法,平成20年度環境バイオマス総合対策推進事業バイオマスタウンアドバイザー養成研修テキスト,JORA,農林水産省,pp.1-46,2008.10
178) 柚山義人:バイオマス利活用による環境保全,霞ヶ浦研究会報11号,pp.63-72,霞ヶ浦研究会,2008.9
179) 清水夏樹・柚山義人:資源作物生産特性の要素変換技術データベース化,環境科学会2008年会シンポジウム「バイオマス利活用のシステム設計と評価」,サピアタワー(東京駅八重洲口),pp.130-131,2008.9
180) 森本英嗣(京都大学)・土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・星野 敏(京都大学)・柚山義人・九鬼康彰:バイオマス利活用総合評価モデルの開発とその適用〜バイオマスタウン構想公表市町村38地区を対象として〜,2008年度農村計画学会秋期大会学術研究発表会要旨集,2008年9月13日(土)-14日(日),宇都宮大学(峰キャンパス),p.5,2008.9
181) 飯田俊彰(東京大学)・酒井一人(琉球大学)・登尾浩助(明治大学)・中村真人・藤川智紀(東京農業大学):「戦略的研究申請書作成」の助成金による活動の中間報告,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp. 94-95,2008.8
182) 森本英嗣(京都大学)・土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・仲上健一(立命館大学)・柚山義人・星野 敏(京都大学)・九鬼康彰(京都大学):バイオマスタウンの地域診断評価モデルの適用に関する研究,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.894-895,2008.8
183) 土井和之(内外エンジニアリング)・仲上健一(立命館大学)・森本英嗣(京都大学)・柚山義人:バイオマス総合利活用シナリオの環境・経済評価手法,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.896-897,2008.8
184) 藤川智紀(東京農業大学)・中村真人・柚山義人:メタン発酵消化液の農地施用が温室効果ガス発生と土中ガス濃度の及ぼす影響,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.856-857,2008.8
185) 清水夏樹・柚山義人・山岡 賢・中村真人:資源作物の生産特性の比較,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.292-293,2008.8
186) 中村真人・藤川智紀(東京農業大学)・柚山義人・山岡 賢:メタン発酵消化液,農業集落排水汚泥コンポストを2年間連用した畑地土壌からの温室効果ガス発生,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.858-859,2008.8
187) 山岡 賢・柚山義人・中村真人・人見忠良:Simdcap(シンドキャプ)法からSimdcap-SD(エス・ディ)法への発展,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.850-851,2008.8
188) 柚山義人・山岡 賢・中村真人・清水夏樹:バイオマス利活用による化石エネルギー消費量の削減可能性,平成20年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,秋田県立大学,pp.898-899,2008.8
189) 柚山義人:メタン発酵を軸にしたアグリ・バイオマスタウンの構築:平成20年度第1回バイオガス事業経営研究会,バイオガス事業推進協議会,憲政記念館,pp.1-12,2008.7
190) 柚山義人:農村地域におけるバイオマス利活用システム,平成20年度行政技術研修(係長研修A),21p.&PPT126枚&付属資料,2008.7
191) 柚山義人:バイオマス利活用による新たな農の展開,平成20年度日本生物環境工学会関東支部講演会テキスト,機械振興会館(港区芝公園),pp.20-43(PPT48枚),2008.7
192) 柚山義人・冨樫辰志(中央農研)・羽賀清典(畜草研)・島 武男・山本幸一(森林総合研究所)・渡邉 信(筑波大学)・土井和之(内外エンジニアリング株式会社)・つくば市環境都市推進室,つくば3Eフォーラム・バイオマス技術タスクフォース:バイオマスタウンつくばの構築にむけて,第2回つくば3Eフォーラム,筑波大学,PPT20枚,2008.6
193) 柚山義人・清水夏樹・中村真人・山岡 賢・島 武男:農林業物質循環システムの研究,委託業務成果報告書,科学技術連携施策群の効果的・効率的な推進「バイオマス利活用システムの設計・評価手法」,90p.,2008.5
194) 清水夏樹・柚山義人・中村真人:資源作物栽培を組み込んだ地域バイオマス利活用システムの評価−ソルガムの実証栽培をもとにして−,システム農学会2008年度春季大会inえひめ西条,シンポジウム・一般研究発表会要旨集,愛媛県西条市,pp.51-52,2008.5
195) 柚山義人:地産地消のバイオマス利活用,農工研一般公開ミニ講演会,スライド28枚,2008.4
196) 柚山義人・山岡 賢・中村真人・清水夏樹:バイオマス変換プラントのライフサイクルコスト形成,農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集,pp.25-26,2008.4
