品種詳細

ミラクルルージュ

花持ちの優れる品種「ミラクルルージュ」は自然老化時のエチレン生成量が極めて少なく、ACC処理を行っても花持ち性短縮程度が小さい。花弁においてはエチレン生合成遺伝子のうちACSの発現が低下し、かつACOの発現が見られない。

主要特性

  • 「ミラクルルージュ」の花持ち日数は22.4日と、対照品種「ホワイトシム」の3.0~3.6倍の花持ちを示す。両品種とも自然老化時のエチレン生成量が極めて少ない。
  • エチレンの前駆体1-アミノシクロプロパンカルボン酸(ACC)の処理は、「ホワイトシム」の花持ちを大幅に短縮させる。しかし、同処理を「ミラクルルージュ」に行っても、両品種の花持ち性短縮の程度は小さい。これは両品種においてACC酸化酵素(ACO)の発現抑制が強いことを示している。
  • 「ミラクルルージュ」の花弁において、老化にともないACC合成酵素遺伝子DC-ACS1、DC-ACS2、DC-ACS3 の発現がわずかに見られたが、ACC酸化酵素遺伝子DC-ACO1 の発現は検出限界以下であった。
  • 「ミラクルルージュ」においてエチレン生成量が極めて少ない機構に、ACC合成酵素の低下とACC酸化酵素の強い抑制の両者が関与していると結論される。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
18645
(2005年8月11日)
2006年3月 7日 16183
(2008年3月 5日)
25年
(満了日:2033年3月 5日)
交配組み合わせ 旧系統名
法人番号 7050005005207