品種詳細

果樹研究所

ニコニコット

糖度が高く酸味が少ないアンズ品種です。結実が極めて良好で収量が多く、さらに食味が優れるため、生産者も消費者も笑顔になるアンズ(アプリコット)であることから「ニコニコット」と命名されました。

主要特性

  • 樹勢は強く、樹姿は開張と直立の中間です。育成地(茨城県つくば市)における開花期は3月下旬で、「平和」および「ハーコット」より数日早いです。収穫期は6月下旬で、「平和」より10日程度遅く、「ハーコット」とほぼ同じです。
  • 果実重は90g前後になり、果皮は橙色で外観が良く、裂果の発生は少ないです。従来、広く栽培されてきた「平和」など日本のアンズ品種に比べて糖度が高く、果汁のpHは4.3程度で「平和」より約1.0ポイント高く、酸味が少ないことから生食用としての食味が優れています。
  • 「平和」や「ハーコット」に比べて豊産性です。自家和合性で結実性が極めて優れるため、摘果を適切に行う必要があります。
  • せん孔細菌病、灰星病に罹病性を示しますが、通常の薬剤散布により被害を軽減することができます。

「ニコニコット」の結実状況
「ニコニコット」の結実状況

「ニコニコット」の果実
「ニコニコット」の果実

 

「ニコニコット」の樹性および果実特性

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
23911
(2009年7月15日)
2009年9月24日 22908
(2013年12月20日)
30年
(満了日:2033年12月20日)
交配組み合わせ 旧系統名
ライバル×アンズ筑波5号(New Castle Early×甲州大実) アンズ筑波12号

栽培適地

長野県、福井県、埼玉県および茨城県での栽培適性は確認されていますが、その他の地方では十分な確認はされていません。

農林認定品種(旧:命名登録品種)

登録番号:あんず農林2号

登録年月日:2010年4月14日

育成担当者

山口正己、土師岳、八重垣英明、末貞佑子、鈴木勝柾、三宅正則、京谷英壽、西村幸一、木原武士、安達栄介、中村ゆり、小園照雄、内田誠、福田博之

発表論文

果樹研究所研究報告18号, p.1-12(2014-11) : アンズ新品種'おひさまコット'および'ニコニコット'