育成系統情報

育成系統の利用にあたって

  • 育成系統とは種苗法による品種登録前の品種候補です。
  • 優れた特性が検定試験等により認められると種苗法により品種登録されます。
  • 種子等は原則として試験研究あるいは交配目的等に提供できます。
  • 農研機構の規則に従い審査を行い、規則に定められた条件を満たす場合に種子等の提供を許可します。

最新の育成系統

RSS

カテゴリ 系統名 系統育成年 主要特性(栽培適地)
大麦 四国裸糯119号 2008年
西日本農業研究センター
二条、もち性、プロアントシアニジンフリー
(関東以西)
大麦 四国裸118号 2008年
西日本農業研究センター
六条
(関東以西)
大麦 四国裸117号 2008年
西日本農業研究センター
・六条
(関東以西)
小麦 中国159号 2008年
西日本農業研究センター
軟質、やや低アミロース、極早生、穂発芽難、短稈
(関東,東海,近畿,中国,四国,九州)
水稲 中国IL2号 2008年
西日本農業研究センター
「コシヒカリ」の同質遺伝子系統、縞葉枯病抵抗性(Stvb,Stva)、いもち病抵抗性(Pi34)
(東北南部 北陸以西)
法人番号 7050005005207