品種詳細

九州沖縄農業研究センター

ミズホチカラ

mizuho1

玄米が多収の飼料米・米粉用品種

短稈で倒伏に非常に強く直播等の低コスト生産が可能です。これまでの試験では800kg/10aから場合によっては1000kg/10aの多収事例もあります。飼料米として利用出来るほか、米粉の加工適性やパン等の製品品質も優れ米粉用米に適します。

 

 

 

 

 

 

主要特性

mizuho3

  • 出穂期は「ヒノヒカリ」より1週間ほど晩生で、登熟期間が長く成熟期は極晩生です。
  • 短稈で茎が強く倒れにくいため、台風の多い九州に適しています。
  • 穂にとても多くのもみを付け、通常の食用品種よりも平均で2割も多くのお米が収穫できます。10aあたり800~900kg以上もの玄米が収穫できた例も多く、安定してたくさんとれる特性が実証されています。.
  • いもち病には真性抵抗性を持ちますが、白葉枯病、縞葉枯病に弱いためこれら病害の常発地には適しません。
  • 除草剤成分のベンゾビシクロン、テフリルトリオン、メソトリオンに感受性のため、これら成分を含む除草剤は使用できません。
  • 熊本県で主として米粉用に、福岡県などでは飼料米用に作付けされています。

mizuho2

mizuho4

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
23525
(2009年3月 4日)
2009年5月28日 20746
(2011年3月22日)
25年
(満了日:2036年3月22日)
交配組み合わせ 旧系統名
奥羽326号/86SH283長 西海203号