197) 柚山義人・清水夏樹:私たちの食とバイオマス,パネルディスカッション資料関東バイオマス発見・活用促進事業シンポジウム,PPT28枚,2008.3
198) 柚山義人:書評,「バイオマスは地球環境を救えるか」(木谷 収 著,岩波ジュニア新書 2007年11月発行),農業農村工学会誌,76(2),p.64,2008
199) 柚山義人:バイオマス多段階利用の実証研究,農林水産省地域バイオマス発見活用促進事業「東海バイオマスフェア」,メルパルクNAGOYA,PPT60枚,2008.2
200) 柚山義人・清水夏樹・中村真人・山岡賢・島 武男:農林業物質循環システムの研究,バイオマス利活用連携群 平成17・18年度対象施策成果報告会要旨集,pp.35-44,内閣府主催,東京大学弥生講堂,2008.2
201) 柚山義人:地域でのバイオマス利活用推進の評価軸,バイオマス利活用診断評価手法研究会立命館大学,11p.,2008.2
202) 清水夏樹:地域活性化のためのバイオマス研究,農林水産省地域バイオマス発見活用促進事業「バイオマス発見活用促進セミナーin岡山」,岡山大学創立50周年記念館,pp.50-52(PPT6枚),2008.2
203) 柚山義人:アグリバイオマスタウンの構築に向けて,食品と容器,49(1),pp.6-13,2008.1
204) 柚山義人:地域活性化のためのバイオマス利用の実証研究,食料と安全,5(12),pp.32-39,2007.12
205) 清水夏樹:地域活性化のためのバイオマス研究,農林水産省地域バイオマス発見活用促進事業シンポジウム「バイオマスタウン円卓会議・バイオマスタウン新時代」,エコプロダクツ2007,東京ビッグサイト,PPTスライド5枚,2007.12
206) 清水夏樹:資源作物生産とそのバイオ燃料利用についての評価の視点,環境技術,vol.36,pp.18-23,2007.12
207) 柚山義人:バイオマスタウンつくばを目指して,第1回つくば3Eフォーラム会議,つくば市(筑波大学),p.34,2007.12
208) 柚山義人:地域活性化のためのバイオマス研究,シンポジウム「地域におけるバイオマスの総合的利活用と地域活性化への挑戦」,アグリビジネス創出フェア2007,東京国際フォーラム,PPTスライド11枚,2007.11
209) 柚山義人:健全な循環型社会形成のために〜農からの視点〜,中央環境審議会第39回循環型社会計画部会資料,15p.,つくば市,2007.11
210) 柚山義人:バイオマス利活用による資源循環型社会の構築,農業農村シンポジウム2007「バイオマス利活用〜自然の恵みで持続可能な社会づくり」,茨城県ひたちなか市,茨城県,10p.,2007.11
211) 柚山義人・折登一隆 ・西尾 隆・今冨裕樹・薬師堂謙一・凌 祥之・ 斎藤雅典・片山秀策:プロジェクト研究「バイオマス利用モデルの構築・実証・評価」の概要について,ARIC情報,87,pp.11-15,2007.11
212) 柚山義人:地産地消のバイオマス利活用,北陸農研一般公開講演会,上越市,7p.,2007.10
213) 柚山義人:構想策定に係る調査フロー,バイオマス利活用コーディネーター養成事業テキスト,平成19年度地域バイオマス発見・活用加速化事業(全国事業),日本有機資源協会,40p.,2007.10
214) 柚山義人:山田バイオマスプラントを活用した新規研究,農工研ニュース,51,4 p.,2007.9
215) 柚山義人:バイオマス多段階利用の実証研究からの教訓,日本生物工学会大会講演要旨集,広島大学,p.25,2007.9
216) 柚山義人・清水夏樹・山岡 賢・中村真人:農畜産業型バイオマスタウン構築のための組織連携,平成19年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,島根大学,pp.1012-1013,2007.8.
217) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:減圧蒸留によるメタン発酵消化液ろ液中のアンモニアの減少,平成19年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,島根大学,pp.592-593,2007.8.
218) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・山岡賢:メタン発酵消化液,農業集落排水汚泥コンポストを施用した畑地からの窒素の溶脱と温室効果ガス発生,平成19年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,島根大学,pp.614-615,2007.8.
219) 清水夏樹・柚山義人:資源作物(ソルガム)栽培に係る消費エネルギー,平成19年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,島根大学,pp.594-595,2007.8.
220) 藤川智紀・中村真人・柚山義人:メタン発酵消化液の施用による土壌からの温室効果ガス発生,平成19年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,島根大学,pp.612-613,2007.8.
221) 柚山義人・清水夏樹・高橋順二:バイオマス利活用による資源循環型社会システム構築を目指した情報発信,平成19年度農業農村工学会大会講演会概要集,島根大学,pp.90-91,2007.8.
