品種詳細

ルビースイート

  • 「ルビースイート」は、果肉が赤く食味の良い生食加工兼用リンゴ品種です。果皮が赤色で、「紅玉」と同時期に収穫できる中生品種です。果実は450g程度と大果で、果肉が赤く、既存の赤肉品種より甘くて食味が良好です。果肉や果汁の色調を活かして特徴ある加工品製造に利用でき、生食用としても適することから、リンゴの需要拡大が期待されます。
  • 果皮と果肉が赤く着色することからルビーに喩えて、赤肉リンゴ品種の中で甘味が多いことから「ルビースイート」と命名しました。

主要特性

  • 樹勢は中位で、花芽の着生程度は中程度です。育成地(岩手県盛岡市)における開花盛期は5月中旬で、「紅玉」より2日程度早い時期です。収穫盛期は10月中下旬で、「紅玉」とほぼ同時期に収穫できます(表1)。
  • 通常のリンゴ品種に準じた防除により、斑点落葉病の発生を防ぐことが可能です(表1)。
  • 果皮は赤色で着色が多く、果面にさびはほとんど発生しません。果実は450g程度と大果です(表2、図1)。
  • 果肉が赤く着色し、その色調は「ピンクパール」より濃厚です。「紅玉」や「ピンクパール」より果汁が多く、果汁の糖度は14~15%、酸度は0.3~0.4%で、甘味が多く食味良好です(表2、図2)。心かびはほとんど発生しません(表2)。
  • 果肉の着色程度は樹勢によって変動し、結実後数年を経て樹勢の落ち着いた樹では果肉着色が安定してきます(図3a)が、生育旺盛な若木など樹勢の強い樹では果肉着色が劣り、着色部位の色調が淡い果実(図3b)や果肉の一部のみ着色する果実(図3c)が発生しやすくなります。
  • 果肉の着色程度は成熟期の気温と密接に関係し、成熟期の気温が高いと着色が劣る傾向があります。
  • 果肉色、果汁の色が赤~淡赤色で、その色調を活かして特徴あるジュースやジャムなどの加工品製造に利用できます。「ふじ」と同様に甘味と酸味のバランスが良く、「ピンクパール」など既存の赤肉品種より食味が良いことから、生食用にも適します(表2)。

表1「ルビースイート」の樹体の特性(農研機構果樹研究所リンゴ研究拠点2010~2012年)
表1「ルビースイート」の樹体の特性
表2「ルビースイート」の果実特性(農研機構果樹研究所リンゴ研究拠点 2010~2012年) 
表2「ルビースイート」の果実特性

ルビースイートの結実状況
図1 「ルビースイート」の結実状況

ルビースイートの果実
図2 「ルビースイート」の果実


図3 「ルビースイート」の果肉着色程度のばらつき

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
28422
(2013年7月31日)
2013年11月22日 24268
(2015年3月26日)
30年
(満了日:2045年3月26日)
交配組み合わせ 旧系統名
JP114069×ふじ リンゴ6-1154

栽培適地

北海道を含む国内の既存のリンゴ産地で栽培できます。ただし、成熟期の気温が高い地域では果肉着色が劣る傾向があります。

育成担当者

阿部和幸、副島淳一、岩波 宏、古藤田信博、森谷茂樹、高橋(住吉)佐栄、別所英男、伊藤祐司、小森貞男、加藤秀憲、岡田和馬、石黒 亮、土師 岳

法人番号 7050005005207