品種

北海道農業研究センターの品種一覧

RSS

カテゴリ 品種の名称 公表日 概要
飼料作物
アルファルファ属(Medicago L.)
ウシモスキー 2015年3月 2日
ウシモスキーは従来の品種よりも7%多収で、特に秋の収量が高くなります。そばかす病罹病程度が最も少なく、良好な越冬態勢を得られます。倒伏程度もハルワカバより小さいです。
食用作物
大豆種(Glycine max (L.) Merr.)
フクユタカA1号 2014年12月 4日
東海、九州地域で広く栽培されている「フクユタカ」に、遺伝子マーカーと戻し交雑法を用いて、難裂莢性を導入した品種です。「フクユタカ」と成熟期や草姿などの特性がほぼ同じで、「フクユタカ」普及地域への導入が容易です。刈遅れによる自然裂莢等での収穫ロスを低減し、実質収量の向上が期待できます。
食用作物
稲種(Oryza sativa L.)
雪ごぜん 2014年10月28日
「雪ごぜん」は"やや早"熟期に属する粳種です。従来の北海道の業務用米に比べて多収で、タンパク質含有率が低く、アミロース含有率がやや高いのが特徴です。また、穂ばらみ期耐冷性が強く、業務用米の安定生産への貢献が期待されます。
食用作物
ばれいしょ種(Solanum tuberosum L.)
あかね風 2014年7月14日
「あかね風」は赤皮・黄肉で良食味の青果用品種です。葉や茎にもアントシアニンの着色があり、花が咲いている期間が長いなど外観に特徴があることから、小規模栽培向けとしての普及が見込まれます。ジャガイモシストセンチュウ抵抗性です。
飼料作物
とうもろこし種(Zea mays L.)
Ho110 2014年4月 7日
サイレージ用トウモロコシの親自殖系統「Ho110」(エイチオーヒャクジュウ)は、中生のデント種です。すす紋病抵抗性、ごま葉枯病抵抗性、耐倒伏性が強く、組合せ能力が高く、一代雑種品種の親系統として利用できます。
飼料作物
あかクローバ種(Trifolium pratense L.)
アンジュ 2013年11月22日
「アンジュ」は国内育成では初めてとなる晩生品種です。耐寒性に優れ、チモシー中生品種との混播でマメ科率を安定して維持できます。
野菜
かぼちゃ属(Cucurbita L.)
北海6号 2013年11月22日
「ジェジェJ」の花粉親です。
野菜
かぼちゃ属(Cucurbita L.)
ジェジェJ 2013年11月22日
カボチャ「ジェジェJ」は、2~3ヶ月の貯蔵(10°C)後においても品質が優れ、端境期(12~5月)出荷が可能な多収のF1品種です。短節間性のため省力栽培が可能です。本州、九州地域等の端境期出荷に向けた抑制栽培、北海道などの春播き露地栽培に適します。
野菜
かぼちゃ属(Cucurbita L.)
北海3号 2013年10月 8日
「くりひかり」の花粉親です。
野菜
かぼちゃ属(Cucurbita L.)
くりひかり 2013年10月 8日
カボチャ「くりひかり」は、短節間性で多収のF1品種です。大果で果肉が厚く濃黄色で、加工・業務用に適します。
法人番号 7050005005207