222) 柚山義人:バイオマスはエネルギーの貯金箱,そして玉手箱になる,保険展望,p.18,2007.8.
223) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・山岡賢:メタン発酵消化液を施用したモノリスライシメータにおける亜酸化窒素,メタンの発生と窒素の溶脱,土壌肥料科学会講演要旨集,53,p.14,2007.8.
224) 藤川智紀・中村真人・柚山義人:メタン発酵消化液を施用した畑地土壌からの温室効果ガス発生,土壌肥料科学会講演要旨集,53,p.193,2007.8.
225) 農林水産省農村振興局整備部地域整備課集落排水事業班・中村真人:農業集落排水汚泥コンポストの環境負荷特性について −農業集落排水新技術開発調査委託事業の成果報告−,季刊JARUS,89,pp.4-6,2007.7.
226) 柚山義人:バイオマス多段階利用システム,シンポジウム「バイオマス資源の多段階エネルギー化システムの開発による環境共生社会の創造」,東京農業大学,pp.3-4,2007.6.
227) 柚山義人・清水夏樹・中村真人・山岡 賢・島 武男:農林業物質循環システムの研究,委託業務成果報告書,37p.,2007.5.
228) 上田達己・柚山義人:農林水産バイオリサイクル研究プロジェクトにおける研究進行管理,研究調査室小論集,pp.13-23,2007.3.
229) 柚山義人:未来を拓くバイオマスタウン,JAGREE,73,(社)農業土木事業協会,pp.45-50,2007.3.
230) 中村真人・柚山義人:バイオマスの成分データベース整備,ARIC情報,第85号,pp.30-36,2007.3.
231) 柚山義人:情報の収集と整理の方法,平成18年度バイオマス・ニッポン総合戦略高度化推進事業 バイオマスタウンアドバイザー育成テキスト,pp.349-378,2007.3.
232) 柚山義人:地域バイオマス資源循環システムの構築と必要な技術開発,平成18年度関東東海北陸農業試験研究推進会議(関東東海・土壌肥料部会)資料(2),pp.94-116,2007.2.
233) 柚山義人:アグリ・バイオマスタウンの構築に向けて,平成18年度関東東海北陸農業試験研究推進会議(作業技術部会)資料,pp.49-60,2007.1.
234) 柚山義人:バイオマスタウンのデザイン,農研機構バイオマス研究連絡会,10p.,2006.12.
235) 柚山義人:地域活性化のためのバイオマス利活用モデルの構築,バイオ燃料研究推進連絡協議会及び農研機構バイオマス研究センターの設立式並びに研究情報交換会資料,つくば,20p.,2006.12.
236) 柚山義人:バイオマス利活用システム計画手法の開発と地域実証研究,総合科学技術会議科学技術連携施策群バイマス利活用連携群「バイオマス利活用に向けた我が国の取組−各省は今」平成17年対象施策成果報告会要旨集,pp.45-50,東京,2006.11.
237) 柚山義人:バイオマス利活用システムの計画手法と実証試験,第17回廃棄物学会研究発表会小集会(バイオマス系廃棄物研究部会),北九州市,pp.15-32,2006.11.
238) 柚山義人:おらがバイオマスタウンの創造に向けて,九州バイオマスタウンシンポジウム,北九州市,pp.40-45,2006.11.
239) 柚山義人:地域を動かすバイオマス利活用,平成18年度農業土木学会中国四国支部第35回支部研修会テキスト,pp.25-66,2006.11.
240) 柚山義人:バイオマス利活用の推進を目指して,JORAバイオマス利活用基礎講座,32p.,2006.9.
241) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・前田守弘・太田 健・森 淳・山岡 賢:メタン発酵消化液を施用したモノリスライシメータにおける亜酸化窒素発生と窒素の溶脱,2006年度土壌肥料学会年次大会講演要旨集,p.8,秋田県立大学,2006.9.
242) 藤川智紀・高松利恵子(北里大学)・中村真人:土壌管理が圃場からの温室効果ガス発生の不均一性に与える影響,2006年度土壌肥料学会年次大会講演要旨集,p.193,秋田県立大学,2006.9.
243) 下ヶ橋 雅樹・佐藤 将・迫田章義・柚山義人:数理モデルによる耕作放棄地の水環境影響評価,環境科学会2006年会講演要旨集,pp.52-53,2006.9.
244) 藤川智紀・柚山義人・中村真人・清水夏樹・山岡 賢:農地の持続性評価基準に関する検討,農業土木学会資源循環研究部会要旨集,pp.1-12,2006.9.
245) 山岡 賢・柚山義人・中村真人:メタン発酵消化液ろ液への減圧蒸留処理の適用,農業土木学会資源循環研究部会要旨集,pp.27-38,2006.9.
