研究所トップ研究成果情報平成2年度

無エルシン酸なたね新品種「キザキノナタネ」


東北農業試験場・作物開発部・資源作物育種研究室
[部会名] 総合農業
[分科会名]畑作物
[分類]  (1)

[成果の内容]
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    キザキノナタネは昭和54年度東北農業試験場が無エルシン酸、草型良、耐病性、 多収を目標として「東北72号」を母、「Rapora」を父として交配し、選抜を固定を 図ってきたもので、昭和62年度より「東北84号」として試験に供してきたものである。 平成2年度に青森県が奨励品種に採用。
    本系統は、なたね油を構成する脂肪酸組成のうち、エルシン酸を含まない我が国 初めての優良系統で、草丈はやや高いが、菌核病や耐雪性、耐倒伏性の点で強く、 また収量性で優れている。平成2年11月なたね農林47号として農林登録された。
    「キザキノナタネ」の特性一覧表
  2. 技術・情報の適用効果
    キザキノナタネは中晩生で青森県の奨励品種「カミキタナタネ」とほぼ同じで、 「トワダナタネ」より早い系統で青森県における越冬性はこれら品種と同等である。 草丈は「カミキタナタネ」より高いが耐倒伏性強く収量性は特に優れている。 また、食用油の条件とされている無エルシン酸の特性を有するので、消費者、 実需者、農家の要望に答えることが出来る。
  3. 適用の範囲
    北東北の平坦地帯。
  4. 普及指導上の留意点
    1. なたねと交雑可能なアブラナ植物から十分離して栽培すること。
    2. 種子は無エルシン酸であることを保証したものを使用すること。
    3. 耐倒伏性は強いが過度の多肥栽培は倒伏、菌核病の多発を招く恐れがあるので避ける。
    4. 越冬前に十分な生育量を確保するため適期播種を励行すること。


[その他の特記事項]
研究課題名:なたね新品種育成
予算区分 :育種強化−グリーンエナジー計画−経常
研究期間 :昭和54〜平成元年度
発表論文等:奥山善直ほか3名. (1991). なたね新品種「キザキノナタネ」. 農業技術46(6) : 285