品種詳細

野菜茶業研究所

桃薫

桃薫「桃薫」 の果実は、モモに似た芳醇な香りが特徴的で、今までのイチゴとは違った風味が楽しめます。果実には艶があり外観が優れ、色が淡いことから、見た目も普通のイチゴと違います。また、果形が揃い、収量性にも優れていますので、新しい用途の開発と需要の広がりが期待されます。

主要特性

桃薫

  • 「桃薫」 は促成栽培に適します。「桃薫」 は生育が旺盛で、数多くの花が咲き、厳冬期でもあまり株が小さくなりません。果実は淡黄橙色で艶があり、種の落ち込みが少なく外観が優れます。
  • 「桃薫」 は収穫開始時期が遅いため、クリスマスシーズンにたくさん採ることは困難ですが、春までの全期間の収量は多くなります。収穫前期の果実は大きいのですが、花数が多いので、収穫後期の果実は小さくなります。
  • 甘みや酸味は 「とよのか」 に近く、食味は良好です。また、果実が軟らかいため、輸送には注意が必要ですが、貯蔵しても果皮色の変化が少ないので日持ち性はあります。
  • 「桃薫」 にはフルーティーなモモやココナッツに似た香り、甘いカラメルのような特徴的な香りの成分が多く含まれ、今までのイチゴとは違った風味を楽しめます。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
24290
(2009年11月11日)
2010年1月25日 21165
(2011年10月 5日)
25年
(満了日:2036年10月 5日)
交配組み合わせ 旧系統名
K58N7-21×久留米IH1号 DH0604-1-19