246) 清水夏樹・柚山義人:バイオマス利活用における資源作物生産の評価視点,農業土木学会資源循環研究部会要旨集,pp.87-94,2006.9.
247) 佐藤 将・下ヶ橋 雅樹・迫田章義・柚山義人:持続可能なバイオマス生産のための農地物質フローの解析,化学工学会,p.110,2006.8.
248) 藤川智紀・中村真人・柚山義人:モノリスライシメータを用いた土壌−植物−大気−地下水におけるN,Cの動態解析,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.46-47,宇都宮大学,2006.8.
249) 清水夏樹・柚山義人・山岡 賢・中村真人:資源作物の生産特性に関する予備的評価,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.392-393,宇都宮大学,2006.8.
250) 中村真人・藤川智紀・柚山義人・前田守弘・太田 健・森 淳・山岡 賢:有機肥料施用畑からの温室効果ガス発生と溶脱の同時測定,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.376-377,宇都宮大学,2006.8.
251) 柚山義人・中村真人・清水夏樹・藤川智紀・土井和之:バイオマス利活用システムの持続可能性評価指標に関する考察,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.362-363,宇都宮大学,2006.8.
252) 柚山義人:バイオマス多段階利用推進の要件,第34回バイオマスサロン,日本有機資源協会,33p.,2006.7.
253) 柚山義人:農畜産系バイオマス多段階利用の可能性と課題,日本エネルギー学会ガス化部会勉強会,東京,38p.,2006.7.
254) 柚山義人:バイオマス多段階利用システムの構築に向けて,環境技術,35(6),pp.23-28,2006.6.
255) 柚山義人:プロジェクト研究「農林水産バイオリサイクル」システム実用化千葉ユニット(研究グループ紹介),日本エネルギー学会誌,85(4),pp.321-324,2006.4.
256) 柚山義人:動き出したバイオマス多段階利用の実証試験,生活と環境,51(4),pp.40-44,2006.4.
257) 柚山義人:農林水産系バイオマスの利活用,資源循環戦略ワークショップ,(独)国立環境研究所・廃棄物研究財団,20p.,東京(都道府県会館),2006.4.
258) 柚山義人:地域特性に応じたバイオマスタウンをつくる,「クローズアップ農業技術(カッティングエッジリサーチ)」,つくばリサーチギャラリーHP,2006.3.
259) 柚山義人:千葉県山田町におけるバイオマス多段階利用の地域実証研究,バイオマス情報ヘッドクォーターHP,株式会社東大総研,2006.3.
260) 柚山義人・清水夏樹・高橋順二:バイオマス利活用システムの設計と評価 〜農林水産バイオリサイクル研究「システム化サブチーム」の成果より〜,農業工学研究所農地整備研究会,pp.31-44,2006.3.
261) 柚山義人:バイオマス――生物由来資源をどう変換活用するか,平凡社デジタル月刊百科,2006.3.
262) 柚山義人:資源循環社会へ 千葉でバイオマス利用施設が稼働中,東アジア環境情報発伝所(ENVIROASIA)HP,2006.2.
263) 柚山義人:合意形成を支援する地域診断モデル解析ソフトを開発,バイオマス・リファイナリーを鍵に資源循環型の社会システムを目指す,人と研究,Techno Innovation,58,STAFF(農林水産先端技術産業振興機構),pp.48-49,2006.2.
264) 柚山義人:バイオマスを使い尽くす,新しい循環型社会の探求,TERRE,No.7,p.28,2006春号,コスモ石油株式会社,2006.2.
265) 矢野 聡・市原 昭・雫 雅彦・大槻雅史・柚山義人:低コスト・省メンテナンスを指向したメタン発酵プラント(バイソン)の開発,クリーンエネルギー,15(2),pp.49-54,2006.2.
266) 柚山義人:循環共生型地域社会づくりを目指して,酪農学園大学共同研究「江別市の循環共生地域社会構想の策定」公開講演会・発表会資料,29p.,2006.2.
267) Yuyama Y・Abe K・Sakoda A・Kojima K and Doi K:Biomass Utilization for Circulative Farming and Conservation of Environment,Proc. of Workshop on Sustainable Agriculture and Rural Development,Bangkok,pp.53-71,2006.2.
268) 柚山義人:バイオマス省エネ,省CO2で脚光,(トレンド技術),ガスエネルギー新聞,2006.1.18版.
269) Yoshito Yuyama・Akiyoshi Sakoda・Kazuhiro Mochidzuki・Kunio Abe and Yoshifumi Nakamura:Circulative Farming System Using Bio-liquid Fertilizer Produced BY Methane Fermentation,Proc. of the 14th World Fertilizer Congress,7p.,Chiang Mai,2006.1.
