[成果情報名]

黒毛和種去勢牛の肥育全期間における濃厚飼料制限給与による赤肉生産技術

[要約]黒毛和種去勢牛に給与する濃厚飼料の原物量を肥育全期間において体重の1%に相当する量に制限すると、体重および枝肉重量は小さくなるが、生産される赤肉の量は変わらない。
[キーワード]飼育管理、肉用牛、黒毛和種去勢牛、濃厚飼料、肥育全期間、制限給与、赤肉
[担当]近中四農研・畜産草地部・産肉利用研究室
[連絡先]0854-82-2047
[区分]近畿中国四国農業・畜産草地、畜産草地
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
 黒毛和種去勢牛の肥育では一般的に濃厚飼料の多給が行われている。しかし、今後は濃厚飼料に大きく依存した肥育だけでなく、自給粗飼料や地域資源を積極的に活用した肥育を行っていく必要がある。そこで、濃厚飼料の多給を行わない新たな肥育技術を開発するため、肥育全期間における濃厚飼料の制限給与が黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす影響を検討する。

[成果の内容・特徴]

  1. 10カ月齢の黒毛和種去勢牛8頭を用い、濃厚飼料の原物給与量を体重の1%に制限する区(粗飼料区)4頭および濃厚飼料を自由採食させる区(濃厚飼料区)4頭に分け、イタリアンライグラス乾草を自由採食させて肥育を行い、27カ月齢で屠殺を行うと、粗飼料区における濃厚飼料摂取量は濃厚飼料区に比較して約1,600kg少なくなり、濃厚飼料を約40%節約することができる(図1)。
  2. 粗飼料区は濃厚飼料区に比較して屠体重が約100kg少なくなり、また枝肉重量も約40kg少なくなるが、内臓脂肪重量が約25kg少なくなり、内臓脂肪を約30%低減することができる(図2)。
  3. 枝肉中の筋肉(赤肉)の重量には粗飼料区と濃厚飼料区との間で差がみられない(図3)。
  4. 粗飼料区の皮下脂肪重量は濃厚飼料区に比較して約35kg少なくなり、皮下脂肪を約50%低減することができる(図3)。
  5. 粗飼料区の胸最長筋(リブロースの一部)および半腱様筋(そとももの一部)の粗脂肪含量は濃厚飼料区に比較して少なくなる(図4)。

[成果の活用面・留意点]

  1. 粗飼料を積極的に利用して濃厚飼料を節約する肥育を行う場合の指標として活用される。
  2. 脂肪交雑(霜降り)の多い牛肉を生産することを目的とした肥育には適用しない。

[具体的データ]

図1

図2

図3

図4


[その他]
研究課題名粗飼料の給与水準が黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす影響
予算区分経常
研究期間1998〜2000年度
研究担当者村元隆行、中西直人、相川勝弘、柴田昌宏
発表論文等1) 村元ら(2001)日本畜産学会第99回大会講演要旨:16.
2) 村元ら(2002)日畜会報73(1):J54-J59.

目次へ戻る