品種詳細

にじゆたか

そば「にじゆたか」は倒伏しにくく、千粒重・容積重ともに大きく子実外観に優れる。成熟期は「階上早生」より数日遅く「岩手早生」並で、収量は「階上早生」並である。白度が高く実需評価が良いそば粉がとれる。

主要特性

  1. そば「にじゆたか」は、東北農業研究センター資源作物育種研究室 (現、畑作園芸研究領域・畑作物育種グループ) において、多収であるが晩生の栃木県在来種「葛生在来」と、早生で子実外観に優れる長野県在来種「戸隠在来 (秋) 」とを、交配用昆虫 (アルファルファハキリバチ) を用いて2001年度に相互交配させて 得た雑種集団から選抜・育成された系統である。
  2. 東北地域で栽培されている標準品種「階上早生」や「岩手早生」に比べ、倒伏しにくい。
  3. 子実は、千粒重が36g程度で「階上早生」を約5g上回り、大粒である。容積重も「階上早生」を約30g上回る630g程度と大きく、充実感があり外観に優れる。
  4. 成熟期は、育成地では「階上早生」より4日遅く「岩手早生」並である。系統適応性検定試験において青森県では「階上早生」より8日遅い。
  5. 収量は、育成地の標準播種期では「階上早生」をやや上回るが、晩播 (8月中旬頃) では低収となる。
  6. 実需評価では、そば粉のL*値が高く、a*値が低く、淡緑味のある白度の高い実需ニーズに合うそば粉がとれる。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
26037
(2011年6月15日)
2011年10月 7日 23189
(2014年3月10日)
25年
(満了日:2039年3月10日)
交配組み合わせ 旧系統名
葛生在来 x 戸隠在来 (秋) 東北1号

品種の利用許諾について

法人番号 7050005005207