270) Yoshito Yuyama・Akiyoshi Sakoda ・Kazuhiro Mochidzuki・Kunio Abe・Akira Ichihara・Hitoshi Watanabe and Masanori Kusakabe:Evidential study on a cascade use system of biomass in northeastern Chiba Prefecture of Japan,Proc. of Biomass-Asia Forum,Tokyo,pp.53-64,2006.1.
271) 柚山義人:バイオマスタウン構築に向けてのプロローグ,まちづくり新聞,新建新聞社,2005.12.15版.
272) 柚山義人:バイオマス利活用による持続可能な循環型社会システムの構築を目指して,東京大学寄付研究ユニット「荏原バイオマスリファイナリー」主催「バイオマスシンポジウム2005」,pp.1-25,千葉,2005.12.
273) 柚山義人:農畜産業系バイオマスの利用と課題,季報エネルギー総合工学,28(3),pp.69-78,2005.10.
274) 柚山義人:バイオマス多段階利用システムに挑戦,実証を通した有益な情報を発信,環境ビジネス,pp.94-95,宣伝会議,2005.9.
275) 柚山義人・高橋順二:バイオマスの健全な利活用を目指した社会技術の開発〜農林水産バイオリサイクル研究の推進を通して見えてくる課題〜,平成17年度研究調査実報告に向けた検討会(第2回)資料,(独)農業・生物系特定産業技術研究機構研究調査室,51p.,2005.9.
276) 柚山義人:千葉県山田町におけるバイオマス多段階利用の地域実証研究,農産物流通技術研究会第115回例会「バイオマス資源の利活用と農産物流通」資料,pp.15-22,2005.9.
277) Yuyama Yoshito・Sakada Akiyoshi・Mochidzuki Kazuhiro・Usui Takashi and Nakamura Masato:Challenge to Demonstrate a Cascade Use System of Biomass,GGAA 2005 (2nd International Conference on Greenhouse Gases and Animal Agriculture(GGAA 2005): 20〜24th September 2005 held in Zurich,Switzerland),pp.167-170,2005.9.
278) 清水夏樹・柚山義人:バイオマスの多段階利用における組織連携の重要性−千葉県北東部におけるバイオマス多段階利用実証研究を例として−,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.474-475,2005.8.
279) 柚山義人:千葉県北東部におけるバイオマス多段階利用の地域実証研究,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.82-83,2005.8.
280) 土井和之・柚山義人・姫野靖彦・戸嶋 龍:バイオマスの利活用による温室効果ガスの増減予測,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.484-485,2005.8.
281) 戸嶋 龍・姫野靖彦・柚山義人:都城盆地地域におけるバイオマス資源循環利用の診断,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.480-481,2005.8.
282) 柚山義人・中村真人・島田眞司・土井和之・姫野靖彦:バイオマス資源循環利用診断モデルの活用法,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.482-483,2005.8.
283) 柚山義人:農村地域の有機物循環,平成17年度行政技術研修(係長研修 A)テキスト,108p.,2005.7.
284) 柚山義人:バイオマス利活用の現状と展望,特別講演資料,環境カウンセラー千葉県協議会,10p.,2005.5.
285) 柚山義人:始動するバイオマスタウン,高圧ガス,41(12),pp.44〜46,2004.12.
286) 柚山義人:バイオマス資源の利活用と環境保全,茨城大学農学部「地域環境工学特別講義T」テキスト,60p.,2004.12.
287) 柚山義人・中村真人・凌 祥之・島田和宏・神山和則・寳示戸雅之・菅原幸治・高野 勉・,椎名武夫・織田健次郎・松本成夫・田坂行男・島田眞司:バイオマス資源循環利用診断モデルの開発,シンポジウム「地域のバイオマス利活用推進に向けたチャレンジ」,東京,pp.35-53,2004.10.
288) 柚山義人・中村真人:畜産糞尿の堆肥化が地域の水環境に及ぼす影響の解析,応用水文,17,pp.26-35,2004.10.
289) 柚山義人・迫田章義:バイオマス多段階利用システムの構築及び実証試験,シンポジウム「地域のバイオマス利活用推進に向けたチャレンジ」,東京,pp.97〜110,2004.10.
290) 柚山義人:バイオマス資源の利活用に関わる地域診断,地域農業開発計画研修テキスト,60p.,2004.10.
291) 戸嶋 龍・柚山義人・姫野靖彦・土井和之:バイオマス資源循環利用診断モデル,JIID研究レポート,25,pp.13-20,2004.10.
292) 柚山義人:バイオマス多段階利用の地域実証試験に向けて,ARIC,75,pp.15〜18,2004.9.
293) 柚山義人・森 淳・中村真人・清水夏樹:バイオマス資源の利活用推進について,農林交流センターセミナー「バイオマスの利活用をいかに評価するか」,つくば,pp.1-22,2004.9.
