研究所トップ研究成果情報平成20年度

リンゴわい化栽培におけるドリフト低減ノズルの利用条件

[要約]

市販のドリフト低減ノズルであるDL コーンノズルはドリフトが少なく、強風及びナミハダニの多発条件下を避けることで散布風量600 m3/min の条件において実用性がある。

[キーワード]

リンゴ、ドリフト低減ノズル、薬液到達性、病害虫防除効果

[担当]

岩手農研セ・技術部、岩手農研セ・環境部、東北農研・省農薬リンゴ研究チーム

[代表連絡先]

電話0197-68-4420

[区分]

東北農業・果樹

[分類]

技術・参考

[背景・ねらい]

リンゴ栽培における病害虫防除方法は、作業の効率化、軽労化を図るため、大型防除機械であるスピードスプレーヤ(以下SS)による防除が一般化されている。しかしながら、ポジティブリスト制の導入により、SSによる防除方法は、他作物へのドリフトが懸念されている。その対策の一つとして、ドリフト低減ノズルが市販化されているが、樹体への薬液到達性や病害虫防除効果を高める利用法に関する知見は少ない。

そこで、ドリフト低減ノズル、ここではDLコーンノズル(丸山製作所製)を用いたSS防除において、散布風量がリンゴ樹への薬液到達性および病害虫防除効果に及ぼす影響から利用条件を明らかにする。

[成果の内容・特徴]

  1. リンゴわい化樹に対するDLコーンノズルの薬液到達性は、散布風量600m3/minでは、微風条件下で慣行コーンノズル(丸山製作所製)散布風量740m3/minと同程度、強風条件下で慣行コーンノズル散布風量600m3/minと同程度である(表1)。一方、散布風量400m3/minでの薬液到達性は低い。
  2. DLコーンノズルを用いた散布はナミハダニの多発条件下では、散布14日後のハダニ寄生虫数の増加が認められ、防除効果が安定しない(表2)。
  3. DLコーンノズル散布風量600m3/minの散布条件は斑点落葉病の発生が少なく、慣行コーンノズルと同程度である。
  4. 2007年の散布は西風が強い条件であったが、いずれの散布条件でもDLコーンノズルは慣行コーンノズルと比較して、ドリフトは少ない(図1)。

[成果の活用面・留意点]

  1. 薬剤散布は、風が強い時間帯は避け、また、風向にも留意して実施する。
  2. ドリフト低減ノズルを使用する場合、ナミハダニの発生状況を確認し、多発条件下での使用は避ける。
  3. ドリフト低減ノズルを使用しても、強風条件や風向によってはドリフトする場合がある。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名
東北地域における農薬50%削減リンゴ栽培技術体系の確立
予算区分
農薬削減リンゴ
研究期間
2006〜2007年度
研究担当者
小野浩司、田村博明、鈴木敏男、猫塚修一、高梨祐明