品種詳細

果樹研究所

クイーンニーナ

果皮色が赤く食味に優れた大粒のブドウ品種「クイーンニーナ」です。「巨峰」や「ピオーネ」よりやや遅い時期に収穫でき、果粒の大きさは17g程度、果皮は美しい赤色になります。「巨峰」や「ピオーネ」より糖度が高く酸含量も低いうえ、噛み切りやすく硬い肉質で食味は極めて優れています。ジベレリン処理により種なし栽培が可能です。

ブドウ生産は「巨峰」、「ピオーネ」等の大粒ぶどうの種なし栽培が増加していますが、これらの品種とは果皮色などの外観が異なり、さらに食味に優れる大粒品種が求められていました。「クイーンニーナ」の育成により、大粒ぶどうのさらなる需要の拡大が期待されます。

主要特性

  • 樹勢は強く、育成地(広島県沿岸部)における発芽期および開花期は「巨峰」、「ピオーネ」よりやや遅いです。収穫期は8月下旬から9月上旬で、「巨峰」より約1週間遅く収穫できます(表1)。
  • 果皮は鮮やかな赤色で外観が優れます。2回のジベレリン処理により、果粒重が平均17gの大粒種なしブドウになります(図1、2)。
  • 糖度は21%程度、酸含量は0.4g/100ml程度となり、「巨峰」、「ピオーネ」より高糖・低酸です。また、肉質はヨーロッパブドウに近い崩壊性で(かみ切りやすくて)硬く、良いフォクシー香があり、食味は極めて優れています(表1)。
  • 年と場所によりわずかに裂果することがあります(表1)。また、種なし栽培における花穂整形および摘粒にかかる労力は、「巨峰」や「ピオーネ」と同程度です。
  • 東北地方南部から九州地方までの「巨峰」の栽培地域で栽培できます。

クイーンニーナ_結実状況
図1 「クイーンニーナ」の結実状況

 

クイーンニーナ_果実
図2 「クイーンニーナ」の果実

 

表1 「クイーンニーナ」の樹性および果実特性
クイーンニーナ_特性

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
23912
(2009年7月15日)
2009年9月24日 20733
(2011年3月18日)
30年
(満了日:2041年5月24日)
交配組み合わせ 旧系統名

栽培適地

東北地方南部から九州地方までの「巨峰」栽培地域で栽培可能です

育成担当者

山田昌彦、佐藤明彦、三谷宣仁、岩波 宏、山根弘康、平川信之、白石美樹夫、上野俊人、河野 淳、吉野美加乃、中島育子、佐藤義彦、間瀬誠子、中野正明、中畝良二

発表論文

園芸学研究9号(別1), p.287(2010) : ブドウ新品種「クイーンニーナ」

果樹研究所研究報告15号, p.21-37(2013-03) : ブドウ新品種'クイーンニーナ'