294) 森 淳:水田水界生態系における生物を媒介とした物質循環機能,農林交流センターセミナー「バイオマスの利活用をいかに評価するか」,つくば,pp.74-82,2004.9.
295) 清水夏樹:バイオマスの利活用をいかに評価するか−総括−,農林交流センターセミナー「バイオマスの利活用をいかに評価するか」,つくば,pp.83-88,2004.9.
296) 柚山義人・竹内睦雄・宮本幸一:有機物循環に係わる地域診断研究から見えてくる「いのちと共生」の大切さ,平成16年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.6-7,2004.9.
297) 柚山義人・森 淳・中村真人・清水夏樹:有機性資源利活用推進策の評価指標,平成16年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.946-947,2004.9.
298) 中村真人・柚山義人・清水夏樹:コンポスト化施設の抱える問題とコンポストに対する耕種農家の意識,平成16年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.948-949,2004.9.
299) 清水夏樹・柚山義人:有機性資源の循環利用を促進するための条件 −堆肥化施設へのアンケート調査から−,平成16年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.950-951,2004.9.
300) 土井和之・齋藤邦人・柚山義人・島田眞司:バイオマス資源循環利用診断モデルの事例地区への適用,平成16年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.794-795,2004.9.
301) 柚山義人:農村地域における有機性資源の循環,係長研修Aテキスト,31p.,2004.7.
302) 柚山義人:農村地域のバイオマス資源循環利用診断モデル,農業農村整備のための実用新技術発表会,28p.,2004.7.
303) 清水夏樹・中村真人・柚山義人:有機性資源の堆肥化利用を推進するための地域づくり,農村計画学会春期学術研究発表会,pp.45-46,2004.4.
304) 柚山義人:Comment at Special Symposium to Mark the 20th Anniversary of the Farm Management Society,農業経営研究,41(4),pp.57-59,2004.
305) 土井和之・姫野靖彦・柚山義人・島田眞司:農村地域おけるバイオマス資源循環一次診断モデルの開発,日本水環境学会年次講演会,p.416,2004.
306) 柚山義人・森 淳・中村真人:バイオマスの地域循環利用システム化技術の開発,サミット2003 100年先から見てみよう「地域・バイオマス・エネルギー」予稿集,p.104,2003.11.
307) 柚山義人:カーボンニュートラル(小講座),農業土木学会誌,71(8),64p.,2003.8.
308) 柚山義人:バイオマス資源循環利用システム診断手法の開発を目指して,農業土木学会講要,pp.90-91,2003.
309) 姫野靖彦・土井和之・永嶋善隆・柚山義人:地域資源循環診断モデルの構築,農業土木学会講要,pp.138-139,2003.
310) 柚山義人・中村真人:バイオマスの地域循環利用システム化技術の開発に向けて,ARIC情報,70,pp.11-15,2003.
311) 柚山義人ほか:有機性資源の循環利用に関する研究の動向,第35回中央研修会,農業土木学会,pp.45-70,2003.
312) 柚山義人:有機性資源活用機能(有機性廃棄物処理機能)評価の視点,「環境勘定」研究会,農業工学研究所,2002.
313) 柚山義人:有機性資源の循環促進が水質環境に及ぼす影響の要因分析,応用水文,15,pp.11-20,2002.

 

▲ このページのTOPへ戻る

 

<農業集落排水・汚泥>

1) 山岡 賢:尿の発芽試験について,第11回SA・PAの水回り改善に関わる全体会議,pp.1-3,2009.11
2) Masaru Yamaoka: "Change" of focus: Utilization of excess sludge as a nitrate nitrogen removal material outside the wastewater treatment process, Sludge Management group newsletter of IWA, November 2009
3) 泉本 和義・佐藤 進・小西 美智孝・池谷 和哉(以上,地域資源循環技術センター)・山岡  賢:膜分離活性汚泥方式 地域資源循環技術センター−FM型の概要,季刊JARUS,91,pp.25-31, 2008.1
4) 山岡 賢・上田達己・凌 祥之・廣瀬裕一:農業集落排水施設の余剰汚泥を用いた簡易な硝酸性窒素の除去技術の開発,農業技術,62(11),pp.34-38,2007.11
5) 秋田倫成・持田悦夫・佐藤 進・三木秀一(以上,地域資源循環技術センター)・山岡 賢:低コストで小規模なFRP製農業集落排水処理施設の開発,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.238-239,宇都宮大学,2006.8.
6) 山岡 賢:余剰集落排水汚泥の硝酸性窒素除去能力,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.234-235,宇都宮大学,2006.8.
7) 三木秀一・佐藤 進・中嶋昭博(以上,地域資源循環技術センター)・山岡 賢:JARUS-FM型の低供用率時における施設立ち上げ手法の検証,JARUS,85,pp.29-34,2006.7.
