研究所トップ研究成果情報平成20年度

9月下旬に成熟する着色容易なリンゴ新品種「岩手7号」

[要約]

リンゴ「岩手7号」は9月下旬に成熟する赤色品種である。樹姿は開張性、樹の大きさおよび樹勢は中程度で、果皮を被う色は濃赤色から暗赤色で、着色が容易な品種である。果汁多く、酸味が穏和で食味良好である。

[キーワード]

新品種、リンゴ、「岩手7号」、中生種

[担当]

岩手農研セ・技術部・園芸研究室

[代表連絡先]

電話0197-68-4420

[区分]

東北農業・果樹

[分類]

技術・普及

[背景・ねらい]

本県で栽培されているリンゴ品種は、「ふじ」の割合が約40%と高く、晩生種に偏重した構成となっている。近年、「千秋」の栽培面積が減少したことから、早生種収穫以降中生種収穫前の9月下旬に収穫できる優良品種が望まれている。また、県北部・高標高地帯では「ジョナゴールド」や「ふじ」の熟期が遅れることから、中・晩生の優良品種開発が期待されている。そこで、果実品質ならびに栽培特性に優れた岩手オリジナルリンゴの中・晩生の優良品種を育成する。

[成果の内容・特徴]

  1. 来歴
    「つがる」×「不明」
    平成3年に交雑。平成12年に初結実し二次選抜に編入。平成13年に三次選抜に編入し、平成20年3月に「岩手7号」で品種登録出願。出願公表平成20年3月11日。
  2. 特性概要
    1. 生態及び樹性
      1. 熟期は、育成地(北上市)において9月下旬である。「つがる」より遅く、「ジョナゴールド」より早く、「千秋」とほぼ同時期である(表1)。
      2. 開花期は、「ふじ」とほぼ同時期である(表2)。
      3. 樹姿は開張性、樹の大きさおよび樹勢は中程度である。
    2. 果実の特性
      1. 果形は円、玉揃いは中、果実重は原木で250〜300g程度である(表1)。現地試験の高接ぎにおいては350gを超える事例もある。サビの発生は少ない。
      2. 果皮を被う色は濃赤色から暗赤色で全面に着色する(図1)。
      3. 糖度は13〜14%(Brix.)、酸度は0.3〜0.4g/100mlであり、果汁が多く酸味が穏和で食味良好である(表1)。まれに蜜が入る。
      4. 収穫果の日持ち性は、普通冷蔵(4℃)で約1ヶ月、常温で10日程度と推察される(表3)。
      5. 収穫時および貯蔵後も脂質の発生は少なく、また、つる割れ、収穫前落果など目だった欠点は現在確認されていない。

[成果の活用面・留意点]

  1. 活用面
    1. 早生種と中生種の収穫の端境期に成熟することから、赤色系品種のリレー出荷が可能である。
    2. 収穫、選果場における集荷および選果のピークを分散し、労力分散につながる。
  2. 留意点
    1. 受粉親和性に関わるS遺伝子型はS39であり、黄香(S39)、ジョナゴールド(S239)の受粉樹には適さない。
    2. 収穫適期については、着色だけでなく果実品質を確認し判断する。
    3. 本品種の種苗の配布は平成22年3月31日まで岩手県内のみの配布制限を行う。但し、期限終了時に更新の可能性がある。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名
いわて特産中晩生種の交配育成
予算区分
県単
研究期間
2002〜2008年度
研究担当者
畠山隆幸、小野浩司、大野浩、高橋司、田村博明、奥平麻里子
発表論文等
品種登録出願(2008.3.14)、出願番号「第22294号」、出願公表(2008.7.11)