その他

農作物の種苗検査 依頼検査様式及び依頼検査技術マニュアルの変更について

情報公開日:2018年9月 7日 (金曜日)

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構種苗管理センター

種苗管理センターでは、依頼に応じて、検査報告書や国際種子検査証明書を発行するための種子の発芽率や種子伝染性病害などの品質検査を行っています。このたび、依頼書の様式や検査の方法を定めた種苗検査実施要領の一部改正が行われ、平成30年10月1日から施行されることとなりました。

10月1日以降に検査を依頼する場合は、新様式でお願いいたします。なお、9月中の依頼は、現行様式でお願いいたします。

新様式及び依頼検査技術マニュアルは、種苗管理センターの農作物の種苗検査からダウンロードできます。