8) 柚山義人:農畜産業系バイオマスの利用と課題,季報エネルギー総合工学,28(3),pp.69-78,2005.10.
9) 山岡 賢:韓国での処理水再利用に関するシンポジウム,季刊JARUS,82,pp.26-30,2005.10.
10) 山岡 賢・端 憲二・清野 修(地域資源循環技術センター):特許権「汚泥処理方法およびその装置」について −汚泥天日乾燥床の改良−,季刊JARUS,82,pp.31-36,2005.10.
11) 藤川智紀(東京農業大学)・竹内 憲(東京大学)・宮崎 毅(東京大学):農業集落排水汚泥混入による土壌物理性の改良効果について,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.318-319,2005.8.
12) 山岡 賢・廣瀬裕一・上田達己・凌 祥之:硝酸性窒素除去への余剰集落排水汚泥の適用性検討,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.274-275,2005.8.
13) 中村真人・森 淳・柚山義人:農業集落排水汚泥コンポストの肥効推定,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.372-373,2005.8.
14) Nakamura Masato and Yuyama Yoshito:Improvement of Air-Drying Technology for Rural Sewage Sludge with Non-woven Fabric,1st IWA-ASPIRE CONFERENCE & EXHIBITION,6p.,2005.7.
15) Masaru Yamaoka・Hyung Joong Kim and Kenji Hata:Review:Reuse of Treated Wastewater in Agriculture in Japan,Proc. of International Symposium on Water Quality Standards and Guidelines for Wastewater Reuse,Soul,pp.85-93,2005.5.
16) 中村真人・柚山義人:農業集落排水汚泥の天日乾燥技術の改良,資源循環研究,1(2),pp.1-9,2005.4.
17) Yoshito YUYAMA・Kenji HATA and Masato NAKAMURA:Characteristics of Natural Drying of Rural Sewage with Sand Filter System,IWA Asian Waterqual 2003,バンコク,7p.,2003.10.
18) 中村真人・柚山義人:集落排水汚泥の天日乾燥に関わる事例調査,農業土木学会講要,pp.788-789,2003.
19) 本間新哉・端 憲二:回分式活性汚泥方式におけるORP屈曲点の検出,農業土木学会大会講要,pp.746-747,2001.
20) 上田達己・端 憲二・本間新哉・山岡 賢:膜分離活性汚泥法における余剰汚泥の直接自然乾燥,農業土木学会講要,2001.

 

▲ このページのTOPへ戻る

 

<その他>

1) 柚山義人:わが家の環境家計簿,農村振興,724,pp.22-23,2010.4
2) 柚山義人:農業・農村から見た水質問題,温故知新―水を語る―,水サロン発表資料要集,pp.148-159,水サロン(水に関する有識者による懇談会),財団法人水資源協会,2009.4
3) 柚山義人:農業・農村から見た水質問題,第11回水サロン発表資料,財団法人水資源協会,東京都港区,35p.,2007.11
4) 森 淳・柚山義人:安定同位体比の性質と農村環境の解析,平成18年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.64-65,宇都宮大学,2006.8.
5) 森 淳:食物網からみた農業生態系における物質循環,筑波大学陸域環境研究センターワークショップ「環境循環系診断のための同位体トレーサー技術〜環境システムの代謝機能を構造的に診る〜」,8p.,2005.12.
6) Fujikawa T・Miyazaki T and Takamatsu R:Effect of Spatial Variability of Gas Diffusivity on Gas Flux from the Soil Surface,(Abstract),The ASA-CSSA-SSSA International Annual Meetings 2005,2005.11.
7) 森 淳,湯川順平,山本忠男:草地排水路に生息する無脊椎動物の安定同位体比,農業土木学会北海道支部研究発表会要旨集,pp.?-?,2005.
8) 森 淳・松澤真一・水谷正一:谷津田地域における落葉,土壌と破砕食者の炭素安定同位体比,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.414-415,2005.8.
9) 松澤真一・水谷正一・森 淳・大宮裕樹・後藤 章:安定同位体比法を用いた谷津内食物網の解析,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.92-93,2005.8.
10) 大宮裕樹・松澤真一・森 淳・水谷正一:飼育環境下における淡水魚の安定同位体比の測定による転移時間の推定,平成17年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.408-409,2005.8.
11) Yuyama Y・Ogawa S・and Ueda T:Enhancing the Multifunctionality of Floating Rice Farming in the Chao Phraya Delta of Thailand,Proc. of WRRC,pp.340-343,Tsukuba,(2004.11),IRRI,2005.(7).
12) Yuyama Y・Ogawa S・Ueda T・Shioda K and Takagi K:Multi-functionality of floating rice farming in the Chao Phraya Delta,Proc. of the International Symposium on Lowland Technology (ISLT2004),Bangkok,6p.,2004.9.
