NARO 農研機構
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

所在地:〒721-8514 広島県福山市西深津町6-12-1
お問い合わせ
E-mail
warc_kyogikai@ml.affrc.go.jp


 

規約・内規(本協議会は、平成282月に閉会しました。)

[ 近畿中国四国農業研究協議会規約 ]

第1章 総  則

第1条

 本会は近畿中国四国農業研究協議会という.

第2条

 本会は近畿中国四国地域農業の振興に寄与するため,農業に関する研究を効率的に推進し,その成果の質的向上を図ることを目的とする.

第3条

 本会は前条の目的を達成するため,次の事業を行う.

  (1) 研究発表会の開催

  (2) 機関誌「近畿中国四国農業研究」の刊行

  (3) 本会の発展に寄与した者等への表彰

  (4) その他必要と認めた事項

 2.前項(3)における必要な事項は,内規をもって別途これを定める.

第4条

 本会の事務局は会長の選出された機関内におく.

 

第2章 会  員

第5条

 本会の会員は,正会員,賛助会員および購読会員とする.

 2.正会員は,近畿中国四国地域における農業関係の試験研究・普及・教育にたずさわる個人で,本会の主旨に賛同して入会した者とする.

 3.賛助会員は,本会の主旨に賛同し,本会の事業を賛助するために入会した団体とする.

 4. 購読会員は,その他の個人および団体で,本会の主旨に賛同して入会した者とする.

第6条

 本会に入会しようとする者は,入会申込用紙に所定事項を記入し,その年の会費を添えて本会事務局に提出する.

第7条

 正会員は,その研究業績を本会の研究発表会に発表することができるとともに,機関誌「近畿中国四国農業研究」に投稿することができる.

 2.共著の場合,共著者の会員・非会員は問わない.

第8条

 正会員は会の運営に関する意見を評議員会に提出することができる.

第9条

 会員は別に定める会計内規により会費を前納しなければならない.既納会費は返却しない.

10

 退会を希望する会員および住所変更した会員はその旨事務局に申し出なければならない.

 

第3章 役  員

11

 本会に次の役員をおく.

  会   長     1 名

  副 会 長    5 名

  評 議 員    若干名

  幹   事     若干名

  編集委員長   1 名

  編集委員     若干名

  会計監査員   2 名

 2.役員の任期は2か年とする.ただし,再任は妨げない.

12

 会長は本会を代表し,会務を統括する.副会長は会長を補佐し,会長事故あるときは,その職務を代行する.

 2.会長と副会長は評議員の互選によってこれを定める.

13

 評議員は評議員会を組織し,本会の運営に係る事項を協議する.

 2.評議員は,正会員の互選によってこれを定める.

14

 幹事は会長の命をうけ,会務を分掌するとともに幹事会を組織し,会務の企画・実施について協議する.

 2.幹事は会員から会長が委嘱する.

15

 編集委員長は機関誌「近畿中国四国農業研究」の編集委員会を組織し,機関誌の刊行にあたる.

 2.編集委員長は副会長の互選によってこれを定める.

16

 編集委員は編集委員長の命をうけ,機関誌の刊行について協議する.

 2.編集委員は会員から編集委員長が委嘱する.

17

 会計監査員は年1回監査を行い,その結果を評議員会並びに総会に報告する.

 2.会計監査員は評議員の互選によってこれを定める.

 

第4章 会  議

18

 総会は年1回開催し,規約の改正,決算の承認,事業計画および予算の決定,評議員の承認その他重要な会務を審議する.

 2.提出する議案は,予め評議員会の承認を得なければならない.

 3.議決は出席者の過半数の賛同を得るものとする.

19

 評議員会は年1回以上開催し,議長は会長がこれにあたる.

20

 幹事会は必要に応じ随時開催する.

21

 編集委員会は年2回以上開催する.

 

第5章 会  計

22

 本会の所要経費は,会員会費その他の収入をもってこれにあてる.

 2.会費の額等については,内規をもって別途これを定める.

23

 本会の会計年度は1月1日より1231日までとする.

 

付   則

 本規約は平成14年1月1日から施行する.

 平成17210日一部改正

 平成2825日廃止

【近畿中国四国農業研究協議会規約会計内規】

第1条

 正会員の会費は年額1,200円とする.

第2条

 購読会員の会費は年額1,600円とする.

第3条

 賛助会員の会費は1口(年額12,000円)以上とする.

第4条

 機関誌のバックナンバーの頒布はその印刷製本実費と郵送料等の合計額を下回らない額とする.

第5条

 外部審査料は,1編につき5,000円とする.

付   則>

 この内規は 平成14年1月1日から施行する.

 平成17210日一部改正

 平成24210日一部改正

 平成2825日廃止

【近畿中国四国農業研究協議会賞授賞内規】

(総則)

第1条

 この内規は,本協議会の発展に優れた功績があったと認められる個人もしくは,団体を表彰する制度を定めるものである.

(種類)

第2条

 近畿中国四国農業研究協議会に以下の賞を置き,それらを「協議会賞」と総称する.

  (1)論文賞(本協議会機関誌に掲載された原著論文を対象とする)

  (2)普及・技術賞

(授賞数)

第3条

 協議会賞は原則として,それぞれ毎年1名または1件とする.

(受賞資格)

第3条

 協議会賞を受ける者は本協議会会員でなければならない.

 2.論文賞における共著論文の場合は会員が筆頭著者であること.

 3.普及・技術賞については,会員または会員の属する組織・団体に授与する.

(選考対象期間)

第5条

 協議会賞は授賞前々年の9月1日から授賞前年の8月31日までの1年間を選考対象期間とする.

(授賞候補者の推薦)

第6条

 協議会賞の授賞候補者は,評議員が別紙様式1により推薦する.

 2.推薦は,論文賞,普及・技術賞とも1名または1件とする.

(選考委員会)

第7条

 協議会賞の候補者を選考するため,会長のもとに選考委員会を設ける.

第8条

 選考委員については,評議員,幹事,編集委員の中から,会長が若干名を選び委嘱する.

 2.委員長は会長とし,副委員長は委員長が指名する.

第9条

 選考委員の任期は1期1年とし,通常は2期2年務めるものとする.なお,毎年おおむね半数の委員が改選されるよう,委員長は配慮することとする.

10

 選考委員会は選考基準を定め,評議員会の承認を得る.

11

 選考委員会は,必要に応じて委員以外からも意見を聴取することができる.

12

 選考委員会は,第6条により推薦された者の中から協議会賞の候補をそれぞれ選考し,評議員会に諮るものとする.

(授賞者の決定)

13

 前条により選出された候補者については,評議員会の審議を経て授賞者を決定する.

(授賞)

14

 協議会賞の授賞者には,総会において表彰状および副賞を授与する.

 

付   則

 この内規は平成17210日から施行する.

 平成2825日廃止