13) 森 淳・柚山義人:西風堤における生物の安定同位体比特性,平成16年度農業土木学会大会講演要旨集,pp.772-773,2004.9.
14) 森 淳:水田生態系保全のための安定同位体比を用いた食物連鎖解析手法,農業農村整備のための実用新技術発表会,2004.7.
15) 大井節男:Electrical Conductivity of Suspensions of Carbonated Porous Spheres(炭化多孔質球の懸濁液の電気伝導度),The Third International Conference "Interfaces Against Pollution"(第3回国際会議「汚染対策と界面科学」),P25,2004.5.
16) Yoshito YUYAMA・Masato NAKAMURA・Kenji HATA・Masahiro HIRAYAMA:Nutrient Balance in Model Paddy Fields with Irrigation from an Eutrophied Lake,Reports for Japan-Korea International Joint Study(Final) -Study on improving the quality of agricultural water utilizing natural water purification systems-,pp.39-49,2004.4.
17) Kenji HATA・Yoshito YUYAMA・Eisaku SHIRATAN・Yasuharu YAMAGUCHI:Evaluation of Eutrophic Lake Water as Nutrient Resources for Rice Production,Reports for Japan-Korea International Joint Study(Final) -Study on improving the quality of agricultural water utilizing natural water purification systems-,pp.9-22,2004.4.
18) 森 淳:農林業・農山村における物質循環,自然復元協会研修資料,2004.4.
19) Yoshito YUYAMA・Masato NAKAMURA・Kenji HATA and Masahiro HIRAYAMA:Material Balance in Model Paddy Fields with Irrigation from Eutrophied Lake,第3回日韓共同研究セミナー,pp.12-25,2003.
20) 大井節男・井村英樹:地下空洞を過ぎる粘性流の解析とその適用,日本地下水学会2003年秋季講演要,pp.188-191,2003.
21) 井村英樹・大井節男・吉田昭治:観測井を過ぎる地下水の3次元流れに関する室内実験及び数値解析,日本地下水学会2003年秋季講要,pp.192-195,2003.
22) 宮原和己・大井節男・中石克也・足立泰久:粘土フロック懸濁液の見かけの粘度に対する毛細管径の効果,第51回レオロジー討論会講演要旨集,pp.319-320,2003.
23) 大井節男・井村英樹:地下空洞を過ぎる粘性流の解析,第9回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,pp.216-217,2003.
24) 井村英樹・吉田昭治・大井節男:傾斜広孔内の水位と孔内外の流れ,第9回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,pp.420-423,2003.
25) 玉城 麿・大井節男・中石克也・高橋直也:沖縄土壌の流動特性における試料濃度効果,農業土木学会講要,pp.294-295,2003.
26) 高橋直也・中石克也・大井節男:粘土フロックの沈降特性,農業土木学会講要,pp.292-293,2003.
27) 清水夏樹・佐藤洋平:中山間地域における農村基盤の持続的管理方法,農業土木学会講要,pp.794-795,2003.
28) 柚山義人:第3回世界水フォーラム(WWF3)を振り返って,ACRESニュースレター,30,pp.14-15,2003.
29) 柚山義人:アジアモンスーン水田地域における水資源の保全に関する最近の話題,日華農業水利検討会,2002.
30) Yuyama Yoshito and Shiratani Eisaku:Diagnosis of Water Quality in the Creek Network Area Located along the Lower Reaches of Chikugo River,第2回日韓共同研究セミナー,2002.
31) 大井節男:汚濁物質キャリアとしての粘土フロックの特性,第2回日韓共同研究セミナー,2002.
32) Shioda Katsuro・Nakazawa Noboru・Onimaru Tatsuji・Yuyama Yoshito・Fujisaki Takashi and Virat Khao-Uppatum:Study for the Modernization of Water Management System Project in Thailand Farming Japan,Vol. 36-3,pp.53-56,2002.
33) Yuyama Yoshito et al.:Characteristics of Rainfoll in Khok Krathiam Project Area of Thailand,農業土木学会年講要,pp.118-119,2002.
34) 大井節男:多孔質粒子懸濁液の電気伝導度,コロイド及び界面化学討論会講要,2002.
35) 宮原和己・大井節男・中石克也:凝集系モンモリナイト懸濁液の粘度に対する毛細管径の効果,農業土木学会講要,pp.308-309,2002.
36) 大野純也・中石克也・宮原克己・大井節男:カオリナイトの安定度比と塩濃度の関係,農業土木学会講要,pp.304-305,2002.
37) 中村真人:フィルダムアバットメント取付部の形状設計に関する研究,農業土木学会講要,pp.264-265,2002.